土踏まずの役割を知っていますか?

「土踏まず」は足の裏のアーチ状のへこみのことで、「偏平足」とは土踏まずがなく、足の裏が平らな状態です。

これは誰でも知っていると思いますが、そもそも土踏まずは、人間だけにあるってご存知ですか?

でも生まれたばかりの新生児には土踏まずがありません。同じ人間でも「赤ちゃんはみんな偏平足」です。

「偏平足でも特に生活に支障はないよね・・・」と思っている人もいますが、「土踏まず」は体の動きやバランス、体調にも様々な影響を与えています。

意外と見逃されている土踏まずの役割を知って、お子さんの偏平足を防止していきましょう。

image by

photo AC

土踏まずっていつできるの?

足の裏は歩き始める1歳~2歳にかけて大きく変化し始め、筋肉の発達と共に次第に土踏まずが形成されます。

個人差はありますが、平均的には6歳~8歳頃までにはしっかりとした「足裏のアーチ」が出来上がります。

ところが近年、生活環境やライフスタイルの変化で、幼児期にしっかりと足裏のアーチを形成できずに成長してしまう子どもが増加しています。

土踏まずの役割は?

土踏まずは「3つのアーチ」が大切

内側アーチ(親指~小指にかけてのアーチ)

→左右の揺れをコントロールする

外側アーチ(小指~かかとにかけてのアーチ)

→体のひねりをコントロールする

横アーチ(親指~小指にかけてのアーチ)

→前後の揺れをコントロールする

※土踏まずが無いと、左右、前後、ひねるなどの基本的な動きに支障が出やすくなります。

土踏まずの主な役割は?

衝撃を吸収する

歩いたり走ったりする時に、脳や身体(骨格や関節)への衝撃を和らげるクッションの役割をしています。

そのため偏平足の場合はクッションが無いため、足を痛めやすくなります。

体のバランスを取る

人が二足歩行をする時には、土踏まずが体のバランスを取り、姿勢をコントロールしています。

やっと歩き始めた赤ちゃんはまっすぐ立てずヨチヨチ歩きなのは、まさにまだアーチができていない証拠です。

ちなみに時々、サルやオラウータンも2足歩行で歩きますが、土踏まずは無いので2足歩行の時はひざを曲げたり腰を落としたりしてバランスを取っているため人間のようにはまっすぐに立って歩くことはできません。

土踏まずが形成され、3つのアーチがあることで私たちはまっすぐに立って歩くことができ、姿勢や衝撃もコントロールしています。

image by

photo AC

偏平足の影響は?

  • 短時間歩いても疲れやすい
  • まっすぐ立っていられない、ふらつく
  • 歩き方がおかしい
  • 浮き指(足の指が地面につかず浮いている状態)
  • 転びやすい
  • ふくらはぎが張りやすい
  • ひざや腰が痛くなりやすい
  • 運動能力が低下する

など、知らず知らずのうちにこのような体のアンバランスをおこしています。

子どもの偏平足の原因は筋力の低下

以前偏平足は遺伝的な要素が大きいと考えられていましたが、筋力の低下などによる後天的な要素が大きいことが分かっています。

歩き始めから小学生の時期に運動不足になると、アーチ構造を形成する筋肉、腱、靭帯などが十分に発達出来ずに、足裏のアーチが形成できないまま成長していく子供が増えています。

偏平足による影響は、例えば小学校の朝礼など貧血などではなく、体のバランスが悪いために数分間すらまっすぐ立っていられない子ともが多数みられたり、何でもないところで転倒してけがをする子供の多くに偏平足がみられています。

偏平足の予防法は?

土踏まず関わる筋肉は足の指につながっているため、足の指をよく使うことが理想的なアーチを作っていきます。

そのため足指の衰えと偏平足には深く関わっています。

成長期にしっかりとした足裏のアーチを作ることが大切になります。普段から以下のことに注意してあげましょう。

・家の中でじっとさせず外へ出る

・ドッジボールのような、よく歩く、走る、跳ねる、止まる、方向転換をするといった遊びをたくさんする

・素足で過ごす時間を増やす

・つま先で歩く

・足指でじゃんけん、足指でタオルを引き寄せるなど足の指をよく使う

・足に合った靴を履かせる

(成長が目覚ましいときだからこそサイズに注意する)

土踏まずは成長期に作らないとその後作ることは難しくなるため、ぜひ気を付けてあげましょう。

image by

photo AC

おわりに

偏平足のために大人になって足に色々なトラブルを抱えている人はたくさんいます。

さっそく子どもの足の裏を確認してみましょう。

足は体の土台となる為、成長期の子どもには元気にいっぱい足を使うようにして、ぜひ偏平足にならないようにあげましょう!