高血圧を改善する食べ物について

高血圧を改善する食べ物について解説します。

高血圧を改善する食べ物とは?

血管に強い圧力がかかっている状態が続くことを高血圧といいます。高血圧は、日本人に最も多い病気であるために国民病ともいわれています。

しかし、実は、そのような身近な病気でありながら、目立った自覚症状がないまま進行し「脳卒中や心筋梗塞、腎不全」など大きな病気にまで発展するために「サイレント・キラー」とも呼ばれています。ところが、この高血圧は、食事療法や運動療法などでも予防でる病気でもあるのです。

高血圧を改善する主な栄養素

高血圧を予防・改善する三大栄養素は「カリウム、カルシウム、マグネシウム」です。しかし、それ以外にも高血圧に作用する有効な栄養素があります。

【カリウム】…塩分(ナトリウム)をカラダの外に排出してくれる作用がある

【カルシウム】…カルシウムが不足すると、それを補うために骨からカルシウムを取り出し、カルシウムが過剰になることで血管壁を収縮させて血圧を上昇させてしまう

【マグネシウム】…カルシウムやカリウムの代謝を助ける

【フィトケミカル】…強い抗酸化力で、血管の老化を防いでくれる

【食物繊維】…塩分(ナトリウム)排出に役立つ

【大豆タンパク】…血圧や悪玉コレステロールを下げる働きがある

【ルチン】…血圧を上げる酵素の働きを抑える

【酢酸】…血圧を安定させる

【カゼイン】…血圧を上げる酵素の働きを抑える

高血圧を改善する食べ物

高血圧を改善する有効な食べ物は、「カリウム、カルシウム、マグネシウム」「フィトケミカル(抗酸化作用物質)」「食物繊維」「大豆タンパク」「ルチン」「酢酸」「カゼイン」などの栄養素を含む物が中心となります。

また、脂質の高いものを食べ続けていると肥満や脂質異常症になり、高血圧の危険因子となってしまうので、「脂質の低いもの」を意識して摂取することも必要となります。※但し、腎臓機能が低下している方、腎臓に疾患ある方はカリウムの摂取を制限する必要があるので注意しましょう!

【野菜類】

ジャガイモ・さつま芋・里芋などのイモ類、カボチャ、とうもろこし、

ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、小松菜、モロヘイヤ、

大根・人参・ゴボウ・レンコンなどの根菜類、

トマト、オクラ、タマネギ、セロリ、タケノコなど

【果物類】

りんご、いちご、すいか、アボガド、バナナ、

メロン、柿、キウイフルーツなど

【きのこ類】

舞茸、シイタケ、シメジ、エリンギなど

【海藻類】

ひじき、ワカメ、昆布(濃い味付けではないもの)

【大豆食品や豆類】

納豆、豆腐、枝豆、インゲン

【魚類】

サンマ・アジ・イワシなどの青魚類、小魚

【その他】

ナッツ類、ゴマ、牛乳、ヨーグルト、蕎麦、お酢など

高血圧を改善する飲み物とは?

飲の物のなかにも塩分(ナトリウム)を体外に排出してくれるカリウムを含むものや、抗酸化物質、食物繊維を含むものがあります。

【高血圧を改善する飲み物(カフェイン入り)】

ココア、コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶

【高血圧を改善する飲み物(カフェインフリー)】

麦茶、そば茶、どくだみ茶、胡麻麦茶、黒豆茶、ルイボスティー、タンポポ茶、ハト麦茶、牛乳、豆乳、オレンジジュース

妊娠中の高血圧について

妊娠中に気をつけることは多々ありますが、血圧にも注意が必要です。

妊娠中に血圧が高い状態が続いてしまうと、「妊娠高血圧症候群」という病気に発展し、最悪は胎児が死亡してしまうこともあります。そうならないために、塩分を控え、食事バランスを整えて、カルシウムやマグネシウムなど高血圧の改善に有効な栄養素を取り入れましょう。

飲み物に関しては、カフェインフリーを選んで飲むようにしましょう。また、無理のない程度、ウォーキングを行うことも効果的です。

尚、高血圧を改善する食品にも注意が必要です。妊娠中のカリウム摂取量は1日2000mgとされていますが、状態によってはカリウムの濃度の高い食品を食べると妊婦や胎児に悪影響がある場合があるので、カリウムの摂取量に関しては、必ず専門医に相談してください。

おしまいに

高血圧を改善する栄養素は、基本的にカラダの働きを良くするものばかりなので、血圧の改善だけではなくカラダ全体を健康に導いてくれます。食べ物や飲み物に気をつけながら、毎日血圧測定を行うことも、高血圧予防には非常に有効なので、いずれも毎日の習慣にしましょう!

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA