子宮内膜症にピルの治療は有効?

子宮内膜症は、本来子宮にできる子宮内膜が子宮以外の場所にできる病気です。

子宮内膜症の主な症状は、重度の生理痛や過多月経などの生理トラブル、性交痛、腰痛などの痛みです。また不妊の原因になるともいわれています。

子宮内膜症の治療の第一歩は、症状の痛みを抑える薬物療法になります。ピルは、子宮内膜症を発症していてすぐには妊娠を望まない人の第一選択の治療薬です。

しかしピルといったら、副作用や妊娠の可否など気になることも多いもの。

この記事では、子宮内膜症にピルが用いられる仕組みや効果、副作用、飲み方まで、子宮内膜症とピルの関係を詳しく解説します。

 

子宮内膜症に使われるピルとは?

子宮内膜症の治療に使われるピルは、EP配合製剤と言われるホルモン剤です。

ピルには女性ホルモンのエストロゲン(E:卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(P:黄体ホルモン)が配合されています。

ピルを服用することで、配合されているホルモンの作用により、体が妊娠している状態と同じホルモン状態になり排卵が抑制されます。身体が妊娠状態になると子宮内膜症の進行に関わるエストロゲンや、痛みの原因となるプロゲステロンが抑えられます。

さらに、子宮内膜症の進行を抑えるだけでなく、排卵をとめて月経を抑えることで、増殖する病巣を小さくすることにも効果があるといわれています。

ピルのメリットとデメリット

ピルを使用する際の大きなポイントは妊娠の希望です。症状の程度と妊娠の希望に合わせて主治医に相談しましょう。

【ピルのメリット】

・子宮内膜症が原因となる生理痛の軽減
・正しく服用すれば確実な避妊効果を得ることができる
・月経量が少なくなり生理の煩わしさが軽減する
・子宮内膜症の進行を遅らせる・防ぐ
・長期の服用が可能

【ピルデメリット】
・妊娠を希望している場合、妊娠ができない
・毎日服用する必要がある
・喫煙者には向いていない

子宮内膜症に使用されるピルの種類

ピルはホルモンの配合量によって、低用量(超低用量)ピル・中用量ピル・高用量ピルの三つにわかれます。また、低用量ピルの中でも、黄体ホルモンの種類に第1世代〜第4世代の四種類にわけられます。

現在子宮内膜症の治療に用いられるピルは、主に低用量ピルです。国内で認可されている低用量(超低用量)ピルは、アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、ヤーズです。(2016年8月現在)

関連記事:低用量ピルを徹底解説!種類・効果・副作用について

ピルが効かない場合は?

子宮内膜症の治療でピルの効果が感じられない場合は、ピルが身体に亜っていない可能性があります。また、症状の程度がひどい場合はピルだけでは改善が感じられない場合があります。ピルの変更や別のホルモン剤の使用、鎮痛剤の併用なども検討することができるので、早めに医師に相談しましょう。

 

子宮内膜症のピルによる治療の副作用は?

子宮内膜症の治療に使われるピルは、もともと人体にあるホルモンを配合しているものであり、副作用は少ないとされています。

しかし、ピルを飲み始めて最初の1〜2か月の間は、体が慣れるまで妊娠初期に似た以下のような副作用がでる可能性があります。

・胸のはり
・吐き気
・むくみ
・頭痛
・防い出血
・ニキビ など

身体が慣れてくるとほとんどの副作用はおさまりますが、副作用と思われる症状がひどい場合や長期にわたる場合、薬が身体に合っていない可能性もあるので医師に相談しましょう。

副作用を軽減するためには、食生活のコントロールが大切になります。

むくみの原因になる塩分が多いラーメンや、ニキビの原因になる揚げ物を避けるようにしましょう。こうした食べ物は高カロリーのものが多いので、控えることで体重増加の防止にもつながります。

ピルの副作用・血栓症:40代以上や喫煙者は要注意!

ピルの副作用で気をつけたいのが血栓症です。ピルに含まれる女性ホルモン・エストロゲンには、血液を固める作用があります。

血栓症では血管に血の塊がつまることで手足のしびれや腫れ、急な息切れといった症状が発生します。頭や足に出来た血栓が肺につまり、呼吸困難をおこすなど最悪の場合は命に関わります。

血栓症の発生はタバコや年齢、体型などに関係が深いと考えられています。

以下の方は血栓症を起こしやすい傾向があるため、ピルの服用ができないケースがあります。ピルの服用には医師の判断が求められます。

・喫煙者
・40歳以上の方
・肥満体型の方
・高血圧、高脂血症の方
・糖尿病の方
・過去に心筋梗塞を患ったことのある方
・過去に乳がん、子宮頸がん、子宮筋腫を患ったことのある方

ピルの服用で太るのは副作用?

低用量ピルの服用が原因で太ることはありません。ピルを飲むことで体が妊娠の状態に近くなり、食欲増進やむくみがおきて体重増加の原因になりうると考えられますが、ピルとの直接の関係はありません。

関連記事:ピルの副作用で太る?!ピルで太る原因と対策を解説

 

子宮内膜症でピルを使っていても妊娠できる?

ピルを使用している間は排卵が行われないため、妊娠はできません。

子宮内膜症だからといって必ずしも不妊になるわけではないですが、不妊で悩んでいる方の約三割は子宮内膜症を患っているといわれています。

ピルの服用をやめれば通常通り排卵が戻るため、妊娠は可能になります。すぐに妊娠を希望しない場合は、ピルを使用して子宮内膜症の治療を行ってから、来るべき時に備えることも可能です。

 

ピル以外の子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療は、原則的には薬物療法になります。薬物療法で使われるホルモン剤の中でもピルが最も選択される治療薬で、痛みがひどい場合は鎮痛剤を併用する場合があります。ただし鎮痛剤はあくまで痛みを抑えるだけなので、単独で根本的な治療はできません。

ピル以外にはディナゲストと呼ばれる黄体ホルモン剤、GnRHアナログ製剤などのホルモン剤を使用します。基本的にホルモン剤の治療は、すぐの妊娠を希望しない場合におこなわれます。なお、薬物療法では、薬の服用をやめてしまうと再発の可能性があります。

薬物療法でも治療が困難な場合や、妊娠を希望する場合は、手術療法を行います。ただし手術療法でも、薬物療法よりは低いものの再発の可能性はあります。

漢方の利用

子宮内膜症の治療において、漢方療法にはいくつかの役割があります。

①子宮内膜症そのものの改善
②薬物療法の副作用の軽減、薬物療法に耐えうる体力の促進
③薬物療法の効果の補助・増強
④薬物療法後の妊娠率を高める

漢方療法では、子宮内膜症を発症する女性に共通する、ストレスなどによる心身の失調や異常にアプローチします。漢方自体は即効性のあるものではありませんが、身体の内側から治療をサポートし病気になりにくい身体をつくります。根気よく治療を続けましょう。

症状や目的に合わせていくつかの漢方を組み合わせて使用することも考えられます。漢方療法を希望する場合は、医師や薬剤師にご相談ください。

【子宮内膜症で使用する漢方の例】
当帰芍薬散
加味逍遙散
桂枝茯苓丸

 

ピルの費用・保険適用について

ピルは使用の目的に応じて保険の適用が異なります。原則として避妊目的であれば、保険は適用されず自費診療になります。

子宮内膜症の治療でピルを使用する場合、以下のピルは保険適用になります。(2016年8月現在)

低用量ピル ・ルナベルLD
・フリウェルLD(ルナベルのジェネリック)
超低用量ピル ・ルナベルULD
・ヤーズ

ルナベル、ヤーズは保険適用で1シート(1か月分)およそ3000円前後、フリウェルは3000円弱になります。

自費診療で処方される他のピル(トリキュラー、マーベロンなど)が1シート2000円から3000円程度と考えると、保険適用でも大きく費用が安くなるというわけではありません。

ピルの代金には、薬代の他にも初診料・再診料などが加算されます。また、初診の場合や定期検査時には検査費用が加算されます。

関連記事:ピルの値段を比較!目的別のピルの値段と個人輸入について

 

ピルの飲み方

ピルを飲む際は、28日を1周期とします。1日1錠を毎日同じ時間に飲み、21錠のシートであれば、1シート飲み切ったら7日間薬を飲まない休薬期間をとります。28錠のシートであれば、21錠の実薬(成分が入っている薬)と7錠のプラセボ錠(成分が入っていない偽薬)を飲みます。

休薬期間に消退出血と呼ばれる出血の少ない生理が起こります。

ピルの飲み方については、効果を得るためにも医師の指示をしっかり守りましょう。

ピルを飲み忘れたら?

24時間以内の場合は特に問題ありません。気づいた時点で飲みましょう。ちょうど24時間経った場合は、いつも飲むのと同じ時間に飲み忘れた日の分と今日の分を飲みます。

それ以上時間が経ってしまった場合は、服用を中止して次の生理の初日から新しいシートを飲み始めます。

なお、28錠のシートに含まれるプラセボ錠(偽薬)は飲み忘れても特に問題ありません。

関連記事:【低用量ピルの飲み忘れ】日数・時間別の対処法と避妊効果

 

子宮内膜症の治療はお早めに

子宮内膜症は月経血の逆流が原因とも言われているので、生理がある限り付き合わなければならない病気です。

病気を放置すると病巣の増殖で痛みがさらに悪化してしまいます。

子宮内膜症のピルによる治療は、痛みの緩和と病巣の縮小という2つのアプローチができる効果的な治療法です。

気になる点がある場合は納得できるまで医師に相談し、人生設計に合った治療法を選択しましょう。