卵巣は子宮内膜症が特に発生しやすい場所です

「体中が痛い!でも原因が分からない!」

その症状が起こる前に、年々悪化する生理痛や慢性的な骨盤痛に悩まされていませんでしたか?

もしそうでしたら、子宮内膜症の疑いがあります。

卵巣にできた子宮内膜症はまれに自然破裂を起こし、体中の痛みを引き起こすことがあるからです。

子宮内膜症は子宮以外の場所に子宮内膜組織ができる病気です

子宮内膜症かもしれないと言われても、どんな病気かピンと来ないかもしれません。

簡単に説明すると、受精卵のベッドとなる子宮内膜が子宮以外の場所にできる病気です。

生理で子宮内膜が剥がれ落ちるのと同じ時期に、子宮内膜組織も出血を起こします。

出血による刺激や、臓器と子宮内膜組織の癒着によって体にさまざまな痛みが生じるのです。

主に子宮内膜症が発生する場所は腹膜、ダグラス窩(子宮と直腸の隙間)そして卵巣です。

中でも卵巣は子宮内膜症が発生しやすい場所と言われています。

卵巣の子宮内膜症はチョコレートのう胞と言われます

卵巣にできた子宮内膜症の中で、奥の方にできたものをチョコレートのう胞と言います。

生理時に出血した子宮内膜組織が行き場をなくし、溜まってしまったものです。

ドロドロにとけたチョコレートのように見えることから、そう呼ばれています。

チョコレートのう胞ができると排卵が起こりにくくなるほか、癒着によって卵管の動きが悪くなることから不妊の原因なるとも言われています。

5センチ以上大きくなると、自然破裂の可能性あり!

生理のたびにチョコレートのう胞に血液が溜まり、5センチ以上の大きさになると自然破裂を起こす可能性があります。

破裂によって、溜まっていた古い血液はお腹の中にばら撒かれます。

この刺激によって腹膜が刺激されると激痛が走り、場合によっては発熱も引き起こします。

さらに子宮内膜組織があちこちに飛び散ったことで、至る所で臓器との癒着が生じます。

これによって、体中で痛みが起こるリスクがさらに高まります。

またチョコレートのう胞が破裂した場合は手術が必要になるので、早めに発見したいものです。

チョコレートのう胞は超音波検査で見つけられます

チョコレートのう胞は超音波検査で見つけることが可能です。

早めに発見ができれば病気の進行を抑えられるので自然破裂のリスクが減ります。

また、不妊の予防や生理痛の解消にもなるのです。

しかし、子宮内膜症は人によって痛みのあらわれ方が異なり、中には自覚症状がないこともあります。

「年々生理痛が酷くなっていないか?」「鎮痛剤の量が増えてきていないか?」

といったセルフチェックをこまめに行い、異変を感じたときは婦人科で子宮内膜症の検査を受けましょう。