子宮内膜症は慢性疾患。完治が難しいとされる病気です

子宮内膜症とは、子宮以外の場所に子宮内膜組織ができる病気です。

生理がある女性の10人に1人にその疑いがあるとされ、現代女性を特に悩ませる病気のひとつと言えるでしょう。

子宮内膜症は命にかかわる病気ではありません。

しかし完治することは難しく、生理がある限り付き合っていかなければならない慢性疾患です。

不妊の原因になる場合もあることから病巣を取り除く手術を検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、子宮内膜症の手術後の再発リスクや予防策について解説してきます。

妊娠を希望する場合は「保存手術」

子宮内膜症の手術には2種類あります。保存手術と根治手術です。

臓器と病巣との癒着が激しい場合や妊娠を希望しないというケースを除き、ほとんどの場合は最初に保存手術が行われます。

保存手術とは妊娠・出産ができるように必要最小限の病巣の切除や癒着をはがす手術です。

不妊の改善を目的としている場合は腹膜内の洗浄も行うため、術後の妊娠する確率は大きくアップします。

子宮内膜症の保存手術後の再発率は約30%。定期検診は欠かさずに

手術後、子宮内膜症の症状は大きく改善されます。

しかし根治手術で子宮と卵巣を摘出しない限り、目に見えない小さな病巣が残っている可能性があるのです。

生理が再開することで残った病巣から増殖が始まり、子宮内膜症が再発する可能性は約30%と言われています。

術後、症状がみられない場合でも再発のリスクを考え3か月~6か月に1回、定期検診を受けましょう。

定期検診で行われることは問診や内診、超音波検査、血液検査と通常の診断と変わりません。

また、たとえ再発した場合でも早期発見ができればホルモン剤の治療で病気の進行を抑えることが可能です。

image By

photo AC

子宮内膜症の再発予防に低用量ピル(ES配合製剤)が注目されています

手術後の再発予防として症状がみられない場合でも低用量ピル(ES配合製剤)を服用するケースが増えています。

低用量ピルの服用によって月経周期が安定することが有効に作用すると注目されているのです。

チョコレートのう胞の場合、低用量ピルの服用によって再発率が56%から9%と約6分の1にまで減少しています。

さらに長期間の服用では卵巣がんや子宮体がんのリスクも減らすことが可能です。

一方で低用量ピルによって血栓症や乳がんのリスクが高まると言われています。

服用の際には今後の妊娠・出産の希望やライフスタイルなど考慮し、主治医に相談することをお勧めします。

さいごに

いかがでしたか?

子宮内膜症の再発率は半分以下とはいえ、30%は決して低い数字ではありません。

また再発した場合、手術前とは異なる症状があらわれるケースもあります。

体に痛みや異常を感じた場合、自分で子宮内膜症かどうか判断してしまうことは非常に危険です。

こうした場合は、次回の定期検診を待たず、早めに婦人科へ行きましょう。