ピルを飲むと太るという噂を耳にしますが、実際に体重増加はピルの副作用なのでしょうか。

実は、ピルの服用と体重変化の関係について多くの研究がされてきましたが、「ピルの服用と体重増加は、直接的には関わりがない」という結論が出ています。

しかしながら、体験談として「ピルを飲んで太った」と語る人は多いようです。

この記事では、ピルで太る原因として考えられていること、太らないようにする対策についてご紹介します。

ピルが体に及ぼす影響

ピルには女性ホルモンが配合されており、ピルを服用することで身体が妊娠した時と同じ状態と錯覚することで排卵が止まります。

ピルはもともと体内に存在するホルモンが配合されている薬であるため、基本的には副作用が少ない薬ですが、ピルを飲み始めた頃は妊娠初期に似たような吐き気やだるさ、頭痛や不正出血などの軽い副作用を感じることもあります。また、めったに起こりませんが血栓症という重大な副作用も考えられます。

そして、副作用と明記されていなくても、食欲増進やむくみなどから体重増加につながるケースが多くあり、ピルの影響で太ったと言う人は多くいます。とくに低用量ピルよりも中用量ピルは、ホルモンの含有量が多いため体重増加につながりやすいといわれています。

反対にピルの服用で食欲不振が起こり、ピルを飲んで痩せたという人もいるので、ピルで太るとは一概には言えません。ピルを飲み始めて1か月で体重が激しく変化した場合は、ピルを処方された医師に相談しましょう。

 

ピルで太る原因とは?

ピルと体重増加には直接の因果関係はないことがわかっていますが、それでもピルを飲むと太るといわれているのはなぜでしょうか。

またピルの服用中は、筋トレや運動などダイエットをしても痩せないという声もあります。考えられる原因を確認してみましょう。

ピルで太る原因①:保水力が高まる

ピルに含まれるエストロゲンという女性ホルモンは、体内のナトリウム貯留を増加させる働きがあります。ナトリウム貯留が増えると、水分を溜め込みやすくむくみが出ることがあります。

本来、体内にあるエストロゲンは、その保水力で水分をキープし、皮膚の老化を抑える重要な働きをしています。体内の保水力が高まることがむくみにつながり、体重増加に関わっている可能性が考えられます。

ピルで太る原因②:脂質代謝や肝機能障害によるもの

ピルに含まれる黄体ホルモンのひとつ、レボノルゲストレルという成分に、アンドロゲン(男性ホルモン)を刺激する作用があります。

アンドロゲン作用が少ないピルでは問題になりにくいのですが、アンドロゲン作用が強く出ると、脂質代謝の関係で体重が増加する可能性があると考えられます。

また、肝機能障害がある場合はピルを飲むと体重が増えるといわれていますが、低用量ピルの場合はあまり心配はいりません。

ピルで太る原因③:食欲増進につながる可能性も

ピルの種類によっては、食欲を増やしたり減らしたりする副作用が報告されているものがあります。発売前の臨床研究では、0.1~5%未満の発生確率でしたが食欲亢進・食欲不振が報告されるようになりました。

そのため、気づかないうちにいつもより食べ過ぎてしまい、太るというケースが考えられます。

しかしながら、食欲が増すのはピルで体調が良くなったためと考える説もあります。ピルの服用に関わらず、食べ過ぎれば体重増加につながるので注意しましょう。

ピルで太る原因④:生理前の状態を維持している

ピルを飲んでいない場合、女性の身体は28日周期で低温期が14日、高温期が14日あり、低温期と高温期の間に排卵が起こります。排卵が起こって高温期に入ると、身体は妊娠中の状態と同じと錯覚を起こし、食欲増進がみられます。

ピルを服用すると、低温期がなくなって常に高温期の状態、すなわち妊娠中の状態と同じになるため、食欲が増加し必然的に体重増加に結びつくのです。

 

ピルで太らない対策リスト

体重増加が気になる場合には、太る原因の一つといわれているアンドロゲン作用の弱いピルへの変更を検討してみてください。

もちろん個人差があるので、太りにくいといわれるピルでも、食欲増加と体重増加につながる可能性があることを忘れないようにしましょう。

太りにくいピルの種類を選ぶ

ピルの黄体ホルモンには種類があり、第1世代のノルエチステロン、第2世代のレボノルレストゲル、第3世代のデソゲストレルやゲストデン、第4世代のドロスピレノンと、同じピルでも使用されているホルモンが異なります。

世代が進むごとに、副作用などの改善を目的に黄体ホルモンが開発されてきているため、第3世代のピルである「マーベロン」や「ファボワール」、第4世代の「ヤーズ」であれば、アンドロゲン作用が生じるのを防いでくれます。

第1世代ピルである「シンフェーズ」もアンドロゲン作用が少ないのですが、黄体ホルモンの量が多めなので、副作用が現れやすい傾向があります。

これらのことから、「トリキュラー」「アンジュ」「ラベルフィーユ」、その他中用量ピルを飲んでいて、体重増加が気になる場合は医師にピルの変更を相談してみてください。ただし、あくまで個人差があることを忘れないでおきましょう。

おわりに:食事と体重管理をしよう

体重増加の予防には、食事の管理が必須です。妊婦が体重管理をするように、ピルを服用するときも同じと考えましょう。

また、むくみを減らすために、軽い運動を取り入れたり、マッサージを習慣にするなど、自分の身体に向き合っていくことがとても大切です。

いずれのピルも、太る人と太らない人がいるので、ピルは体質によって合う合わないが大きい薬であることが分かります。ピル使用中の体調の変化をしっかり感じ取って、自分に合うピルを見つけましょう。

すべてが自分に合うピルを見つけるのはなかなか難しいものですが、ピル服用時には自分自身の変化に十分気を配って、体重管理をしっかり行っていきましょう。