妊娠中のイヤな「頭痛」の原因とは?頭痛とともに起こる吐き気や寒気の症状、妊娠初期に起こる頭痛や薬について

妊娠中に悩まされる頭痛の原因とは?

大切な命を授かった妊婦のカラダは、多くの不快症状に悩まされることが往々にしてあります。
その不快症状とは、お腹の張りや痛み、吐き気、めまい、下痢や便秘、腰痛など。

そして、もう一つ「頭痛」という症状があります。つわりとともに起こる頭痛は、それは耐え難いものであるとのこと。
では一体、なぜ妊娠中に頭痛が起こるのでしょう?

原因については時期によって変化することもあり、いくつか考えられます。
 

1.ホルモンのバランスが変化するため…妊娠初期

特に妊娠初期の場合はホルモンバランスの変化が大きく関係していると言われています。
ホルモンバランスが乱れると、自律神経がうまく働かなくなります。

その結果、血管の拡張や、収縮がうまくいかなくなるので、頭痛を引き起こします。
 

2.体重・体型が変化して肩こりや疲労が起こるため…妊娠中期

体重が増加するすると身体への負担が必然的に増加するため、疲労やストレスが高まります。

また、お腹が大きくなって重心の位置がずれたり、乳房が大きくなると首や肩に負担がかかるために肩こりを発症させます。それらが要因となり、頭痛を引き起こします。
 

3.寝不足が重なるため…妊娠中期

妊娠中は、知らず知らずのうちに浅い眠りになってしまうそうです。

また、特に妊娠中期は寝不足になりがちなのだとか。睡眠不足は、筋肉をこわばらせ血行を悪くしたり、自律神経を乱します。それらの要因が重なり、頭痛を引き起こしてしまうというワケです。
 

4.鉄欠乏性貧血

ただでさえ鉄分を不足しやすい女性が、胎児との2人分の血液を要するのですから、どうしても妊娠中は貧血になりやすくなります。

血液の量自体は増えるのですが、赤血球はそれほど増えないために血液が薄まり、それを補おうとするためにどんどん鉄分が不足し、鉄欠乏性貧血を引き起こしてしまうのです。

貧血は血行不良を起こすので、脳の血管にもストレスを与えます。
それにより、神経が炎症を起こして頭痛を発症させます。
 

5.高血圧(妊娠高血圧症候群)

妊娠時、なんらかの原因で赤ちゃんへ十分に血液が送れないという状況が起こると
むりに多く血液を送ろうとするために圧がかかり、高血圧になってしまう場合があります。

それが発展すると「妊娠高血圧症候群」という病気を発症してしまいます。そして、
高血圧になると、脳内の血管が拡張するために神経が刺激されて頭痛が発症すると考えられています。
 

6.副鼻腔炎(蓄膿症)

免疫力が低下しがちな妊婦さんは風邪を引きやすく、また、それにより副鼻腔炎になりやすいといわれます。
そして、この副鼻腔炎が激しい頭痛を引き起こす原因になります。
 

7.出産への不安やストレス…妊娠中期~後期

出産はとても大変なことなので、誰でも不安な気持ちになってしまうもの。

しかし、それが過剰になると自律神経が乱れ、血管の収縮や拡張がうまく働かなくなり頭痛を引き起こします。

 

8.脱水症状

妊娠しているときは、つわりや、子宮内に羊水を貯め込むという状況などで、どうしても水分が不足になりがちです。

そのために脱水症状を起こし、血液循環が悪くなり、血流を回復するために血管が拡張して、神経を刺激してしまいます。

 

妊娠中の頭痛にともなう症状、吐き気や寒気など

妊娠すると、急激にホルモンバランスが崩れることでカラダがついていけず”つわり”が起こるようです。

また、それに加え身体的なストレスや疲労、精神的な不安、ほかにも、妊娠初期に胎児が異物だと勘違いし、カラダが拒否反応を起こし吐き気をもよおすと考えられます。

しかし、妊娠中のさまざまな要因で起こる頭痛が、吐き気や寒気、めまいなどの随伴症状を引き起こす場合があります。
 

妊娠中の頭痛と吐き気

脳の血管が拡張し、それによって三叉神経が刺激されて起こる頭痛は「片頭痛(偏頭痛)」と考えられています。

その三叉神経への刺激が大脳に伝わるとき、嘔吐中枢(吐き気をコントロールしている)までもが刺激を受けてしまうために吐き気をともなうと考えられます。また、肩のコリなどで起こる「緊張型頭痛」では、通常、吐き気をともなうことが少ないのですが、この症状が激しくなると片頭痛を併発することがあるので吐き気をともなう場合があります。
 

妊娠中の頭痛と寒気

妊娠初期は、胎盤の形成などがありカラダが体温を高く保とうとします。そのために、いつもより自分の体温が高くなり、外気との差が激しくなるために寒気が起きる場合があるようです。

また、手足や皮膚表面の温度を低くすることで体内を高温に保とうとするために寒気が起きるとも考えられています。
そして、このように体温が高い状態が続くことで”のぼせ”が起こり、頭痛や吐き気、めまいなどの症状を起こす場合があります。

ほか、妊娠中に起きやすい貧血が原因の場合や、妊娠中に患いやすい腎盂炎が原因で寒気が起こる場合もあるので注意が必要です。
 

妊娠中に頭痛が起きたら薬は飲めるの?

胎児がお腹の中にいる妊娠中は赤ちゃんに危険が生じる可能性があるので、頭痛薬(痛み止め)の服用はできる限り控えましょう。万が一、妊娠中に薬を飲んでしまった場合、胎児に薬が作用してしまうことがあるからです。

そのようなことから、薬を飲まない対処を行っていく方が良いのですが、もしも耐え難い痛みがある場合は自己判断で薬を購入せず、医療機関に相談のうえ、頭痛薬を服用することをおススメします。

なお、頭痛の症状により以下のような対処法があるので参考にしてみてくださいね。

◆脈と同じリズムでズキズキ痛む「片頭痛(偏頭痛)」の場合

  • 頭部を冷やす…拡張した血管を収縮させる
  • 静かな暗い部屋で休む…音や光の刺激をさける
     

◆頭全体が圧迫されて締め付けられるように痛い緊張型頭痛の場合

  • 後頭部を蒸しタオルなどで温める…筋肉の緊張をほぐす
  • 目を閉じてゆっくり休む…心身をリラックスさせる

 

おしまいに

妊娠と出産は女性にとってというよりも、もはや人間にとっての一大事。

しかし、それは多くの人が経験することなので、下手に不安をかかえすぎてストレスを溜めこまないようにしてくださいね。
基本的に、女性はとっても強いのですから!

 

image by Photo AC
image by Illust AC
image by こどもや赤ちゃんのイラストわんパグ

吐き気について解説!吐き気の症状・原因・治し方をわかりやすく解説

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA

ピックアップ特集