赤ちゃんの突発性発疹! 慌てないための特徴と対処法

赤ちゃんが高熱を出した後に発疹が現れる、突発性発疹。突然の高熱によって、世のママたちを慌てさせる突発性発疹の症状や、対処法について詳しく解説!

いきなり赤ちゃんの高熱に慌てるママも多い突発性発疹

何の前ぶれもなく突然熱が出て、熱が下がると同時に赤い発疹が出ます。

かかったときに慌てないよう、対処法を紹介します。

突発性発疹とはどんな病気?

元気だった赤ちゃんが突然39~40度の高熱を出し、熱が下がると細かい赤い発疹が出ます。

生後6~12か月の赤ちゃんに多い病気です。

ほとんどがヒトヘルペスウイルス6型または7型というウイルスによるもので、季節を問わずに発生します。

2度かかることもありますが2歳を過ぎるとあまりかかることはありません。

突発性発疹の症状は?

咳や鼻水などの前ぶれはなく、高熱が出ているわりに機嫌もよく元気です。

熱は高いまま3~4日続きますが突然下がります。

熱が下がると、同時か翌日あたりに、細かく不規則な発疹が首や体に広がります。

かゆみや痛みはほとんどなく、2~3日で薄くなって消えていきます。

突発性発疹、その他の症状

下痢やまぶたのむくみ、熱性けいれんを起こす場合もあります。

発熱の段階では突発性発疹と確定できないため、慌てずに安静にしてあげましょう。

初めてけいれんを起こしたときは、なるべくその日のうちに受診しましょう。

突発性発疹の合併症について

突発性発疹の場合、重症化したり後遺症を残すようなことはほとんどありません。

ただし高熱が続く、激しく吐く、ぐったりして意識がない場合は、他の病気か合併症の可能性があります。

一度受診していても、急いで再度診断を受けましょう。

 

自宅での対処法は?

●十分な水分補給

高熱で汗をかくので水分が不足しがちです。

母乳、ミルクに加え、湯冷ましなどこまめに水分を補給しましょう。

 

●熱対策

厚着やくるみ過ぎに注意。

衣類や寝具は薄手のものにし、汗をかいたらこまめに着替えをさせましょう。

いやがらないなら、頭や首筋、わきの下などを冷やしてあげると効果的です。

 

●解熱剤

38度以上の高熱があり苦しそうな様子だったら、解熱剤を使用し体力を回復させてあげましょう。

解熱剤は間隔をあけ、必ず用法に従ってください。

 

●入浴

入浴は体力を消耗するので熱が下がってからにしましょう。

オムツかぶれがあるようならお尻だけシャワーで洗うといいでしょう。

おわりに

突発性発疹は乳幼児にかかりやすく、経験する子が多い病気です。

まずは特徴を知って、いざというときは慌てずに対処していきましょう。

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA