赤ちゃんのうんちは変わりやすい

便は健康のバロメーターですが、赤ちゃんのうんちの色によっては「これって病気なの?」と心配になることがありますね。

赤ちゃんには赤ちゃん特有の便の色がありますが、心配なものと心配いらないものの基礎知識があるとよいですね。

赤ちゃんのうんちは水っぽいものから硬いもの、色も食べたものに影響されることがあり変化しやすいものです。

通常健康な便は、赤ちゃんも大人と同じように黄褐色(おうかっしょく)をしていますが、赤ちゃんのうんちの色は、緑、赤、白、黒、茶色、黄色など、様々な色があり、中には赤ちゃん特有の病気を表していることがあるため病気の手掛かりの一つになります。

自己判断は難しいものですが、目安として覚えておくと良いでしょう。

image by

Photo ac

心配のないうんち

濃い緑色でドロっとしている(胎便)

生れたばかりの赤ちゃんは濃い緑色や黒緑色のドロっとしたうんちをします。

これは「胎便」と呼ばれ、胎内または出生時に飲み込んだ羊水や胆汁色素、脂肪などが便として出たもので、2日~3日で茶色~黄色がかった通常の便になります。

コロコロとして硬い

コロコロとしたウサギの糞のようなうんちは、離乳食が始まった頃に見られることが多くなります。

反対に離乳食が始まるとゆるいうんちになる赤ちゃんもいます。

コロコロうんちの時には水分が足りていないことが原因です。

便秘がちになるため、水分をしっかり摂らせるようにしましょう。

白いツブツブが混じっている

母乳を飲んでいる場合、母乳に含まれている脂肪のかたまりです。

病気の可能性があるうんち

血が混じっている、赤色

便にうっすらと血がついている場合、裂肛(肛門が切れて出血)しただけの場合や、トマトなど食べたものがそのまま出てきた場合もあるためあまり心配は要りませんが、どこから出血しているか確認することが必要です。

血便には便の表面に血が付いたもの、普通の便に血が混ざったもの、下痢便に血が混ざったものなどがあり、それぞれ原因が違います。

特に真っ赤な鮮血や大量の血液が混じっている場合は、消化管で出血している可能性があり、O157などの食中毒などが考えられます。

赤黒い、黒、タールの様

胃や十二指腸など上部の消化管で出血がある場合、便として出てくるまでに時間がかかる為、血液が酸化して赤黒い色になります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、新生児メレナなどの病気の可能性があります。

イチゴジャムのような血便

腸の一部が腸の中にもぐりこむ「腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)」の特徴的な便です。

白、酸っぱいにおいの水便、灰白色

白っぽい水便が出る時には「ロタウイルス」など急性の腸炎の場合があります。

嘔吐に続いて下痢が始まり、水分を取れず脱水症になる可能性があります。

また白、もしくは灰白色の便が出る時は「胆道閉鎖症先天性(たんどうへいさしょう)」など先天性の病気が疑われます。

便の色が気になる時の受診の目安

赤ちゃんの便の色がおかしいと思った時の受診の目安をチェックしましょう

■診療時間内に病院へ

・便の色が白っぽい

・便に少量の血が混じっている

■診療時間外でも至急病院へ

・米のとぎ汁のような白い水様便が頻繁に出る

・ぐったりしている

・便に大量の血が混じっている

・黒い便が出る

受診の時はオムツごと持参とその他の状態も伝える

便の色や血が混じっていることを言葉で説明するのは難しいため、オムツごとしっかりとビニール袋の入れて、実際に医師に診てもらうようにしましょう。

時間が経つと形や色が変わってしまうため、なるべく早く持って受診しましょう。

大切なのは、うんちのの他にも気になる症状、機嫌、食欲、嘔吐があるかどうかなど、赤ちゃんの状態をあわせて伝えましょう。

そのために、日頃から赤ちゃんの様子をメモしておくとよいでしょう。

大人と同じようになるのは1歳~1歳半ごろ

赤ちゃんの便の状態は食べるものによっても変わりやすくなります。

食事内容により便秘や下痢が見られることがあるため、その場合は離乳食の内容を見直してみましょう。

大体生後10ヶ月~12ヵ月頃には3回食になり、1歳頃には食事が大人とほぼ同じになる頃のため、便の形、色、においなどが大人と同じようになってきます。

すっかり大人と同じようになるのは、消化機能が完成する1歳~1歳半頃になります。

それまでは度々うんちの状態は変化するため、変だなと思ったら医師に相談しましょう。

image by

Photo ac

まとめ

出生直後の赤ちゃんのうんちは、濃い緑色→茶色→薄い茶色→黄緑、黄色っぽい・・・このように変化していきます。

ただし、食べたものに影響されやすいため、生後1歳くらいまでは変化します。

心配なうんちの色は「赤」「黒」「白」です。

まずは慌てず、オムツを持参して早めに受診することが大切です。

うんちの状態は変わりやすいため、日頃から気を付けて見てあげましょう。