「逆流性食道炎」って、どんな病気?

最近になってよく耳にするようになった「逆流性食道炎」という病気。胃で分泌される胃液が食道に逆流してきてしまい、食道の粘膜が炎症を起こしてしまう症状を指します。

胃液には、食べ物を消化するための強い酸=胃酸が含まれています。

胃は粘膜に覆われているため、この胃酸に傷つけられることはありませんが、食道にはそういった機能はありません。胃液が食道にまで逆流してきてしまうと、強い酸で食道が傷つけられ、炎症を起こしてしまうのです。

どうして胃液が逆流してしまうの?

本来、人間の身体には胃液が食道に逆流してしまうのを防ぐ機能があります。

その機能を果たしているのが、食道と胃のつなぎ目にある「下部食道括約筋」です。

ところが、この下部食道括約筋は、食べ過ぎや脂肪分の摂り過ぎによってゆるんでしまうことがあるのです。加齢や肥満、過度な心理的ストレスも、下部食道括約筋のはたらきが悪くなる原因になります。

食生活の欧米化=肉や脂っこいものを毎日食べる食生活による胃酸の分泌量増加(過剰分泌)も、胃酸が食道へと逆流してしまう原因のひとつです。また、背中が曲がっていると胃が圧迫されるため、逆流が起こりやすくなります。

以上のような原因から、逆流性食道炎になりやすいのは、以下のような人たちだと言われています。

・高齢者
・大食いの人
・肥満の人
・脂っこい食事を好む人
・過度なストレスに悩んでいる人
・猫背の人

妊婦さんも「逆流性食道炎」になりやすい!

上記のような人たちに加え、逆流性食道炎になりやすいのが妊婦です。

逆流性食道炎の主な症状である

・吐き気
・胃のむかつき(胸やけ)
・げっぷ

をつわりによるものだと勘違いしてしまうケースも多いのですが、妊娠初期を過ぎてもこのような症状が治まらない場合や、これらに加えて

・嚥下障害(えんげしょうがい/食物をうまく飲み下せない)
・呑酸(どんさん/酸っぱくて苦いものが口の中まで上がってくる)
・咳きこみ、喘息

といった症状がある場合、逆流性食道炎を起こしている可能性が高いと言えます。

妊婦さんが「逆流性食道炎」になりやすい理由

妊婦さんが逆流性食道炎になりやすい一番大きな理由は、赤ちゃんが成長するに従って子宮が大きくなり、胃を圧迫するため。胃が常に圧迫されていることで、下部食道括約筋がゆるんでしまうのです。

また、妊娠中のホルモンバランスの変化による胃の消化機能低下も、胃液が逆流してしまう原因になります。妊娠前までは1度も逆流性食道炎の経験がなかった人でも、妊娠することで発症のリスクが高まります。

妊娠したことで逆流性食道炎になってしまった人は、ほとんどの場合、出産後にはすっかり症状が治まると言われています。

妊娠中の「逆流性食道炎」の予防法

出産後には症状が治まるケースが多いとは言え、ただでさえ身体的な負担が多い妊娠中、できるだけ快適に過ごしたいですよね。妊娠中の逆流性食道炎は、普段の姿勢や食事の内容に気をつけることで予防することができます!

姿勢による予防法

特に姿勢に気をつけたいのが、胃液が逆流しやすくなる食後。

食後すぐに横になることは避け、座椅子やソファ、クッションなどを活用し、座って休むようにしましょう。

睡眠時にも少し上体を高くして眠ると、症状が和らぐことも。

食事による予防法

消化しやすい食材を中心に食べることが大切です。

脂っこい食事やタンパク質の食べ物、糖分の多いお菓子、酸味の強い柑橘物、コーヒーや緑茶といったカフェインを含む飲み物を避けましょう。

…とは言っても、お腹の赤ちゃんの成長と自分の体力維持のためには、栄養のあるものをバランスよく食べなくてはなりませんよね。

栄養素別の「消化しやすい」おすすめ食材は以下の通りです。

《炭水化物》うどん・おかゆ
《タンパク質》鶏肉・白身魚・豆腐・きなこ
《カルシウム》無脂肪牛乳
《ビタミン類》煮野菜・蒸し野菜・バナナ・白桃(缶詰)

満腹を避け、腹八分目に抑えることも大切です。1回の食事の量を少量にし、その代わり回数を増やすという方法もおすすめ。

よく噛み、ゆっくりと食事することを意識しましょう。また、就寝の3時間前までには必ず食事を終わらせるようにしましょう。

おわりに

妊娠初期が過ぎても吐き気や胃のむかつきが治らなかった場合、「逆流性食道炎」を疑ってみてください。

今までに経験のなかった症状が現れ、戸惑ってしまうことも多い妊娠中。原因と予防法、対処法を知っていれば、そのひとつひとつに冷静に対処できるはず。

今回ご紹介した方法で妊娠中の不快な症状が少しでも和らぎ、快適なマタニティライフを過ごせるようになることを願っています!