時期によって違う? 妊娠中の頭痛の原因はさまざま!

身体中のいたるところに、今まで経験しなかったような変化が起こる妊娠中。
心身ともに負担の多いこの時期に、頭痛に悩まされる妊婦さんは少なくありません。

妊娠中の頭痛の原因が、妊娠初期・中期・後期(臨月)とで異なることをご存知ですか?

妊娠初期の頭痛=「片頭痛/偏頭痛」の可能性大

吐き気や食嗜好の変化、眠気や精神的不安といった「つわり」の症状が現れる妊娠初期。
この時期に起きる頭痛は、急激なホルモンバランスの変化による「片頭痛/偏頭痛」が多いと言われています。

妊娠すると、産後の授乳のための準備として乳腺を発達させようと、女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌量が増えます。
このエストロゲンの影響で脳の血管が拡張し、片頭痛が起きてしまうのです。

片頭痛の特徴としては、「こめかみや目の周辺がズキズキと脈打つように痛む」ことが挙げられます。

妊娠中期の頭痛=「緊張型頭痛」の可能性大

妊娠中期に起きる頭痛は、肩こりや腰痛を伴う「緊張型頭痛」が多いと言われています。

妊娠の経過で大きくなった乳房の重みで肩が凝ったり、大きくなってきたお腹をかばうために慣れない姿勢をとり、腰を痛めたりすることが、緊張型頭痛につながってしまうのです。

緊張型頭痛の特徴としては、「頭全体や後頭部、または首筋が締め付けられるように痛む」ことが挙げられます。

妊娠後期(臨月)の頭痛=「貧血による頭痛」または「緊張型頭痛」の可能性大

身体が出産の準備をはじめる妊娠後期には、「貧血による頭痛」と「緊張型頭痛」、どちらも起こりやすくなります。

貧血による頭痛は、鉄分不足が原因で起こります。妊娠後期には、胎児が酸素不足にならないよう母体からどんどん鉄分が送られていくため、妊婦さんは鉄分不足に陥りやすいのです。鉄分が不足している状態とは、血液中のヘモグロビンが不足している状態=貧血状態です。
貧血になると、全身、特に脳が酸欠に陥いり、頭痛を感じやすくなります。

貧血による頭痛の特徴としては、「動機や息切れ、めまいや立ちくらみを伴う」ことが挙げられます。

一方、妊娠後期の緊張型頭痛は、水分不足が原因であることが多いと言われています。
妊娠中通して言えることですが、特に妊娠後期には、子宮内に羊水を貯めるためにより多くの水分摂取が必要になります。

ところが、臨月が近づくと吐き気を感じることが多くなり、こまめな水分摂取が難しくなりがち。水分が不足することで血液がドロドロになると、血行が悪くなります。血行不良は全身の凝りや冷えを招き、結果、緊張型頭痛を引き起こしてしまうのです。

症状に合わせた対策法で、辛い痛みを乗り切ろう!

[妊娠初期]ホルモンバランスの変化による片頭痛には…

片頭痛(偏頭痛)は、脳の血管が拡張することで起こります。血管の拡張を抑えるには、まず冷やすこと。
濡らしたタオルや、タオルで巻いた氷枕などを活用し、患部を冷やしてみましょう。
温めると痛みが増すことがあるので、痛みがひどいときには入浴は控えましょう。
また、光や音に反応して痛みが増すことも。しばらくの間、暗くて静かな場所で安静にすることをおすすめします。

そして、ホルモンバランスをできるだけ安定させるためには、毎日決まった時間に起き、決まった時間に眠ることが大切。
規則正しい生活を心がけ、十分に睡眠をとり、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

[妊娠中期]肩や腰の凝りによる緊張型頭痛には…

緊張型頭痛の主な原因は血行不良。全身や患部を温めることで、血行は改善されます。締め付けられるような頭痛を感じたときには、蒸しタオルなどで首から肩にかけてを温めてみましょう。

また、身体の重い妊娠中にはついついシャワーで済ませてしまいがちですが、しっかり湯船に浸かり、身体を温めることも血行の改善に効果的。緊張型頭痛の症状を和らげるだけでなく、リラックス効果も期待できます。

無理のない範囲でのストレッチもおすすめです。旦那さまや家族の方にマッサージしてもらうのもよいでしょう。運動不足が血行不良の原因になることもありますので、マタニティヨガやマタニティスイミングにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

[妊娠後期]鉄分不足=貧血による頭痛には…

頭痛だけでなく、母体にも胎児にもさまざまな悪影響を及ぼしてしまう貧血。頭痛や立ちくらみ、めまいといった症状がひどい場合、必ず医師に相談するようにしてください。

貧血を改善するには、鉄分を多く含む食材を意識して摂取することが大切です。
ほうれん草や小松菜、ひじきや豆腐などの植物性食材と、レバーやカツオ、しじみ、卵などの動物性食材をバランスよく摂取するようにしましょう。併せて、鉄鍋を使って料理することも毎日の鉄分補給に効果的です。

また、頭痛や立ちくらみを感じたとき、深呼吸すると症状が和らぐことがあります。
脳の中に酸素をたくさん取り込むことをイメージしながら、鼻から息をゆっくり吐き、また、鼻から息をゆっくりと吸いましょう。
1度だけでなく、何度か、落ち着いてゆっくり繰り返すことがポイントです。

[妊娠後期]水分不足による緊張型頭痛には…

妊娠中の水分不足は、血行不良や冷え、頭痛を引き起こすだけでなく、妊娠中には絶対に避けたい便秘の原因にもなってしまいます。

これを防ぐには、やはりこまめに水分を摂取すること。意識して、妊娠前よりも多めの水分を取ることが大切です。
水だけでは味気ない…という人には、リラックス効果の期待できるノンカフェインのハーブティーや、ノンカフェインコーヒーなどもおすすめです。

おわりに

妊娠中の頭痛に対処するには、まず、自分の頭痛がどのタイプの頭痛なのか、正しく把握することが大切です。
自分では判断がつかないという場合は、担当の医師に相談してみてくださいね。

また、頭痛だけでなく全身のむくみや目の前の閃光感、手指の痺れや強張りなどを感じた場合、「妊娠高血圧症候群」を引き起こしている可能性があります。妊娠高血圧症候群は胎児の発育に大きな影響を及ぼし、早産や未熟児などの原因になってしまうことも。高血圧や腎臓病、糖尿病などの合併症のある人がなりやすいと言われていますが、この限りではありません。少しでも思い当たることがある人は、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

身体が辛いときにはまず休むこと。けして無理をしないこと。それが妊娠中の基本です。
今回ご紹介した方法であなたの頭痛の症状が和らぎ、快適なマタニティライフを過ごせるようになることを願っています!