もしかして性病?においや色から分かる「おりもの」異常の見分け方

女性の身体の周期に合わせて変化するおりもの。しかし、おりものは性感染症に感染した場合も変化するのです!色や臭いが普段と明らかに違うと感じたら要チェック。代表的なおりもの異常の原因と見分け方を紹介します。

「おりもの」の量や質感・色・臭いには個人差があり、体調や生理周期によって変化するものです。

他人と比べる機会はないため、自分のおりものが異常なのではないかと不安になったことのある人も多いのではないでしょうか?

おりものの色や臭いが普段と明らかに違う場合、性感染症などの原因も考えられます。

ここでは代表的なおりもの異常の原因と見分け方を紹介します。

健康な女性でも「おりもの」の量や臭いは変化します

健康な女性なら誰でも「おりもの」は出るもの。

おりものは膣分泌液などからなり、膣の乾燥を防ぎ、細菌やウィルスから守っています。

おりものの量・色・臭いは体調や生理周期などにより変化します。

色は無色透明から乳白色や黄みがかった白まで、粘度もサラサラからドロドロまで、日によって状態が異なっても心配する必要はない場合がほとんどです。

排卵時や授乳期間、性的に興奮した時などにはおりものの量は増え、妊娠や、膣内の常在菌(乳酸菌など)のバランスの変化、香りつきのせっけんやバブルバスの使用によって臭いが変わることもあります。

気を付けたいのは、こんな「おりもの」!

特に、かゆみや痛みを伴う場合は性感染症などが原因とも考えられるので、注意して観察してみましょう。

上のようなおりもの異常が見られ、症状をともなう場合は、一度婦人科を受診してみるとよいかもしれません。

おりものの異常から考えられる病気について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

おりもの異常につながる感染症の予防のため、以下のことに気をつけましょう。

・ぬるま湯と低刺激性の石鹸でよく洗い、清潔に保つ

・香り付きの生理用品やバブルバスの使用を避ける

・排尿・排便後は前から後ろに向けて拭く

・綿100%の下着を着用し、タイトな服を避ける

おりもの異常につながる病気のほとんどは、抗菌剤や抗真菌薬の外用・内用で治療可能なので、異常を感じたら婦人科医に相談してみてください。

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA