はじめに ~子どもに最も多い事故は誤飲~

赤ちゃんは5~6か月位になると、手にしたものを何でも口に入れてしまうようになります。

赤ちゃんの事故で最も多いのが誤飲です。

飲み込んでしまったものによっては、中毒を起こしたり、食道や胃の粘膜を傷つけたりします。

また食道ではなく気管に入って窒息したり、肺炎を起こしたり、時に命に危険が及ぶ可能性もあります。

今回の記事のポイントは、誤飲しやすいものの基本的な対処法・応急ケアの注意点・相談できる窓口など、子どもの誤飲についての大切なポイントを紹介します。

誤飲しやすい物の対処法

子どもが誤飲したときは、

「様子を見るもの」

「吐かせるもの」

「吐かせては危険なもの」

「すぐに病院へ」

など、飲んだものによって対処法が異なります。

以下を参考にして下さい。

少量(1g,1ml未満)なら様子を見るもの※大量の場合は吐かせて病院へ

以下のほとんどのものは、水か牛乳を飲ませて様子を見ましょう。

品名

●紙おむつ、ティッシュ、新聞

●クレヨン、消しゴム

●粘土、水彩絵の具

●歯みがき粉、石鹸、シャンプー、リンス

●口紅、リップクリーム、ファンデーション

●台所用洗剤、洗濯用洗剤

●体温計の水銀

●蚊取り線香(固形)

●硬貨(飲み込だ場合は、便と一緒に出るのを待つ)

すぐに病院へ行った方がいいもの

病院へ行くまでに飲んだものによって、

「1、吐かせるもの」

「2、吐かせては危険なもの」があります。

1、吐かせる

吐かせた方がいいものは指を口に入れて吐かせます。

飲んだ物が出てきたら、それを持って病院へ。

吐かせては危険

揮発性(きはつせい)の液体や石油製品は、吐かせると食道やのどを傷めたり、肺に入って肺炎を起こすことがあります。

以下のものは吐かせずに、すぐに病院へ。

こんなときは至急病院へ

以下の様子が見られたら、急いで病院へ行きましょう。

  • 呼吸が苦しそう、咳き込む
  • 顔色が悪い
  • 何を飲んだか分からない
  • 口の中から異臭がする
  • とがったものを飲んだ
  • 唾液や吐いたものに血が混じっている
  • 意識がない

処置に困ったら、かかりつけ医や「中毒110番」へ

「中毒 110 番」では、化学物質(タバコ、家庭用品など)、医薬品、動植物の毒などによる急性中毒について事故が発生した時の対処について情報提供、相談、アドバイスをしています。

ただし、食中毒、慢性の中毒、小石やビー玉などの異物誤飲、常用の医薬品の副作用については受けつけていません。

この点を注意し、対処に困った時には下記へ相談しましょう。

(財)日本中毒情報センター

▸大阪中毒110番(365日、24時間対応)

 072-727-2499

▸つくば中毒110番(365日、9時〜21時対応)

 029-852-9999

▸タバコ専用電話 (365日、24時間対応)

 072-726-9922  ※テープによる一般市民向け情報提供

小児救急電話相談 #8000番も利用

休日、夜間の子どもの急な病気の際、適切な対処の仕方や、受診する病院等について、小児科医師や看護師へ電話相談やアドバイスを受けることができるものです。

#8000番をプッシュすると、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送されます。(通話料は相談者負担です)

こちらも覚えておくとよいですね。

各都道府県の小児救急電話相談の連絡先や、実施時間帯などの一覧もあります。

詳しくは厚生労働相のHPをご覧下さい。

厚生労働省 小児救急電話相談

誤飲の相談するときに伝えること

電話する際は下記を焦らず伝えましょう。

■赤ちゃんの月齢

■赤ちゃんの体重

■誤飲物の正確な名称

■いつ飲んだか

■どのくらいの量を飲んだか

■飲んだ時の状況

■どんな応急処置をしたか

■現在の状態

のどに詰まっている場合、窒息防止のための応急処置も知っておきましょう

のどに物が詰まっているのが見えた時は、窒息防止のために以下の処置をとってください。

1、指で取り出す

すぐに取れる位置にある場合は、赤ちゃんの口を大きく開かせ、指を入れて取り出します。

舌の付け根を強く押して吐かせるのがコツです。

ただし無理に取ろうとすると、かえって奥へ入れてしまうことがあるため注意しましょう。

2、吐かせる

物がのどに詰まることによる窒息状態になった場合、乳幼児にも適応できる「ハイムリッヒ法」「背部叩打法(はいぶこうだほう)」という応急処置があります。いざという時のために知っておきましょう。

詳しくは以下の関連記事を参考にご覧ください。 

関連記事:のどに物が詰まった時の応急処置「ハイムリッヒ法」と「背部叩打法(はいぶこうだほう)」の実践方法を知ろう!

さいごに ~子どもの誤飲予防のポイント~

3歳未満の子どもが、思いきり口を開けた時の口径は39mm

これ以下の大きさのものは何でも口に入ってしまうため、日頃から以下のことに注意するようにしましょう。

●直径39mm以下のものを、高さ1m以下の場所に置きっぱなしにしない

●タバコの吸い殻の入った灰皿を出しっぱなしにしない

●低い扉や引き出しにはストッパーを付けて、液体をはじめ危険なものを手に取れないようにする

誤飲は子どもに最も起こりやすい事故のため、予防が大切ですね。