害虫駆除には「バルサン」=妊娠中や赤ちゃんがいても大丈夫?ペットに与える影響も

夏になると、ダニやゴキブリなどの害虫に悩まされますよね。嫌な害虫の一斉駆除には「バルサン」が有効です。
しかし、体に影響を与えそうで使用を迷っているという方もいるのではないでしょうか?特に妊娠している方、子ども、ペットがいる家庭は心配ですよね。


image by PhotoAc
 

バルサンの有効成分と安全性は?

バルサンは霧や煙で殺虫成分を部屋の隅々にまでおくり、害虫を駆除する殺虫剤です。

バルサンはには2種類の殺虫成分が含まれています。「ペルメトリン」と薬剤に耐性のある虫にも有効な「メトキサジアゾン」。
公式サイト内では「哺乳類には安全性が高い成分なので、小さな子どもがいる家庭でも使用することができる」とされています。
ただし、これは用法・用量を正しく守って使用した場合に限ります。すべての薬品に共通することではありますが、間違った使い方をすると体に害を及ぼす可能性も考えられるということです。嫌な害虫を一掃して気持ちよく暮らすために、正しい使い方を覚えましょう。

バルサン(バルサンSP)

バルサンの使用上の注意

妊婦や子どもについて

バルサンを噴煙(噴霧)する始動作業や、使用後の換気作業は健康な大人が行い、子どもや妊婦はそれらの作業を避けるようにしてください。匂いによって気持ち悪くなる可能性があります。健康な方でも、噴煙中の煙を吸うと喉に炎症を起こす可能性があります。
特に子どもは注意してください。また、家族に殺虫剤アレルギーの方がいる場合は使用しないでください。

小さな子どもがいる家庭では煙が出ない霧タイプがより安全でオススメです。

【第2類医薬品】香るバルサンフレッシュローズの香り6~10畳用

 

生活用品について

次のものはビニールや新聞紙などでカバーし、移動できる場合は、別の場所に移動してください。

●食品、食器、おもちゃ、雑貨、寝具、衣類など
●パソコンやオーディオ機器などの精密機械
(煙や霧の微粒子が入ると故障の原因になります。)

注意点

  • 使いかけなど、口の開いている食品は、成分が入らないようにきちんと口を閉じるか、タッパーなど密閉性の高い容器に入れ替える。
  • ディスクやテープは付属のケースに入れる。
  • ベッドはカバーをかけ煙が直接触れないようにする。使用後、気になるようなら天日干しにして、クリーニングに出す。

 

ペットについて

バルサンに含まれる殺虫成分は、特に魚や虫には強い毒性があります。
ペット(犬、猫、ウサギ、ハムスター、小鳥など)植物、観賞用の魚は部屋の外に出してください。

注意点

  • 魚や亀、カブトムシや鈴虫などは必ず移動して、3日間はその部屋に入れないでください。
  • 移動できない大きな水槽がある場合はその部屋でバルサンを使用しないでください。
     

使用後の注意点

  • 必ず30分以上換気してから部屋に入ってください。
  • バルサンを焚いた部屋は薬剤の他にダニやノミの死骸がたくさん残っていると考えられます。必ず掃除機をかけて床や壁、家具などを乾拭きしてください。
  • 布団は掃除機をかけて天日干しをし、気になるようならクリーニングへ出しましょう。
     

普段からできるゴキブリ対策

害虫の中でもとくに嫌なのが、ゴキブリ。見るのも嫌という人も多いかと思います。
普段の生活の中でも次のような点を意識すれば、ゴキブリを寄せにくい環境を作ることができます。
バルサンで害虫駆除をした後、快適な生活空間をキープするために役立つ「ゴキブリ対策」を、最後にご紹介します。

シンクの生ゴミは毎日掃除する。


image by PhotoAc

ゴミ出しの日まで数日待たなければいけない場合は、ジップロックなど密閉性の高い袋に移し替えて、ベランダなどに置きましょう。
その際、水が漏れ出さないように注意してください。新鮮な野菜クズなど比較的衛生的なゴミなら、皮を剥いたらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れるという方法もあります。

食べかけの食材はきちんと封をして保存する

ゴキブリが匂いで寄ってくる「食害」を防ぐために、使いかけの食品(お菓子・海苔・鰹節・ドライフルーツなど)は、瓶や密閉性の高いタッパーなどに移し替えるか、冷蔵庫に入れてください。見落としがちですが、ペットの餌も同様に移し替えましょう。
 

天然成分でゴキブリを寄せつけない方法「ハッカ油虫除けスプレー」

ゴキブリはL-メントールが含まれるハッカやペパーミントの匂いが苦手です。その性質を利用して天然の虫除けを作りましょう。

【虫除けスプレーの作り方】
・ハッカ油orペパーミントオイル 20滴
・水(精製水だとなおよい) 90mL
・無水エタノール 10ml

〈作り方〉
1スプレーボトルに精製水、エタノール、アロマオイルの順で入れます。
2栓を閉めてよく振ったら完成!
※使用する前によく振ってください。※

虫除けスプレーの使い方

1.ガーゼに染み込ませてタンスの中や戸棚に入れる。

⒉ゴキブリの侵入口や好む場所に吹きかける。
玄関、勝手口、窓のサッシ、台所、シンクのまわり、洗面所、浴室など。ゴミ箱や生ゴミにかけるのも効果的です

その他のゴキブリ対策

アロマオイルを焚く。

アロマランプやアロマデュフューザーを使ってお部屋にゴキブリが嫌いなペパーミントやゼラニウム、ラベンダー、シトロネラ、レモングラスなどの香りで満たしましょう。人間にはいい香りでもゴキブリを始めとした害虫は大嫌いな匂いなので虫が寄り付かなくなります。


image by PhotoAc

 

おわりに〜集合住宅に住んでいる場合〜

マンションやアパートなどの集合住宅で使用する場合は、隣人、大家さん、管理会社にもバルサンを焚く旨を告げて下さい。その時に火災報知器の取り扱い方などを教えくれる場合があります。火災報知器が作動すると近隣住人から消防署まで大勢の人に迷惑をかけるなどトラブルの原因になりかねません。周囲への配慮も忘れずに行いましょう。バルサンを焚いている間は「バルサン焚いています」と玄関ドアに張るなどして近隣住人に告知することもマナーです。