男性も必見!女性のPMSを理解すると社会がちょっとだけ幸せになる?!

お腹が痛い、体がだるい、食欲が止まらない、眠くなる…。
毎月、いろいろな症状で女性を悩ませる生理。

生理中のアレコレもユウウツなものですが、生理前の理由もわからないイライラや不快な感情、体調の不調にお悩みではありませんか?
それは、PMS(Premenstrual Syndrome:月経前症候群)の症状です。

ある製薬会社のアンケート調査の結果で、女性の約9割が、PMSを経験していてPMSにストレスを感じているというデータがあります。一方で、男性のPMS認知率は、なんと、約1割という結果もでています。

また、女性の約5割がPMSを男性に理解されていないと感じている、というデータもあり、PMSはまだまだ、社会的にも理解されていない症状だといえます。

男性はけっして体験することはないPMSですが、PMSの存在や症状を知り、もう少しだけ周りの女性の変化を気にかけてあげるだけで、きっと女性のツラさも軽くなります。
PMSの症状と対処法を詳しくみていきましょう!

PMSの原因は女性ホルモン

PMSがどうして起きるのか、実は、はっきりとはわかっていません。

PMSの発症と生理周期は密接に関係しており、女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」の動きが影響していると考えられています。排卵後の黄体期に、「エストロゲン」と「プロゲステロン」が急激に変動することで、PMSが引き起こされるとされています。

日本産婦人科学会では、PMSは、「月経前3〜10日の黄体期のあいだ続く、精神的あるいは身体的症状であると、月経は辛いとともに減退ないし消退するもの」と定めています。

コレもアレも原因はPMS?!PMSの症状は数百種類!

PMSの症状や程度は、人それぞれです。

PMSには、「カラダに現れる症状」「心に現れる症状」があります。その症状は、軽いものを含めると、なんと数百種類もあるといわれています。また、同じ方でも月によって症状や重さが違う時もあるようです。

日本産婦人科学会では、PMSを「月経前3〜10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないしは喪失するもの」と定義しています。

《PMSの症状の一例》

身体的症状:頭痛や片頭痛、手足のむくみ、乳房の痛み、腹部の膨満感、腰痛、便秘、めまい、失神、ほてり、肌荒れ、体重増加、疲れ・だるさ、不眠

精神的症状:うつ状態、怒り、イライラ、不安感、社会的ひきこもり、もの忘れ、混乱・錯乱、涙もろくなる、情緒不安定、集中できない、周りの人にやつあたりしてしまう

上記のような症状が、生理周期に合わせてあらわれたり軽くなったりする場合、それはPMSの可能性があります。

しかし、上記のような症状が生理周期と伴わない場合は、注意が必要です。うつ病や、子宮禁酒など、他の病気が隠されている可能性があります。心配な場合は、一度専門機関を受診してみましょう。

症状が月経周期と同じだけどPMSではない病気もあります

PMS以外にも、月経周期に合わせて、身体や心の不調がでる病気があります。

◼︎月経困難症

生理の時に、日常生活に支障があるほどの生理の症状がでる場合は、「月経困難症」の可能性があります。PMSととてもよく似た症状ですが、発症時期に違いがあり、生理の1〜2日目が最も症状が重くなります。

◼︎月経前不快気分障害(PMDD)

PMSの症状のうち、精神的症状が重くなると「PMDD :月経前不快気分障害」になります。PMDDでは、強いうつ、不安感、絶望感、悲壮感、感情をコントロールできない、他人にやつあたる、暴力的になる、過眠・不眠などがあげられます。生理が終わっても症状が軽くならない場合、他の精神疾患が疑われます。

◼︎更年期障害

卵巣機能が低下して、女性ホルモン「エストロゲン」が低下してホルモンバランスが乱れることにより、症状がでます。主な症状として、動機、腹痛、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)めまい、ヒステリー、抑うつなどがあります。

PMSと上手に付き合うために自分に合った対処法を

PMSは、人によって症状も程度も違いますが、対処法もさまざまです。自分にあった対象法をみつけて、症状と上手に付き合いましょう。

バランスの良い食生活

◼︎PMSに効果的な食材を選ぼう!
PMSの症状のセルフケアで大事なことは、食生活です。

PMSの時は、イライラや情緒不安定を和らげる、ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムを摂取するようにしましょう。女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをする「イソフラボン」が豊富に含まれている大豆や豆乳も効果的です。

★おススメの食材

豆類・緑黄色野菜・海藻類・バナナ・マグロ、にんにく、レバー・精製されていない殻類(玄米、そば等)etc...

★とりすぎに注意が必要な食材

チョコレート、果物、ケーキ、肉、塩分、精製された砂糖etc...

◼︎食事はこまめに!
生理前は、黄体ホルモンが多く分泌されるため、いつも以上に身体が栄養を求めるため食欲が止まらなくなりがちです。食欲が止まらない時は、1日に4〜6食を目安に、小分けにして食事を摂るようにしてみましょう。それにより、身体の血糖値が常に一定に保たれることで、食欲を抑えることができます。

◼︎ハーブティーで心も身体もリラックス
カフェインは、ビタミンやミネラルの吸収を妨げる作用があります。

そのため、過剰にとりすぎると、PMSの症状を悪化させることもあります。PMSの時は、カフェインが含まれる飲み物はなるべく控えましょう。コーヒーや紅茶の代わりとして、ハーブティーがおススメです。ハーブティーにはカフェインは含まれておらず、リラックス効果もあるため、精神的な症状の緩和にもつながります。

◼︎過度の喫煙と飲酒はNG!
過度の喫煙や飲酒は、血流を悪くし、むくみ・頭痛・腰痛の原因になります。またホルモンバランスを崩しやすくなるので、PMSの時は控えましょう。

適度な運動・十分な休息

PMSの時は、ストレスにより、身体が緊張状態になり筋肉がかたくなりがちです。

筋肉がかたまると、腰痛や肩こりにつながり、PMSの症状を悪化させます。身体を動かして、血行を良くすることで、症状の改善につながります。ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動、ストレッチ、ヨガなどが効果的です。

運動をした後は、水分補給と適度な休息をとるようにしましょう。

ツラいPMSの時に頼れる薬

PMSの時に服用する薬は、さまざまなものがあります。PMSの症状を緩和する専門の治療薬、特定の症状に効果的な薬、体質改善を行う薬などいろいろな種類のものがあります。また、体質や症状によって、効果の違いもあります。

初めて利用する際は、薬剤師やかかりつけ医に相談し、購入・服用をお勧めします。

◼︎プレフェミン(市販薬)

プレフェミンは、日本初のPMSを対象とした生薬由来の薬です。日本で承認されたばかりの新薬のため、薬剤師がいるドラッグストアや薬局で購入が可能です。

◼︎命の母ホワイト(市販薬)

漢方由来の改善薬です。ホルモンバランスの乱れを改善し、PMSの症状を緩和します。

 

PMSの予防や治療法の一つとして、漢方も効果的です。自分にあった漢方を使用して、症状緩和や体質改善をめざします。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
PMSの原因や仕組み、対処法を知って、憂鬱な時間を少しでも心地よくすごしていきましょう!