女性は受診必須!婦人科検診の検査内容と費用を安くする方法~婦人科検診のアレコレ~

女性特有の病気は自覚症状が少ないため、定期的な検診が大事。婦人科検診は子宮や卵巣、膣などの女性の生殖器をしっかりと調べる検査です。婦人科検診でよく行われる検査内容についてご紹介します!

婦人科検診は子宮や卵巣、膣などの女性の生殖器をしっかりと調べる検査です。

 

これらの臓器は赤ちゃんを産むためはもちろん、女性らしさを司るとても大切な臓器です。

 

しかし女性特有の病気は自覚症状が少ないものが多く、気が付いたら病気が進行していた、なんて事も多いのが現状。

特に乳がんや子宮頸がんなどの女性特有の癌は早期発見・早期治療が重要です。

 

受けとみようとは思っているけど、どんな事をするのか今いちよく分からないと思っているあなたの為に、今回は婦人科検診でよく行われる検査内容についてご紹介します!

婦人科検診でよく行われる検査について知ろう!

婦人科検診でよく行われる検査は以下のものがあります。

内診

多くの女性が婦人科検診をためらう理由の1つがこの内診かと思います。

 

内診とは外陰部や内性器を医師が診断するものです。

 

まず外陰部に炎症が無いかどうかを診断し、次に医師が片手の指を膣に挿入し子宮などの状態を調べます。

子宮の動きや硬さ、子宮頚部に腫瘍が無いかなどが分かります。

 

女性にとって自分の性器を他人に見せるという事はやはり抵抗がある事だと思います。

 

しかし最近は女性の気持ちに配慮した環境のクリニックも増えていますし、女医さんがいる産婦人科も非常に多いです。

 

腫瘍の癒着など、内診でないと分からない事もあるので、自分にあったクリニックを探してリラックスした気持ちで受診をしましょうね。

超音波検査

身体に超音波を発するプローブという器具をあてて臓器を観察する検査です。

 

皮膚の上から超音波を当てる経腹法と、膣内に細いプローブを挿入して膣の中から超音波をあてる経膣法があります。

 

経腹法は痛みもなく身体に負担がかかりませんが、やはり経膣法の方が至近距離から超音波をあてる為より精密に検査ができます。

 

この検査では子宮や卵巣の状態を確認する事ができ、腫瘍があった場合は位置や数などが確認できます。

おりもの検査

膣または子宮頚部からおりものを採取して検査をします。

この検査では性感染症の原因菌の有無などを調べる事ができます。

尿検査

尿検査では妊娠の有無、ホルモンの状態、排卵の時期などを調べる事ができます。

また腎機能の状態なども併せて診断する事が可能です。

血液検査

血液を採取して、ホルモンの状態や血糖など、基本的な健康状態を調べます。

また女性に多い甲状腺機能に関わる病気を調べる場合もあります。

子宮頚部細胞診

子宮頚部(子宮の下の部分)を綿棒でこすって細胞を採取し、悪性細胞の有無を調べる子宮頸がんの検査です。

子宮体部細胞診

子宮体癌(子宮の上側の広い部分にできる癌)を調べる検査です。

ブラシやチューブを使って子宮内膜の細胞を採取し、悪性細胞の有無を調べます。

乳がん検診

名前の通り、乳房に癌細胞が無いか調べる乳がんの検査です。

乳房を2枚の板でギューッと薄くのばすマンモグラフィー検査と超音波検査があります。

 

詳しくは以下の記事を参考にしてみてくださいね!

 

日本では女性の約20人に1人の割合で乳がんを発症するといわれています。女性であれば誰しもが心配なこの乳がん。

しかし、乳がんは早期発見・早期治療を行えば9割以上の確立で治るがんです。

早期発見の為に重要なのが定期的な乳がん検診です。

「行こうとは思ってるんだけど面倒で...」と思っているそこのあなた!

手遅れになる

 

 

自治体の割引検診や無料クーポンを利用して安く検査を受けよう!

自治体の健康診断は20歳以上の子宮頸がん検査、30歳以上の血液検査、40歳以上の乳がん検査を推奨していて、検診料の一部を公費負担の割引で受けるられる事が殆どです。

 

また、20歳以上の子宮頸がん検査、40歳以上の乳がん検査は国から各自治体を通して無料クーポンが発行されます。

対象年齢や配布内容は各市町村によって異なる為、詳細については問い合わせをしてみてくださいね!

詳細は厚生労働省もしくは各自治体のホームページを確認ください。

さいごに

自治体が設けている婦人科検診の割引制度は毎年でなく、隔年である事が多いですが、これは検診が2年に1度で十分というわけではありません。

 

国や自治体の予算の都合でおそらくこの様な措置をとっているのかと思いますが、癌などは病気の進行が速い為毎年検診を受ける事がベストです。

 

30代40代だけでなく20代に関しても婦人科系の疾患にかかる可能性は十分にあります。(特に子宮頸がんや子宮筋腫など)

 

快適な女性ライフを送る為にも必ず婦人科検診は受けましょう!

ライター採用

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA

ピックアップ特集