サイトメガロウイルス(CMV)が及ぼす乳児への影響

サイトメガロウイルス(CMV)感染症

あまり聞き慣れない名前ですが、妊娠を希望する女性には絶対に知ってもらいたい病気です。

 

なぜなら、妊娠中サイトメガロウイルスに初感染してしまうと、胎児に先天性の障害が発生する可能性があるからです。

 

その出生率の高さはダウン症とほぼ同じでありながら、まだまだ認知度は低く、出産後、子供に発生した障害をきっかけに、初めてサイトメガロウイルスについて知るお母さんもいます。

 

サイトメガロウイルスは、検査をして感染の有無を知るだけでも予防が可能です。

赤ちゃんの未来を守るこためにも事前にサイトメガロウイルスについて知っておくことが大切です。

 

imageby

 

PhotoAC

サイトメガロウイルス(CMV)の感染者予測は年間1000人にも及ぶ

サイトメガロウイルスはヘルペスウイルスの一種で、一度でも感染してしまうと、生涯体の中に潜伏し続けるやっかいなウイルスです。

 

サイトメガロウイルスはあまり知られていないウイルスですが、20~30年前は70%~90%という高い割合の人が感染を経験しています。

現在では、感染者の割合は60%まで減少傾向にありますが、年間の感染者数の予測は1000人を超えています。にもかかわらず、サイトメガロウイルスの検査はあまり浸透していないのが現状です。

 

これまで日本では90%以上の人が、乳児期にサイトメガロウイルスに感染し、すでに抗体(侵入するウイルスを追い出す対抗物質)をもっているとされてきました。

しかし最近では、妊娠可能な年齢の女性における抗体保有率が90%~70%まで下がっていることが明らかになっています。

 

成人女性の抗体保有率が下がるということは、乳児期にサイトメガロウイルスに感染せずに成長し、妊娠してからサ感染する可能性がある女性が増えているということです。

実際に、妊婦の間でサイトメガロウイルスの初感染者が増えていることもわかっています。

 

サイトメガロウイルス感染症は、治療法が確立していないため、妊娠中の方や妊娠を希望されている方は、特に感染に注意が必要です。

 

 

生活の中に潜むサイトメガロウイルス(CMV)の感染経路

サイトメガロウイルスの感染経路で一番多いとされるのは、感染者からの接触感染です。

サイトメガロウイルスに感染すると、ウイルスは涙、唾液、尿、便、血液、鼻水などにとどまり、未感染者が接触することでうつります。

 

特に、1歳~5歳の子どもが感染者すると、ウイルス量も多くウイルスの感染力が強くなることから、家庭内での感染が広がりやすくなります。

 

感染しやすい状況は、トイレの後、子どもと一緒に遊んだ後、おむつ交換後、子どもへのキス、食事の補助、子どもの目やにや鼻水、よだれの処理をしたときなどです。

母親が未感染者で妊婦の場合、子どもの世話の中での感染には特に注意が必要です。

 

妊婦がサイトメガロウイルスに感染することにより、血液を通して胎児も感染させてしまう母子感染も感染経路となります。

 

また、サイトメガロウイルスは母乳にも含まれるので、授乳による乳児への感染も起こります。

大人同士の感染ではウイルスが膣液、精液などにも含まれることから、性交渉による感染もあります。

感染経路の身近な疑問

Q:犬や猫のペットへうつることはありますか?

A:サイトメガロウイルスは種特異性の強いウイルスなので、ペットへはうつりません。

 

Q:くしゃみをしたときの唾液から感染しますか?

A:空気中に出たウイルスは、感染力を維持できないので感染しません。

 

Q:子供と一緒にお風呂に入れますか?

A:お湯の中はウイルスが不安定で壊れやすいため入浴の心配はありません。

ただし、おしっこをお風呂でしてしまうくらい小さいお子さんの場合、洗顔やシャンプーをする際はお風呂のお湯を使わないよう気をつけましょう。

サイトメガロウイルス(CMV)の症状

健康な方がサイトメガロウイルスに感染しても、多くの場合症状はほとんど出ることがありません。

免疫機能が正常に働いていれば、発症があったとしても軽く、そのまま放置しておくと次第に治っていきます。

まれに出る症状として、発熱、だるさ、喉の痛み、湿疹、リンパの腫れ、肝機能異常があります。

 

一方、HIV感染者や臓器移植後で免疫を抑える薬を服用中の患者、抗がん剤治療中の方などは、免疫機能が弱くなっているのでサイトメガロウイルスに感染した場合、肺炎や網膜炎胃腸などを発症したり、病気が重症化しやすくなりますので注意が必要です。

サイトメガロウイルス(CMV)の潜伏機関

サイトメガロウイルスの特徴として、感染後のウイルスによる長い潜伏期間があります。

 

サイトメガロウイルスが体の中に潜伏する期間はおよそ20~60日。

サイトメガロウイルスはとても賢いので、免疫機能がサイトメガロウイルスを排除しようとする働きを上手くかわすため、長く潜伏するのです。

 

体が健康な場合は、サイトメガロウイルスの動きを免疫力で抑え続けることができ、ウイルスが潜伏している間に、体が抗体を作ります。ほとんどの場合、感染に気づくことなく治っていきます。

 

imageby

 

PhotoAC

妊娠前に知っておきたい!サイトメガロウイルス(CMV)と妊婦の関係

妊娠中に妊婦がサイトメガロウイルスに感染した場合、流産や死産の発生率が高くなるほか、胎盤を通して胎児にウイルスが感染してしまう可能性があります。

 

感染力の強いサイトメガロウイルスは、母体がウイルスを追い出すための抗体を体内に作るよりも早く、妊婦の血液を通して胎児へ移行していきます。

 

胎児への感染率に大きく関わるのが、感染時の妊婦の血液量と血液に含まれるウイルスの量。

ウイルスの量は、母体の抗体を作る力と、感染後のウイルスの繁殖量で変わります。

妊婦が持つ免疫力の強さが、胎児を感染から守る鍵になるのです。

 

妊婦によって作られた抗体によって、血液中のウイルスの感染力は下がりますが、母子感染の場合、出生後の乳児に神経系や聴覚による障害が発生してしまうことがあり、言葉を覚える年ごろまで感染が発覚しないことがあります。

妊娠中の感染と胎児への母子感染

サイトメガロウイルスの感染経験がない妊婦が、妊娠中に感染する確率は1~2%といわれています。

今のところ感染を避ける有効な手段はなく、また、妊婦がサイトメガロウイルスに感染しても無症状なことが多く感染に気付かないことが多くあります。

妊婦が感染した場合、胎児にも感染する可能性があり、感染した胎児は先天性のサイトメガロウイルス感染となります。

 

しかし、妊娠中に感染したからといって、胎児も必ずサイトメガロウイルスに感染するというわけではありません。

 

母体から胎児への感染率はおよそ40%といわれ、そのうち出生後に精神発達遅滞、運動障害、難聴などの障害を発症するのは、およそ20%といわれています。

また、先天性サイトメガロウイルス感染があっても、正常に成長する子どももいます。

 

妊娠中にサイトメガロウイルスに感染したことがわかったら、胎児への感染を調べることが可能です。

胎児がサイトメガロウイルスに感染していれば、妊娠21週目前後の胎児の尿(羊水になっている)からウイルスが出始めるので、PCR検査(ウイルスを調べる検査)で感染の有無を確認できます。

 

ただし、時期がずれてしまう、感染していてもウイルスが確認できないといったこともあり、検査が確実なわけではありません。

サイトメガロウイルスに感染した過去があったら

過去にサイトメガロウイルスに感染したことがある妊婦の場合、すでに抗体が出来上がっているため、再感染したとしても胎児への感染を心配する必要はありません。

 

しかし、過去に感染経験がある妊婦でも、まれに先天性サイトメガロウイルス感染症児が生まれる可能性があります。

体調不良や病気などで免疫が低下しているときに再感染すると、サイトメガロウイルスが活性化し胎児を感染させてしまうこともあります。

 

また、過去に感染していたウイルスが体の中にまだ潜伏していた場合、ウイルスが再活性化し胎児に感染してしまうこともあります。

 

とはいえ、妊娠前からサイトメガロウイルスの抗体を持っていれば、胎児への感染率は0.2~2.2%と初感染の妊婦に比べて感染率はかなり低くなります。

また、他の型のサイトメガロウイルスに感染しても、胎児への感染リスクは非常に低いことも判明しています。

母親が感染していても授乳は可能

妊娠中にサイトメガロウイルスに感染したとしても、生まれてきた赤ちゃんに授乳が必要なのは変わりません。

母親がサイトメガロウイルスに感染しても授乳は可能です。

 

むしろ乳幼児の段階で、母乳を通してウイルス感染し、成長段階で自然治癒しながら抗体をつくることで、大人になってからの感染を避けられます。

 

ただし、未熟児の場合は授乳による感染に注意が必要です。

未熟児の感染は、敗血症に似た病気になる可能性がありますので、担当医に相談しながら決めましょう。

 

生まれてきた赤ちゃんにすでに感染が見られている場合も、授乳することに問題はありません。

胎児が感染する先天性サイトメガロウイルス感染症

赤ちゃんに先天性サイトメガロウイルス感染が疑われる場合、感染の有無を調べるため抗体検査をします。そのときポイントとなるのは、母体がサイトメガロウイルスの感染したとき妊娠中であったかどうかです。

 

抗体検査は、生後3週間以内に行う必要があり、サイトメガロウイルスの特徴でもあるIgM抗体が陽性か否かで判断します。しかし、検査結果の信憑性は確実ではありません。

 

平成20~22年度の全国6都道県で実施された調査では、300人に1人の新生児が先天性サイトメガロウイルス感染があり、1000人に1人の新生児に症状が現れている報告があります。

この結果は、日本で最も頻度が高いダウン症候群と並んで高い割合です。

 

先天性サイトメガロウイルス感染症に起こる症状としては、生まれてくる時の赤ちゃんの体重が軽い、頭が小さい、血小板が減少し皮下に出血が起こる、肝炎、難聴、軽度~重度の発達障害、けいれんや発作、視力障害などの重度の障害が多いです。

最悪の場合、死に至ることもあります。

 

imageby

 

photoAC

サイトメガロウイルス感染症は事前対策を!

サイトメガロウイルスに感染しないためには、自分が過去に感染しことがあるか検査を行うことが非常に重要です。

 

サイトメガロウイルスには確率した治療法がなく、治療効果も不透明な点があります。

抗体の有無がわからなければ、状況にあった予防や判断が困難になります。

 

特に妊娠を希望する女性は、妊娠前に検査を受けておきましょう。

すでに妊娠された方でも、妊娠初期に検査を受ければ結果に応じた対応が可能になります。

 

ご自身のサイトメガロウイルスに対する関心や知識が、子どもの未来をつくる大きな分かれ道になります。

 

妊婦健診でサイトメガロウイルス抗体検査を実施している産科は、全国で4.5%ほどと、多くはありません。

検査を希望する方は、積極的に医師へ依頼しましょう。

 

検査方法は血液検査で、費用はおよそ2000~3000円です。

病院によってはサイトメガロウイルス検査を行っていない、保険の対象外の場合もあるので、事前に問い合わせましょう。

妊娠中は予防を徹底

サイトメガロウイルスの抗体検査が陰性で、過去の感染がない場合は、日常生活での予防を徹底して行いましょう!

特に小さい子どもがいる家庭では、子どもからの感染に注意する必要があります。

日常の些細な行動でも注意しましょう。

 

■サイトメガロウイルス感染の予防法

・よく泡立てた石鹸で、20秒を目安にしっかり手洗い

・オムツ交換後は、鼻水やよだれを拭き、食事中の接触に注意する

・お箸など食器は別々にし、飲み物や食べ物も別にする

・子供にキスをするときは唾液がつかないようにおでこへ

・トイレ回り、家具やおもちゃについた唾液や尿にも注意する

・消毒はアルコールや掃除用品でしっかりと拭きとり、布団や敷物は十分乾燥させる

 

imageby

 

PhotoAC

性交渉後に不安を感じたら早めに検査をしましょう

サイトメガロウイルス感染は性行為からも感染します。

性行為後に発熱や喉の痛みなどの症状があらわれた場合は、早めに病院を受診しましょう。

 

サイトメガロウイルス感染の検査にはタイミングがあり、性行為をしたすぐあとには検査ができません。

感染が疑われるときから20~60日経ってから、男性は内科、女性は内科もしくは産婦人科を受診しましょう。

 

ただし、妊婦や免疫不全の方は早めの検査が必要になります。

治療方法

サイトメガロウイルスは健康な方が感染した場合、症状がなく病院の診断が不要なことがあります。

しかし、感染症を伴う方や新生児で発熱などの症状がある場合、サイトメガロウイルス感染の疑いがあれば治療が必要です。

まずは血液や尿、体液、肺などの組織を用いて、抗体検査、アンチゲネミア法、遺伝子学的診断法などからウイルスを確認します。

 

サイトメガロウイルス網膜炎になった場合は、眼の内部構造を調べ異常がないか調べます。

失明や命に危険がある場合には、抗ウイルス薬を投与して治療することもあります。

 

また、妊娠中に母体が感染した場合は、胎児への感染予防として免疫グロブリンを投与する方法がありますが、効果はまだ明確ではありません。

さいごに~リスク回避は検査から

これから親になるかたがたは、もちろん健康な赤ちゃんの誕生を願います。

しかし、赤ちゃんが無事に生まれるためには、さまざまなことに気を配らなければなりません。

 

サイトメガロウイルスは、妊娠前の検査で対策や予防ができます。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠前からできることがあります。

 

「あの時やっておけばよかった」と後悔しないために、今できることから始めましょう!