子どものかかりやすい病気の代表例である「中耳炎」。

ほとんどの子どもが小学校に上がるまでには、気づかない例も含めると1度はかかっているといわれています。

ところで、皆さんは「中耳炎」に、いくつかの種類があることをご存知でしょうか。当然ながらそれぞれ症状も異なってきます。

中でも辛い痛みを伴う「急性中耳炎」。「風邪を引いたら中耳炎も一緒に疑う必要がある」ほど、子どもにはついて回る病気なのです。

「耳が痛い、痛い」と泣かれては親としても辛いのですが、もし夜中だったら・・あなたは何をしてあげられますか?

ここでは、「中耳炎」の中でも最も一般的である「急性中耳炎」について、対処法も含めて詳しくみていきましょう。

急性中耳炎とはどんな病気?

皆さんが日頃よく耳にしている「中耳炎」は、「急性中耳炎」のことを指しています。

痛みで子どもが泣いているイメージを持っている方も多いかもしれません。

細菌やウイルスが、鼻や喉の奥から耳管(じかん)へ侵入し、中耳に炎症を起こす疾患で、特に風邪をひいているときに発症しやすくなります。

痛みが強いのが特徴で、特に子どもは耳の構造が大人と異なるために、繰り返し発症してしまうことが多くあります。

子どもが風邪を引いたら、「急性中耳炎」の併発を疑いましょう。

中耳炎の基本情報を知っておこう

子どもは大人に比べて中耳炎を発症しやすい!

生後1歳までに62%、3歳まで83%がかかると言われる「中耳炎」ですが、上図のように、子どもの耳管は、大人に比べて太く短く、水平に傾いているため、中耳へと細菌やウイルスが侵入しやすいのです。

思春期を迎える頃の体の発育によって、耳の内部の構造も変化していきます。

そのおかげで10歳を過ぎた頃から、中耳炎を発症することは少なくなり、気が付いたら中耳炎から卒業していることが多いようです。

中耳炎の主な種類は3つ!

急性中耳炎

最も一般的な中耳炎で、風邪をひいたときによく発症し、痛みを伴うのですぐに分かります。

「急性中耳炎」を繰り返してしまうことを「反復性中耳炎」と言い、風邪や感染症などにかかりやすい集団保育に通っている子どもは、特に注意が必要です。

また、飛行機に乗ったときに、航空機内の圧力変化により耳が痛くなる「航空性中耳炎」も急性中耳炎のひとつです。

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

耳の奥の中耳に液体がたまっている状態で、難聴を招く恐れがあります。痛みがないため、気付きにくいことも多いです。

慢性中耳炎

「急性中耳炎」や「滲出性中耳炎」が治りきらず、慢性化した状態です。鼓膜に穴が開いているため、常に耳が聞こえにくい状態が続きます。

鼻や喉の炎症が中耳炎を引き起こす!

「プールの水が耳に入って中耳炎になった」

これはいわゆる俗説です。

外から耳に水が入ったとしても、鼓膜で塞がれているため、中耳炎にはなりません。

鼻や喉の奥は耳とつながっているため、風邪を引いている時など細菌やウイルスが、体の内側から耳管へと入り込み、中耳炎が起こります

赤ちゃんは「ミルク中耳炎」に注意!

「ミルク中耳炎」は通称ですが、その名の通り、寝ている状態でミルクを飲んで、喉や鼻にいる細菌やウイルスが、ミルクと一緒に耳管へ入ってしまうことにより、中耳炎を発症します。

鼻や喉の奥は耳へとつながっています。

「ミルク中耳炎」を防ぐためにも、横になりながらの授乳は避けましょう。

「急性中耳炎」の症状は痛みがメイン!

急性中耳炎の主な症状

・発熱

・耳痛

・耳だれ

・耳閉感(耳がふさがれたような感じ)

 

多くの子どもは「耳が痛い」と訴えるため、「急性中耳炎」を発症したことが分かります。

※痛みが弱い場合は、耳だれが出て初めて気づくこともあります。

子どもの場合は、症状を訴えることができますが、赤ちゃんの場合そうはいきません。以下の症状を見逃さないようにしましょう。

赤ちゃんの発信する急性中耳炎のサイン

・熱が下がらない

・機嫌が悪い、泣き止まない

・しきりに耳を気にする

・ 耳だれの付着

・ 食欲がない

・ 青っぱなが長期間出ている

急性中耳炎の発症の仕方

1.耳管から細菌やウイルスが侵入します。

2.粘膜や鼓膜が赤く腫れます。

この時に診察を受けると、赤く腫れ上がっているのが見えます。

3.中耳部分(鼓室)に膿がたまっていきます。

4.膿が充満して、周囲を圧迫すると強い痛みを引き起こします。

「急性中耳炎」の痛みは、膿がたまり周囲が圧迫されるために起こるのです。

5.膿が増え続けると鼓膜が破れ、耳だれ(耳漏・じろう)が出てきます。

治った後に「痛みのない中耳炎」にかかることもあるので注意!

「急性中耳炎」は痛みを伴いますが、治ったあとにかかりやすい「滲出性中耳炎」は痛みがないため、気がつきにくいものです。

しかし難聴が起こりやすいので、「テレビの音が大きい」「呼びかけても反応しない」などで親が気がつくことがあります。

「急性中耳炎」の慢性化に注意!

適切な処置を受けていれば完治する「急性中耳炎」ですが、完治せず通院を止めてしまい、治りきらずに慢性化することがあります。

耳だれが出ていたり、聞こえにくい症状が続いている場合は、鼓膜に穴が開いたままのため、「慢性中耳炎」となってしまっていますので、治療を受けましょう。

知っておきたい!対処法や治療などのあれこれ

近年、薬剤に対する耐性菌を増やさないためにも、軽症であれば抗菌薬を使用しないことも多くなりました。

中症、重症の度合いで治療は異なりますが、基本的には鎮痛剤を用いて、耳だれを拭く、鼻洗浄を行うなど、経過を観察します。

ここでは、夜間の応急処置や発症中に気をつけることなど、気になるポイントをお伝えしますので、参考にしてみてください。

 

夜間の自宅でできる対処法

夜中に子供が泣いていると慌てがちですが、「急性中耳炎」の場合痛みがずっと続くことはありません。

まずは解熱鎮痛剤を飲ませ、落ち着いて対処しましょう。

■解熱鎮痛剤を服用させる

■耳の後ろを冷やす

■鼻の通りをよくするために、座らせる

(赤ちゃんの場合は抱っこしてあげましょう。)

 

■鼻が詰まっている場合は片方ずつゆっくりとかませる

(赤ちゃんの場合は吸ってあげましょう。) 

解熱鎮痛剤は子ども用のものを!

このとき発熱がなくても飲ませて問題はありません。

「カロナール」など病院で処方された解熱鎮痛剤があれば飲ませ、ない場合は市販薬で対応しましょう。

「バファリン」は大人用もありますが、子ども用とは成分が全く異なりますので、半量にして飲ませるなどしてはいけません。

また、薬によって対象年齢が異なりますので、よく確認してください。

急性中耳炎の発症中に気をつけること

■耳管の入り口を清潔にする

外側に耳だれが垂れていたら拭いてあげてください。内側は拭く必要ありません。

■鼻の通りをよくする

強くかまず、片方ずつかむことを教えましょう。赤ちゃんの場合は吸ってあげます。

■入浴は、耳痛・発熱のある間は控える

■スイミングや運動は、医師の許可が出るまで控える

■集団保育はなるべく休ませる

「反復性中耳炎」を防ぐためにも、完治するまでは通園を控えた方が良いでしょう。

急性中耳炎1番の対策は風邪をひかないこと!

<急性中耳炎対策のポイント>

・風邪を引かないこと

・バランスの良い食事をとること

・鼻の通りを良くしておくこと

・受動喫煙に気をつけること

 

子供のうちは、絶対的に急性中耳炎を防ぐことは難しく、1番の予防策は風邪を引かないことです。

そのため、手洗いやうがいなどの毎日の風邪対策が重要になってきます。

また子供や赤ちゃんのそばでは、たばこを吸わないように気をつけてください。

おわりに

「急性中耳炎」は子どもの体の発育とともに、卒業していく病気です。

それまでは「風邪をひいたらセットでかかるもの」と認識しておきましょう。

夜中に発症しても、痛みは一時的なので、落ち着いて対処してあげることが大切です。

そして耳の構造上、繰り返して発症しやすいので、必ず完治させること、普段から風邪をひかないように、子どもと一緒に健康的な生活を送りましょう。