赤ちゃんのおむつかぶれに最適の薬は?薬の選び方や予防におすすめのアイテムをご紹介します!

ほとんどの赤ちゃんが経験するおむつかぶれ。できるだけ早く治すには、症状に合わせた薬を使用することが大切です。市販薬から処方薬まで、薬の種類やワセリンなどのアイテム、予防を含めた対処法を詳しく解説します。

真っ赤でジクジク!おむつかぶれとは

おむつかぶれとは、おむつが当たっている部分の皮膚にできる皮膚炎のこと。

もともと薄くてバリア機能が弱い赤ちゃんの肌に、おしっこやうんち、汗などの湿気がこもることで肌がふやけ、一層傷つきやすくなります。

さらに汚れの付着やおむつがこすれることで一層ダメージを受けてしまうのです。

 

かぶれの症状は、おしりの一部から全体にかけて赤くなったり、肛門付近、陰部、脚の付け根、おなかなど、おむつが触れたりこすれたりする部分にみられます。

 

初めは肌の表面がうっすらと赤くなる程度ですが、次第にかゆみ・痛みが強まって、ジクジクしてきます。

その他にも赤い発疹が出たり、悪化すると肌がめくれてくることもあります。

 

赤ちゃんは自分の言葉で意思表示できないので、大人がこまめにおしりの状態を確認することが大切です。

 

 

image by

 

photo-ac

こんなときは気をつけて!おむつかぶれの小さなサイン

赤ちゃんは、言葉のかわりに泣いたりぐずったりして不快な症状を伝えようとします。たとえば・・・

 

・おしりに手をやったり体をよじったりして、かゆそうな様子がみられる

・おしりをふいたら痛がる、泣く

・入浴の際にお湯をかけたら痛がる

 

赤ちゃんのこのような様子を目にしたら、おむつ交換の際におしりをよく見てあげてくださいね。

もし赤みなどの変化を見つけたら、放置は厳禁です!

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。あっという間におむつかぶれが悪化してしまいますよ。

 

おむつかぶれの基本対処

肌の表面が少し赤くなっている程度なら、まずはおむつをこまめに替えることを心がけましょう。

清潔と乾燥、そして刺激を減らすケアが、おむつかぶれの予防と対策の第一歩です。

 

 

ほとんどの赤ちゃんが経験するというおむつかぶれ。おむつ替えのたびに気をつけているはずなのにおむつかぶれが起きるのはなぜ?かわいい赤ちゃんのおしりを守るために。おむつかぶれの原因と症状、対処法を詳しく解説します!

 

 

それでも症状が良くならず悪化するようでしたら、薬を併用して適切に対処します。

 

image by

 

photo-ac

薬は症状で使い分けましょう

おむつかぶれは、ほとんどの赤ちゃんが経験するといわれています。

皮膚炎は悪化すると治るのにも時間がかかるので、出来るだけ早く、軽症のうちに対処しましょう。

 

薬は病院で処方される処方薬をはじめ、一般の薬局で販売されている市販薬もあり、いざというときのために備えておく方も多いようです。

 

肌への刺激が弱いものから

・保湿薬、保護薬

・非ステロイド外用薬

・ステロイド外用薬(強さは5段階) があります。

 

薬は症状に合わせた使い分けが重要で、”強い方がよい”わけではありません。

それぞれの薬の特徴をご紹介します。

 

保湿薬・保護薬

赤ちゃんの肌はもともと脂分が少ないうえに、おむつ替えのたびにおしりを拭き乾燥させるので、潤いは奪われる一方です。

それを補うためにも保湿薬は重要。保湿によって肌のバリア機能も保たれます。

 

・アズノール軟膏:

1958年から発売されている皮膚科医用治療薬。

効果はとても穏やかで、その分副作用も少ないという特徴があります。

原料に含まれるグアイアズレンは、カモミール由来の天然成分で、抗炎症作用が知られています。

効果が穏やかなので、使用は軽症の皮膚トラブルに限られます。

 

・ヒルドイド:

乾燥に伴う皮膚症状(かゆみ、かぶれなど)があるときに処方される軟膏です。

保湿作用とともに、使用部位の血行促進作用もあります。適量を患部に塗布またはガーゼなどにのばして貼り付けますが、必ず医師の指示に従って使用してください。

 

・亜鉛華軟膏:

白い粘土のような軟膏で、皮膚の表面を保護する目的で使用する”乾かすタイプ”の軟膏です。

清潔にした患部の上にたっぷりと塗ることで、便や尿が皮膚に付かないようにしたり、おむつで肌がこすれるのを防ぐ働きがあります。

便が出たら便を拭き取り、軟膏がとれた部分に再度軟膏を塗っておしりが白い軟膏のベールに包まれた状態にします。

お風呂に入る時にすべて洗い流し、再度軟膏を塗ってください。

◼︎注意

塗った場所がわかりやすいように着色剤を混ぜて薬を処方する場合もあります。

その際は、下着に着色された薬がつかないように注意が必要です。

 

 

image by

 

photo-ac

非ステロイド外用薬

おむつかぶれがあまりひどくない初期症状であれば、炎症を鎮める非ステロイドの抗炎症剤を使用します。

いずれも医師・薬剤師の指示に従って使用してください。

◼︎注意

非ステロイド外用薬は刺激感などの副作用がでやすいため、使用の際はご注意ください。

 

・コンベック軟膏:

抗炎症作用や鎮痛作用がある薬で、おもに急性の湿疹に対して炎症を抑えたり痛みを軽減する目的で

処方されます。

 

・ベシカム軟膏:

炎症の原因となるプロスタグランジンの合成を阻害して、炎症を抑えて痛みを和らげる薬です。

 

・ポリベビー(市販薬):

基剤は天然素材のナタネ油とサラシミツロウを使用。またかゆみを鎮める抗ヒスタミン剤のジフェンヒドラミンに、患部の治りを助けるビタミンA、D2、酸化亜鉛、細菌の感染を防ぐ殺菌剤のトリクロロカルバニリドを配合。

ジュクジュクしている患部だけでなく、乾燥部分にも使用できます。

 

・ダイアフラジンA軟膏(市販薬):

かゆみを鎮める抗ヒスタミン剤のジフェンヒドラミンを配合。

また基剤には魚油(肝油)由来のビタミンA油を使用し、肌の角質層を回復・皮膚のターンオーバーを改善させる働きがあります。

※ダイアフラジンシリーズにはステロイド剤もあります。

 

 

imageby

 

photo-ac

ステロイド外用薬

非ステロイド剤で治りにくい時は、抗炎症作用の強いステロイド剤の塗り薬が処方されるケースがあります。

この場合は炎症の強い部分だけに少量使用し、炎症のないところまでつけることがないようにしましょう。

基本は短期間のみの使用で、医師や薬剤師の指示に従いながら、症状に合わせて少しずつ弱い薬に切り替えていきます。

 

・エキザルベ軟膏:

ステロイド薬のなかでは一番弱いグループに分類。

炎症による腫れや赤みをおさえ、荒れた皮膚の治りを助けます。一般的にステロイド剤は免疫力が低下する副作用がありますが、この薬にはそれをカバーする成分(混合死菌浮遊液)が加えられており、皮膚表面の細菌感染を防ぐ働きを補っています。

 

・ロコイド軟膏:

ステロイド薬のなかでは比較的弱い、中程度に分類。

患部の腫れや赤みをすみやかにとり、かゆみや痛みをやわらげる作用があります。

症状を和らげる対症療法なので病気の原因そのものは治せませんが、皮膚をよい状態に導き、かきむしりによる悪化を断つ意味で有用とされています。

 

・キンダベート軟膏:

ステロイド薬のなかでは比較的弱い、中程度の強さに分類。

一般的にアトピー性皮膚炎や湿疹の炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みを和らげる目的で使用されます。

 

 

image by

 

photo-ac

カンジダ性皮膚炎にステロイド剤はNG

おむつかぶれと症状が似ているものにカンジダ性皮膚炎があります。

これはカンジダというカビの一種の感染が原因で、赤いブツブツと湿疹が特徴。おむつかぶれとの違いは、おむつの接触面だけでなく皮膚のシワの中まで湿疹ができることです。

 

カンジダ性皮膚炎の治療には抗真菌剤を使用しますが、間違ってステロイド剤を使用すると皮膚の抵抗力が落ちて真菌が繁殖しやすくなり、症状が悪化してしまいます。

カンジダ性皮膚炎の場合は、患部を清潔にしただけでは治らないので、必ず皮膚科か小児科で診てもらいましょう。

 

薬の上手な塗り方と注意点

軟膏などの外用薬は、たくさん塗ればいいわけではありません。

医師や薬剤師の指示のもと「患部に適量」を守るとともに、以下のことにも気をつけてください。

 

薬を塗る前に患部を清潔にしましょう。

汚れや肌に残った薬をぬるま湯で洗い流すか、ぬるま湯で濡らしたタオルやコットンなどでやさしく拭き取ります。

水分を拭き取るときにゴシゴシこすらないように注意してください。

 

薬を指先に適量とったら患部の数ヶ所に薬を置いていきます。

そして患部を強くこすらないようにしてやさしく指先でのばしてください。

 

患部がジュクジュクしていたり、ただれているときは、清潔なガーゼに薬を厚めにのばし、患部に貼りつけます。

 

ワセリンは?馬油は?おむつかぶれを防ぐアイテム

赤ちゃんのおしりを清潔に保ち刺激から守るために、市販のアイテムを上手に活用しましょう。

いずれも薬ではないのでおむつかぶれを治すものではありませんが、予防として肌(おしり)を清潔にした後の毎日のケアに取り入れてみてください。

尚、使用中、患部の状態が悪化した場合はすぐに使用を中止し、必ず皮膚科や小児科で診てもらってください。

ワセリン

角質層からの水分蒸発を抑えるとともに、肌表面を保護し、外部刺激から守ってくれる働きがあります。

ワセリンにはさまざまな種類がありますが未精製のものは若干刺激があるため、精製された白色ワセリンか、赤ちゃん用と表示のあるものを選んでください。

清潔にしたおしりにワセリンを薄く塗ってからおむつをすると、おしっこや便の刺激や、おむつと肌の摩擦による刺激が緩和されます。

 

馬油

馬の脂肪から作られた天然の保湿剤。角質層に浸透し保湿効果があるほか、抗酸化作用や抗炎症作用が知られています。

指にとった時に脂分でベトッとしますが、伸びがよく浸透性が高いため、すぐにサラッとします。

おむつかぶれ以外にも、乾燥肌やあせも予防にも活用できます。

オリーブオイル

おしりにうんちがこびりついてなかなか取れない時は、コットンやカット面にオリーブオイルをしみ込ませてやさしく拭き取りましょう。そのあと座浴やシャワーで丁寧に洗い流します。

ベビーオイル

オイルがバリアとなり、うんちやおしっこの刺激やおむつのこすれによる刺激から肌を守ってくれます。

またオリーブオイルと同じように、肌についた汚れを落とすときにもおすすめです。

 

image by

 

photo-ac

症状が悪化したら、早めに受診しましょう

おむつかぶれは、一晩油断しただけであっという間に悪化することがあります。

日頃から清潔・乾燥(ムレ防止)・刺激を避けることに配慮して、赤ちゃんのデリケートな肌を守ってあげてください。

もし自宅で時間がある時はおむつ替えのあとはしばらくおむつを外して遊ばせておくのもひとつの方法です。

 

症状がなかなか改善されなかったり悪化したような場合は、速やかに皮膚科や小児科を受診しましょう。

 

ライター採用

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA

ピックアップ特集