子どもの気管支は、大人よりも過敏に働くため、わずかな刺激でも炎症を起こし、喘息発作を起こしやすいもの。

朝や夜、風邪を引いたときに、ヒューヒュー、ゼーゼー、といったような呼吸音が聞こえるときは、気管支喘息かもしれません。

子どもの気管支喘息の発症は、3歳までに60~70%、6歳までに80%以上というデータが。

特に、ダニへのアレルギー反応が原因となることが多く、実に90%がダニアレルギーだと言われています。

また、アレルギー以外にも、煙や気候など、周りの環境が原因になることも。

こまめな掃除や、環境へ気を配ることで、気管支喘息を予防しましょう。

image by

Illust AC

気管支喘息は、呼吸が困難になる喘息発作を繰り返す病気です

気管支喘息は、空気の通り道である気管支が、激しく収縮し、呼吸が困難になる状態(喘息発作)を繰り返す、慢性の病気です。

喘息や、小児喘息とも呼ばれています。

喘息発作では、気管支の筋肉の収縮、気管支の粘膜に炎症、痰の分泌量の増加、が同時に発生し、空気の通りを悪くします。

呼吸をするときに出る、ヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴(ぜんめい)は、気管支喘息の特徴の1つ。

気管支が狭くなっているために、十分な空気を取り込むことができず、音を発しています。

また、痰(たん)の分泌量が増えるので、咳き込むと痰を吐くことも。

気管支喘息の主な原因は、ダニやホコリなどへのアレルギー反応

子どもの気管支喘息では、ほとんどの患者が、アレルギー体質だと言われています。

特に、ダニアレルギーを持っていることが多く、子どもの気管支喘息のうち、90%はダニアレルギーが原因です。

空気中を漂う、アレルゲン(アレルギーの原因となるもの)であるダニを吸い込むことで、気管支に炎症が起きると、空気の通り道が狭くなる喘息発作が起こるのです。

また、子どもは、大人に比べて、気管支が過敏に働き、些細な刺激であっても強く反応。

そのため、冷たい空気や煙など、アレルゲンはないものが原因となり、発作の症状を起こすこともあります。

image by

Illust AC

喘息発作を起こすアレルゲン

気管支喘息の、発作を起こす原因となるアレルゲンは、家の中にたくさんあります。

ホコリ、ダニ、カビ、ペットの毛、花粉など。

慢性的な、アレルギー性の炎症反応を起こしているところに、大量のアレルゲンを吸い込むことで、喘息発作が起こります。

特に、ダニの死骸やフンなどが原因の気管支喘息が、多く見られます。

アレルゲン以外に喘息発作を起こすもの

アレルギー反応以外にも、子どもは意外なもので、気管支喘息を発症します。

風邪などの感染症をはじめ、運動の直後、タバコや排気ガスなどによる大気汚染、気温や気圧の変化などが、気管支喘息の原因になると言われています。

また、住環境の変化や、ストレスなど、精神的な負担によって発症することも。

旅行に出かけるだけで発作が起きることもあるので、子どもの様子には注意しましょう。

気管支喘息の予防は、家の中の掃除から

image by

Illust AC

気管支喘息にかかった子どもの多くは、ダニアレルギーが原因。

室内のホコリや、ペットの毛など、ハウスダスト1g中に生息するダニは、数十匹~数千匹

住環境を整えることで、ダニの数を減らすことが大切です。

≪ポイント≫

・掃除機は毎日、決まった範囲に少しずつ、じっくりとかける

・掃除のときは窓を開けて換気する

・寝具は、週に1回は干す

布団や枕などの寝具には、1週間に1回は掃除機をかけましょう。

また、干したあとの布団には、ダニの死骸がたくさんあるので、必ず掃除機をかけましょう。

ほかにも、花粉、蛾の鱗粉、ゴキブリなども、アレルゲンとなる可能性があるので要注意。

その他の原因への予防法

■風邪の予防は、喘息の予防

風邪の原因はウイルスですが、中には、喘息の発作を起こすウイルスが。

風邪を予防したり、早めに治療することは、喘息の発作を予防することにもつながります。

■運動は自分のペースで

冬場の運動は、乾燥した冷たい空気が気道に流れ込み、発作が起きやすくなります。

運動前のウォーミングアップは入念に行い、疲れたり、少しでも苦しくなったら休みましょう

■煙や排気ガスは厳禁

タバコ、線香、花火などの煙や、排気ガスは気管支喘息の大敵。

どうしても吸いたい場合は、屋外の、家から離れた場所で吸い、5分以上経ってから戻りましょう。

image by

Illust AC

おわりに

子どもの気管支喘息は、主な原因がダニによるアレルギー。

普段から掃除機をかけるなど、家の中を清潔にすることで、発症や発作を予防できます。

また、タバコや花火の煙、排気ガスなどには、子どもは大人以上に敏感です。

空気の汚れた場所に連れて行ったり、家の中でのタバコや線香は、子どもが小さいうちは避けましょう。

子どもの呼吸が、ヒューヒュー、ゼーゼーと鳴っていたら、医療機関を受診し、医師に相談しましょう。