淋病(淋菌感染症)とは「淋菌」という細菌によって引き起こされる性感染症です。

男性に比べて女性は自覚症状が少なく、感染している事に気が付かないパターンが非常に多いです。

淋病を放置していると不妊症や子宮外妊娠の原因となる為、女性は気を付けなければいけませんが、その中でも特に気を付けなければいけないのが妊婦です。

今回は淋病が妊婦や新生児にもたらす危険性についてご紹介します!

淋病ってどんな病気?

淋病は性交渉によって感染する性感染症の1つです。

1度のセックスでの感染率が30%と非常に高く、オーラルセックスでも感染する可能性があります。

淋病の患者数は女性に比べ男性の方が圧倒的に多いのですが、その理由は自覚症状の有無にあります。

淋病を発症すると、男性の場合は尿道炎などの激しい排尿痛などの自覚症状が出る事が多いですが、女性の場合は自覚症状が少なく感染している事に気付いていない場合がほとんどです。

おりものの増加や不正出血、下腹部の痛みなどの症状が出る場合もありますが、生理トラブルと混同しがちです。

つまり、男性に比べ女性の淋病患者数は数字の上では少ないものの、発症に気が付いていないだけで女性の淋病感染者数は男性と同様非常に多い事が予測されます。

淋病がなぜ妊婦にとって危険なのか?

妊婦にとって淋病が非常に危険な病気である理由は大きく2つあります。

1.早産・流産の危険性

2.出産時に乳幼児が感染する危険性

妊娠中に淋病に感染すると、卵管や子宮内膜に炎症がおこり、早産や流産を起こす危険性があります。

出産前に感染に気が付けばまだ対処ができますが、感染に気が付かずにそのまま出産してしまった場合、産道感染によって赤ちゃんにも淋菌が感染する事があります。

淋病の妊婦がそのまま赤ちゃんを産んだ時に、赤ちゃんも病気に感染してしまう確率は30%と非常に高くなっています。

赤ちゃんが淋菌に感染した場合、結膜炎や関節炎、尿道炎などを引き起こします。

特に多い症状が両目に影響が出る新生児結膜炎で、最悪の場合は失明になる可能性もあります。

大事な赤ちゃんを守る為に妊婦健診を受けてください!

妊婦健診とは大事な赤ちゃんを病気や流産から守る為の妊婦の検査です。

検査項目は様々ですが、本人が希望をすれば検査項目を追加する事が可能です。

淋病は自覚症状が少ないのうえに、赤ちゃんにもたらす危険性が非常に高い病気ですので、必ず妊婦健診の際に検査を受けてください!

さいごに~クラミジア感染症の検査も受けて!~

淋病と同じ様に自覚症状が少なく、母子感染の可能性がある性病が「クラミジア感染症」です。

また、淋病の感染症の20%~30%はクラミジア感染症にも感染しているといわれています。

大事な赤ちゃんを病気から守る為にも、妊婦健診ではこれらの検査は必ず行ってください!