気管支喘息とは、いわゆる喘息のことです。

子どもの気管支喘息は大人とは症状が異なるため、小児喘息(小児気管支喘息)とも呼ばれ、区別されています。

子どもの気管支喘息は、60~70%が3歳までに、80%が6歳までに発症しています。

また、小児喘息を発症した子どもの90%がアトピー体質で、中でもダニアレルギーの子どもが多くみられます。

治療には数か月~数年かかることもあり、治るまでは発作とは根気よく付き合っていかなければなりません。

今回は、子どもの気管支喘息の原因や、発作の症状、治療法について解説していきます。

image by

Illust AC

気管支喘息は、気道が狭くなる発作を繰り返す病気です

気管支喘息は、空気の通り道である気管支が激しく収縮し、呼吸がしにくくなる発作を繰り返す慢性の病気です。

気管支の筋肉の収縮、気管支の粘膜に炎症、痰の分泌量の増加が同時に発生することで発作となり、空気の通りを悪くします。

発作が起きたときに聞こえる、ヒューヒュー、ゼーゼー、という喘鳴(ぜんめい)は、気管支喘息の特徴のひとつ。

気管支が狭くなっているために、空気の通り道が十分に確保できず、笛を吹いたときのような音を発しています。

咳を伴う咳喘息と混同されることがありますが、気管支喘息では咳はほとんどみられないので注意しましょう。

昔は気管支が狭くなっているなら広げれば治るだろう、と考えられていましたが、最近になって、原因はアレルギーの炎症にあることが分かりました。

炎症が慢性化すると、気管支が過敏になり、元の形に戻らなくなっていきます

子どもの気管支喘息。主な原因は、ダニなどのアレルギー性物質

子どもの気管支喘息患者の、90%がアトピー体質で、中でもダニアレルギーが最も多いとされています。

アトピー体質の人は、他の人に比べて気管支粘膜が敏感で、ダニをはじめとしたアレルゲンや、冷たい空気などに過剰に反応してしまいます。

そのため、ホコリっぽい場所や寒い地域では、喘息の発作が起きやすくなるのです。

主な原因は、ダニ、カビ、花粉、ペットの毛、などの吸入アレルゲン

このほか蕎麦、小麦、米、卵、魚介類などの食物アレルゲンも原因となります。

また、風邪や肺炎、激しい運動、気温や気圧の変化、タバコの煙や排気ガスなどの大気汚染物質、引っ越しや旅行によるストレス、疲労、睡眠不足なども原因として考えられています。

さらに蛾の鱗粉やゴキブリなどが原因となることもあるので、周りの環境には注意が必要です。

image by

Illust AC

小児喘息の発作は三段階に分かれます

小児喘息の発作は、日本小児アレルギー学会の『小児気管支喘息治療・管理ガイドライン ハンドブック2013ダイジェスト版』で、重い発作の見分け方や対処法について、基本的な指針を提示しています。

発作が起きているかどうかは、まず、呼吸の音に注意しましょう。

ゼーゼー、ヒューヒューといったような喘鳴が出ていれば、発作が起きていると判断していいでしょう。

喘鳴が聞こえなくても、息苦しさを訴えている場合は、発作が起きている可能性があるので、子どもの様子には注意しましょう。小児喘息の発作は、三段階に分かれます。

≪小発作≫

喘鳴や息苦しさがあっても会話、食事、トイレなど、日常生活を問題なく送れている場合は、小発作です。

無理をすると悪化するので、その場で休むなど、早めに対処しましょう。

≪中発作≫

喘鳴があり、胸がベコベコと凹むときは、中発作以上の発作が起きている可能性があります。

また、横になると苦しくて眠れないようなときには、中発作が起きている可能性があります。

中発作では、会話、食事、トイレなどの日常生活は、なんとか送ることができるものの、とても息が苦しい状態です。

≪大発作≫

大発作は、喘鳴と胸がベコベコ凹むことに加え、日常生活を送ることが困難な状態です。

爪や唇が青白くなっていたり、冷や汗をかいていたり、意識障害がある場合は、特に大発作を疑い、医療機関を受診するか救急車をを手配しましょう。

image by

Illust AC

喘息発作は、ピークフローメーターで管理しましょう

喘息発作の状態や、発作を予知するための目安となるのが、ピークフロー値です。

ピークフローメーター値とは、勢いよく息を吐き出したときの空気の流れる速さを計ったもの。

発作が起きて空気の流れが悪くなっていると、基準よりも低い数値となって現れるので、ひとつの判断基準として使われています。

ピークフロー値は、ピークフローメーターという機械で、簡単に計測ができます。

ただし一定の肺活量が必要なので、5歳未満の乳幼児では正しく計測することができません。

朝と夜、喘息の薬を使う前に3回ずつ測定し、一番高い数値を毎日記録していくことで、気道の状態を把握できます。

測定した最高値と、普段の平均値から、その日の状態をチェックしましょう。

普段よりも、20~40%ほど低い数値であれば、軽い発作が起きているか、起きそうな状態なので注意。

40%以上と、著しく低くなっている場合は、すぐに医療機関を受診し、医師に報告しましょう。

小児喘息は発作の大きさによって対処法が異なります

喘息の発作が起きそうなときや、発作が始まったときには、まず次のような対処をしましょう。

その上で、発作の段階に合わせた対処を行ってください。

  • 服を緩めて呼吸を楽にする
  • 座布団やクッションで背もたれをつくり、楽に起き上がった姿勢を取れるようにする
  • 興奮やパニックになりやすいので、声をかけて落ち着かせる
  • 痰がからんでいたら、背中をさすったり軽く叩いたりして痰を吐き出させる

小発作の対処法

発作が始まったときや、発作が出そうなときは、服の胸元を緩めて呼吸を楽にしましょう。

次にコップに1杯~2杯の水を少しずつ飲み、ゆっくりと深呼吸します。

吸うより吐く方を長めに、腹式呼吸をするように意識しましょう。

3拍吸ったら7拍吐くのが目安です。

深呼吸をしても発作が治まらない場合は、処方されている薬があれば使いましょう。

それでも治まらなかったり、薬が無いときは、小児科などの医療機関を受診してください。

中発作・大発作の対処法

中発作が起きたときは、子どもに声をかけて落ち着かせながら、処方されている薬を使いましょう。

発作が治まれば、そのまま1日様子を見ます。

発作が治まらない場合や、治まってから1日以内に再び発作が起きた場合は、必ず医療機関を受診してください。

大発作が起きたら、薬を使いながら、すぐに医療機関を受診しましょう。

吸入薬は20分~30分ごとに使っても構いません。

ただし、連続しての使用は3回までなので、発作が起きてから1時間以内には医療機関を受診するようにしてください。

また、発作が治まらないにも関わらず、喘鳴が聞こえなくなったり、呼吸困難で暴れたり、意識障害があるような場合は、呼吸不全に陥っている可能性があります。

命に関わる危険な状態なので、すぐに救急車を呼びましょう。

中発作以上の発作が起きた場合は、すぐに医療機関を受診する準備を進めておくと良いでしょう。

発作と対処について、詳しくは関連記事をご覧ください。

子どもの気管支喘息の治療には、数か月~数年と時間がかかります。発作の度に慌てていたら、心も体も疲れてしまい、ご家族が先に参ってしまいます。病気と無理せず付き合うために、気管支喘息の発作と対処法について知りましょう。

小児喘息の治療に必要なのは、薬物治療、環境整備、心身鍛錬の3つ

小児喘息の治療は、発作が起きなくなり、普通の生活が送れるようになること目指します。

そのために、適切な薬物治療、家庭環境の整備、心身の鍛錬を続けていくことが必要だとされています。

治療薬は、普段から使うものと、発作のときに使うものの2種類

喘息の治療に使われる薬は、急な発作を鎮める「発作治療薬」と、気管支の炎症を抑えて発作を予防するための「長期管理薬」、2種類に分けられます。

≪長期管理薬≫

アレルギーや炎症を抑える薬で、普段から使うことで、少しずつ発作が起きにくい気管支へと改善していきます。

≪発作治療薬≫

発作治療薬は、発作が起きたときや起きそうなときに使う、気管支を広げる薬です。

喘息の発作で狭くなった気道を広げることで、呼吸を楽にします。

≪吸入後はうがいをしましょう≫

治療薬としてよく使われ吸入薬ですが、使用後に口の中に薬剤が残るとカンジダに感染することがあります。

カンジダの発生はうがいで予防できるので、吸入後はうがいをするようにしましょう。

うがいができない場合は、水やジュースなどを飲んで洗い流しましょう。

薬剤が少量なので、胃酸で薬の効果が無くなり、口に残るよりも安全です。

そのほか、薬の副作用や注意点などについては、関連記事をご覧ください。

気管支喘息は、薬での治療が不可欠。発作が起きたときの薬と、発作を予防する薬、2種類を使って治療していきます。そこで気になるのは、薬の効果や副作用。この記事では、気管支喘息に使われる薬の効果や使い方、副作用について解説しています。

家庭環境を整えて発作を予防

子どもの気管支喘息は、発作を起こすと悪化したり、治りにくくなってしまうので、発作を予防することが大切です。

特に、子どもの気管支喘息では、9割がアレルギー体質で、中でもダニアレルギーが原因となっていることがほとんどです。

室内のハウスダストには、1g中に数十~数千匹のダニが生息しています。

こまめな掃除をすることで、喘息発作を予防しましょう。

≪掃除のポイント≫

・掃除機は毎日、決まった範囲に少しずつ、じっくりとかける

・掃除のときは窓を開けて換気する

・寝具は、週に1回は干す

布団や枕などの寝具には、1週間に1回は掃除機をかけましょう。

また、布団などを干したあとは、ダニの死骸がたくさん付着しているので、必ず掃除機をかけましょう。

ほかにも、普段から風邪を引かないようにしたり、煙の多い場所には近づかないなど、発作の可能性を減らしていくことも肝要です。

image by

Illust AC

運動による心肺機能の強化

喘息発作のひとつに、運動誘発喘息があります。

運動することで起こる発作ですが、喘息が重症なほど起こりやすいです。

気管支喘息の治療では、運動誘発喘息が起こらない身体を作ることが目標のひとつです。

運動で発作を起こしやすい子どもは、運動を避けるようになりますが、これでは喘息は改善できません。

運動の中にも、発作が起こりやすいものと起こりにくいものがあります。

まずは、発作が起こりにくい運動を選んで、積極的にトライしてみましょう。

≪オススメのスポーツは水泳です≫

発作が起こりにくいスポーツとして、水泳が推奨されています。

季節に関係なく高い湿度が保たれているので、乾燥を嫌う気管支喘息にはとても有効。

症状が重い子どもが実践しても、発作が起こりにくいので、鍛錬のために薦められています。

ただし、塩素濃度が高いプールだと、塩素が原因で発作を起こすことがあるので、事前に運営者に確認しましょう。

image by

Illust AC

早く治療を始めるほど、治療期間が短くなります

喘息の発作は、夜間から朝方にかけての時間帯や、季節の変わり目に多くなるといわれています。

普段から発作の出るタイミングや程度などを日記につけておくと、医師の診断がスムーズになり、ときには原因の特定にもつながります。ピークフローとあわせて日記につけておくと良いでしょう

また、季節の変わり目に発作が出やすい場合は、治療薬を増やすことで予防ができるので、医師とよく相談しましょう。

気管支喘息は成長する中で自然治癒し、思春期に入るころには、3人に2人が普通の生活を送れるようになるまで回復します。昔は治らない病気とされていましたが、最近では、治療を始めるのが早ければ治る可能性が高い病気となりました。

また、発症してから治療を開始するまでの時間が短ければ、治療にかかる時間も短くなり、患者や家族への負担も少なくなります。

喘息の発作や症状が出始めたら、早めに医療機関を受診し、治療を始めましょう。