早発閉経とは?

日本人女性の平均閉経年齢は約50歳とされており、早い人では40代前半、遅い人では50代後半で閉経を迎える人もいるなど、個人差が大きく現れます。

その中でも、43歳よりも前に卵巣機能が停止し、閉経してしまうことを「早発閉経」、正式には「卵巣早発不全」と呼びます。

閉経すると卵巣から女性ホルモンが分泌されなくなり、女性ホルモンによって支えられていた体のさまざまな部分に影響を及ぼしてしまうため、薬などで治療を行う必要があります。

早発閉経の起こる割合は、20代までの女性で1,000人に1人、30代までの女性では100人に1人といわれています。

早発閉経が起こる原因

早発閉経は、何らかの原因によって排卵が行われなくなり、女性ホルモンを分泌する働きが衰えてしまうことによって起こります。

早発閉経を引き起こす原因のほとんどははっきりと分かっていませんが、以下のように原因が分かっているものもあります。

■性染色体などの染色体に遺伝的な異常がある
■異常な抗体が卵巣を攻撃してしまう自己免疫疾患
■治療に使用した放射線の影響
■抗がん剤の影響
■有害物質(たばこなど)

これ以外にも、過度なダイエット・ストレス・偏った食生活なども早発閉経に関わっているといわれています。

早発閉経の兆候

早発閉経の兆候は、主に生理周期の乱れです。

通常、生理は28〜35日といわれていますが、以下のような生理周期の乱れがみられる場合は、早期閉経の兆候であるおそれがあります。

■1か月に2回以上生理が来るなど、周期が短くなる
■周期が長くなって、頻度が少なくなる
■周期が長くなったり短くなったりを繰り返す
■周期が飛び飛びになる
■予定日が分からなくなる
■生理が続く日数が短くなる

普段から生理の周期が安定している人は比較的体の変化に気づきやすいといえますが、生理の周期が安定していない場合は早期閉経の兆候に気づけないことがあります。

また、比較的早発閉経を引き起こしやすい傾向にもあるため、生理不順が慢性化している場合は一度婦人科を受診することをおすすめします。

早発閉経と無月経

早発閉経は卵巣機能が完全に停止しているのに対して、無月経は卵巣機能が休眠している状態です。

生理がこないという部分では同じですが、無月経では原因を特定して改善することで生理が再開させることができます。

しかし、早発閉経では、卵巣の働きそのものが止まってしまっているため、自然に生理が再開することはありません。

早発閉経と無月経を自身で判断するのは難しいため、生理が来ない状態が3か月続いた時点で婦人科を受診しましょう。無月経を放置しておくと、早発閉経に繋がるおそれがあります。

無月経については関連記事をごらんください。

早発閉経の治療法:妊娠はできる?

早発閉経の治療は、卵巣機能の停止により分泌されなくなった女性ホルモンを補うことで行います。

卵巣の機能そのものを治療する方法はなく、閉経することによって起こるさまざまな症状が起こるリスクをおさえるために、ホルモン剤を服用します。

生理周期に合わせて分泌される女性ホルモン「エストロゲン」は、骨密度の維持・コレステロール値の調整・動脈硬化の予防などに関わっています。

閉経すると卵巣からエストロゲンが分泌されなくなり、骨粗しょう症・高脂血症・心筋梗塞などのリスクが上がってしまうため、ホルモン剤でエストロゲンを補充するのです。

また、ホルモンバランスが崩れることによって起こる更年期障害の症状も緩和する効果があります。

エストロゲンのみを補充すると副作用をともなうこともあるため、「プロゲステロン」など、その他の女性ホルモンを含むホルモン剤も同時に服用します。

ホルモン剤の服用は、少なくとも平均閉経年齢である50歳前後まで続けます。

早発閉経でも妊娠の可能性はある

早発閉経してしまった場合でも、不妊治療によって妊娠できる可能性はあります。

一般的な不妊治療の方法は、パートナーの精子を他の女性の卵子に体外受精させる方法です。この方法は多くの産婦人科で行われており、不妊治療の代表的な方法でもあります。

また、2014年頃からは、聖マリアンナ医科大学病院とローズレディースクリニックのみで施術を受けることができる「卵胞活性化療法」という治療法が注目されています。

この方法は、卵巣にわずかに残った卵胞(卵子のもととなる細胞)を体外で発育させてパートナーの精子と体外受精させる方法です。

卵巣に卵胞が残っていなければ施術を受けることはできませんが、早発閉経後でも自身の卵子で妊娠できる可能性があるため、注目を受けています。

どちらの方法もさまざまなステップを乗り越えなければならないため、簡単ではありませんが、妊娠を望む場合は諦めずに専門の医師に相談してみましょう。

おわりに

早発閉経は、原因がはっきりと解明されていないため、明確な予防法をあげることも難しい病気です。

まずは日常の生活リズムや食事のバランスを整える・睡眠をしっかりとる・ストレスをできるだけためないなど、健康的な生活を送ることから始めましょう。

また、妊娠を望む場合で早期閉経のおそれがある場合は、できるだけ早く婦人科・産婦人科を受診しましょう。不妊治療では、生理が止まってからの期間が短ければ短いほど不妊治療の成功率が上がるといわれています。