赤ちゃんの歯の基礎知識!赤ちゃんの歯が生える時期や順番について知っておきましょう

赤ちゃんの歯の生え方は個人差があります。生え始めが遅い子もいれば早い子もいたり、歯が生える順番が他の子と違っていると不安になることもあるのではないでしょうか。赤ちゃんの歯が生える時期や順番について詳しく解説します。

歯は一生使うもの。

大切な我が子に歯が生え始めたら嬉しさとともに心配なことも増えてくると思います。

特に、同じ月齢の赤ちゃんに比べて歯が生えるのが遅かったり、生える順番が違っていたりすると何か異常があるのではないかと考えてしまうかもしれません。

赤ちゃんの歯の生え方は個人差がかなり大きいので、あまり心配する必要はありませんが、やはり気になってしまうものです。

落ち着いて子どもの成長を見守ってあげるためにも、まずは赤ちゃんの歯が生える時期や生える順番など、基本的な知識をつけましょう。

赤ちゃんの歯はいつ生え始めるの?

実は乳歯は、生まれる前から顎の中で作られています。

その始まりはなんと妊娠約6週から

このころから、歯が出てくる歯肉が厚くなってきて歯の素となる「歯胚(しはい)」というものが作られます。

歯胚が時間をかけて成長していき、歯茎から出てくるのが「萌出(ほうしゅつ)」、つまり歯が生えるということなのです。

では、萌出はいつ起こるのでしょうか。

一般的に、一番最初に生えてくるのは下の前歯で、およそ生後6〜9ヶ月頃といわれています。

しかし、生え始めの時期はかなり個人差があり、遅い場合は1歳を過ぎてから生えてくることもあります。

6ヶ月を過ぎても生えないからといって心配はせずにゆっくり見守ってあげましょう。

また、歯が生えてくると歯のケアをする必要がでてきます。

乳歯の虫歯は永久歯にも影響するので早めにケアする方法を知っておきましょう。

赤ちゃんも歯がはえ、離乳食を食べ始めると「歯磨きしなくてもいいのかな?」と疑問を抱く保護者の方々も多いのではないでしょうか。この記事では乳幼児の歯のケアについて紹介していきます!

image by

Photo AC

生え始めの時期によって受診が必要な場合

歯の生え始めはかなり個人差があるといっても、放っておくと良くないケースもあります。

不安な時は歯科医に相談してみましょう。

2か月以内に生えてくる・生まれつき生えている

生えるのがとても早い歯のことを、先天性歯(せんてんせいし)といいます。

先天性歯とは生まれた時にすでに生えている歯、あるいは生後2ヶ月以内に生えてくる歯のことです。

先天性歯は歯の成長が未熟なため、歯がぐらぐらして抜けてしまうおそれがあります。

抜けた歯を赤ちゃんが誤飲してしまう可能性があるので、先天性歯の場合は歯科医に行きましょう。

1歳3ヶ月をすぎても生えてこない

1年3ヶ月ほど経っても生えてこない場合は歯の数がもともと少ない先天性欠如や歯が二本くっついて生えてしまっている癒合歯(ゆごうし)の可能性があります。

乳歯の先天性欠如や癒合歯の場合、永久歯が欠如しやすいのが特長です。

永久歯が不足した状態が続くと、歯並びや噛み合わせに影響が出る可能性があります。

乳歯が抜けたあと、他の歯と比べて永久歯が生えてくるのが遅い場合は、早めに医師に相談しましょう。

赤ちゃんの歯が生える順番

乳歯は前歯から奥歯に向かって

・中切歯(ちゅうせっし)

・側切歯(そくせっし)

・犬歯(けんし)

・第一乳臼歯(だいいちにゅうきゅうし)

・第二乳臼歯(だいににゅうきゅうし)

の5種類。

これらが上下左右にそれぞれあるため全部で20本となります。

臼歯というのが奥歯のことで、乳歯は奥歯が2本ずつしかないのが特長です。

歯が生える順番

20本ある乳歯のうち、基本的に同じ種類の歯は同じくらいのタイミングで生えてきます。

しかし上下で生えるタイミングが異なるのでここでは2本ずつ10段階に分けて紹介していきます。

  • 1.下の前歯(中切歯)が2本 時期は生後6〜9ヶ月頃
  • 2.上の前歯(中切歯)が2本 時期は生後9〜11ヶ月頃
  • 3.上の前歯の左右(側切歯)が2本 時期は生後10ヶ月〜1歳頃
  • 4.下の前歯の左右(側切歯)が2本 時期は生後10ヶ月〜1歳2ヶ月頃
  • 5.上の手前の奥歯(第一乳臼歯)が2本 時期は1歳1ヶ月〜1歳7ヶ月頃
  • 6.下の手前の奥歯(第一乳臼歯)が2本 時期は1歳3ヶ月〜1歳7ヶ月頃
  • 7.上の側切歯と第一乳臼歯の間(犬歯)が2本 時期は1歳4ヶ月〜1歳8ヶ月頃
  • 8.下の側切歯と第一乳臼歯の間(犬歯)が2本 時期は1歳5ヶ月〜1歳9ヶ月頃
  • 9.下の奥歯(第二乳臼歯)が2本 時期は2歳〜2歳6ヶ月頃
  • 10.上の奥歯(第二乳臼歯)が2本 時期は2歳1ヶ月〜2歳9ヶ月頃

歯の種類によって生える時期には大きな幅があり、順番通りに生えるかどうかは個人差があります。

基本的には上下の前歯8本のどれかが最初に生えれば問題はありません。

ただし、しばらく待っても真ん中の歯が生えてこないようなら先天性欠如や癒合歯の可能性が出てきます。

その場合は歯科医に相談しましょう。

また、乳歯全てが生えそろうのはだいたい3歳頃ですが、生え始める時期によって前後します。

3歳になっても生え揃わないこともありますので、心配する必要はあまりありません。

3歳6ヶ月を過ぎても揃わない場合は一度歯科医に相談してください。

必要があればレントゲンで原因を確認することができます。

image by

Photo AC

おわりに

何かと不安なことが多い子育て。

歯が生え始める時期には赤ちゃんもよく動くようになり、ハイハイなどもし始めるため、気がかりなことも増えてくると思います。

さらに、まわりの赤ちゃんと比べて自分の子どもの成長が遅かったり、成長の仕方に異なることがあると、よけいに心配になってしまうかもしれません。

しかし、赤ちゃんの歯の生え方は、赤ちゃんによってそれぞれ違います。

先天性欠如や癒合歯が起こる確率はとても低く、万が一問題があった場合でも治療することが可能です。

気になることがあれば歯科医と相談しつつ、歯の生え方についてはあまり心配しすぎず穏やかに赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

女性に関連するQA

ピックアップ特集

よく見られている症状