アセトン血性嘔吐症:子どもが嘔吐を繰り返す原因と治療法

子どもが突然ぐったりとして嘔吐した場合「アセトン血性嘔吐症」である可能性があります。アセトン血性嘔吐症の原因や対処法について解説します。

子どもが元気によく遊んでいたはずなのに、突然吐いて、ぐったりしたら慌ててしまいますよね。食中毒?それとも?…と色々考えてしまいます。

2歳〜10歳ぐらいの子どもによく現れるこの症状は、「アセトン血性嘔吐症」である可能性があります。

アセトン血性嘔吐症の症状や原因、対処法などについて解説します。

アセトン血性嘔吐症とは?

食中毒や感染性の胃腸炎などが原因ではなく、とくに前触れもなく、突然激しい嘔吐を繰り返すのが特徴です。

周期的に嘔吐が起きる場合もあり、別名「周期性嘔吐症」や「自家中毒」とも呼ばれています。

アセトン血性嘔吐症の原因

エネルギー源である糖が不足すると、体はそれを補うために脂肪を分解します。その際の代謝物がアセトン体(ケトン体)で、アセトン体が血液中に過剰になると、血液が酸性に傾きます。すると、だるい、うとうとする、顔面蒼白、吐き気や腹痛といったアセトン血性嘔吐症の症状が起こります。

アセトン血性嘔吐症の原因ははっきりとはわかっていませんが、疲れやストレスがきっかけになるといわれており、発表会、運動会、遠足、旅行など、子ども不安や興奮した時に起こりやすくなっています。

空腹もきっかけとなり、夕食を食べずに寝た後や翌朝に起こることもあります。

2〜10歳の間に見られ、代謝が未熟だったり神経質な子どもに多い症状です。

アセトン血性嘔吐症の症状

アセトン血性嘔吐症の症状には次のようなものがあります。

・元気だったのに急に機嫌が悪くなる

・生あくびを連発して顔色が青白くなる

・食欲がなくなり、何度も嘔吐を繰り返す

・尿や吐く息が腐ったリンゴのような酸っぱい臭い(アセトン臭)がする

・吐くものが無くなるとコーヒーかすのような茶色い液体を吐く

・ぐったりする

・腹痛、便秘を伴うこともある

発熱や下痢はほとんど見られず、通常、症状は2〜3日程度で治まります。

症状が悪化すると黒い血液のようなものを吐いたり、けいれんを起こすこともあります。ただし近年では、診断技術の進歩や子どもの栄養状態の改善により、重症化することは少なくなりました。

アセトン血性嘔吐症の治療法

自宅ケアについて

症状が軽いときは、飴やスポーツドリンクを少しずつ飲ませるなどして、糖分を補います。

OS-1などの経口補水液は塩分と糖分がバランス良く配合されており、効率良く水分補給することができます。

病院での治療

嘔吐が激しく、水分も受け付けないときは病院へ行きましょう。

病院では、脱水症状を防ぐため、点滴でブドウ糖を補給します。点滴をはじめると短時間で回復します。

吐き止めの座薬を使うこともあります。

おわりに:アセトン血性嘔吐症の予防法

アセトン血性嘔吐症は、繰り返し起こる症状です。

夕食を食べずに寝ると発症しやすくなるので、普段から偏食をなくし規則正しい食事を取るようにしましょう。

遊びすぎたり、緊張、興奮したり、非常に疲れている時には、とくに子どもの様子に注意が必要です。

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA