赤ちゃんに日焼止めは必要?!紫外線から赤ちゃんをまもろう

赤ちゃんの肌に日焼けが与える影響について解説します。赤ちゃんの肌にとって、太陽の紫外線を浴びる危険性と日焼け止めの刺激のどちらがいいのか徹底解説します。

大人と比べてとてもデリケートな赤ちゃんの肌。
昔は、「子どもは太陽の下でのびのび育つ」と言われたり、「夏の日焼けは健康的」といわれていましたが、近年紫外線の量の増加など環境問題もとりあげられ、赤ちゃんの肌には太陽の刺激にも気を配らなければなりません。
それでは、日焼け対策として最善の対応は日焼け止めの使用はなのでしょうか?
太陽の刺激と日焼け止めの刺激はどちらを気にするべきなのでしょうか?

近年ドラッグストアでは、子ども用やベビー用の日焼止めが数多く販売されています。
赤ちゃんに日焼止めは塗るべきかどうか解説します!

赤ちゃんにも日焼け止めが必要な時代

結論からいうと、赤ちゃんにも日焼け止めが必要です。
赤ちゃんの皮膚は大人の2分の1程度の厚さしかありません。そのため、赤ちゃんは紫外線を浴びすぎてしまう傾向があります。

紫外線を浴びすぎることで受ける影響には次のようなものがあります。

■大人になってからシミ、そばかすができやすくなる
■皮膚がんにかかる可能性が増す

これらのリスクを軽減するためにも日焼け止めを塗るというのは、赤ちゃんの肌や健康をまもるために有効な手段なのです。

日焼け止めを塗りたくない場合は紫外線対策を

赤ちゃんが紫外線を浴びすぎてしまうとリスクを負うことが分かりました。
しかし、生後3ヶ月ぐらいまでは赤ちゃんの肌は特にデリケートなため、日焼け止めを塗ると逆に刺激が強いとも言われています。

日焼け止めと赤ちゃんの肌の相性もあるでしょうし、赤ちゃんに添加物の入ったものをあまり使用したくないという保護者の方もいるでしょう。もしも、日焼け止めを赤ちゃんに使用したくない場合は、徹底した紫外線対策をしましょう。

日焼け止めを使用しない紫外線対策には次のような方法があります。

赤ちゃんの紫外線対策

■外にでる際には帽子をかぶせる
■ケープを使用する場合は紫外線カットのものを使用する
■ベビーカーには日よけや紫外線カットできるネットなどつける
■紫外線の強い10〜14時頃の外出はひかえる
■長袖や長ズボンなど、紫外線カット効果のある衣類を着せて外出する

ポイントは、肌の露出をおさえたり日陰をうまく作ってあげることです。直射日光を受ける場合に比べれば、紫外線をうける量が格段に下がります。

なお、夏場に長袖や長ズボンの着用は体温調節が不安定な子どもにとっては負担になる場合もあります。なるべく通気性のよいものを選び、アツさの面にも気を配るようにしてください。

無添加を選ぶならココナッツオイルがおすすめ

日焼け止めのかわりになるものに、ココナッツオイルやシアバターがあります。どちらも天然の原料であり添加物が入っていないため、赤ちゃんでも安心して使用することができます。

ココナッツオイルには紫外線を20%程度カットする働きがあります。効果はそれほど強いものではないため、数時間おきに塗り直す必要がありますが、1日中外に出るということは少ないでしょうし、肌刺激もほとんどない安心感があります。

また、ココナッツと同様、南国が原産であるシアバターにも日焼けによる肌の炎症をおさえたり、紫外線をカットする効果が期待できます。

エキストラ ヴァージン ココナッツオイル 250ml 美容 健康 ダイエット

商品価格:¥ 980

 

昔と現在が違うのは環境的な問題も一因

昔は、子どもの日焼けが当たり前とされていた時代もありました。しかし、現在はオゾン層破壊などにより、昔に比べて紫外線を浴びやすくなっています。そのため、子どもたちに対する紫外線リスクも高まっているのです。

子どもたちの将来のことを考えると、紫外線対策は保護者にとって大切なことです。しかし、子どもたちをまったく外に出さないというのは逆に健康を脅かす危険があります。
時代背景を理解し、適した対策を取りながら子どもたちの健康をまもっていけるといいですね。

なお、赤ちゃんに使用できる日焼け止めについては、関連記事をご覧ください。

関連記事:赤ちゃんの日焼け止めのおすすめは?赤ちゃんでも使える日焼け止めを紹介!

女性に関するお役立ち情報

ピックアップ特集