母子手帳にあった「日光浴」が消えた!外気浴推奨に変わった理由とは

かつては母子手帳にあった日光浴推奨の文章が、今では外気浴推奨の文章に変わりました。日光浴から外気浴が推奨されるようになった背景を解説します。

近年、ドラッグストアなどへ行くと、大人用の日焼け止めだけではなく、子ども用や赤ちゃん用の日焼け止めが多く目にとまるようになりました。

昔は、子どもは外でのびのびと遊ぶことがよいとされ、日焼けは健康の代名詞でもありました。
赤ちゃんに関しても、母子手帳に日光浴推奨の文章が記載されていましたが、1998年に日光浴の推奨から外気浴の推奨へと文章が書きかえられています。

なぜ現在はこれだけ日光を浴びることが悪いこととされているのでしょうか。
この記事では、母子手帳にもあった日光浴の推奨が外気浴の推奨になった背景について解説します。

日光浴と外気浴の違いとは

日光浴とは名前のとおり、身体が日光を浴びることをいい、外気浴とは室外の新鮮な空気や風に触れさせることをいいます。日光浴・外気浴をすることで得られる効果には次のようなものがあります。

【日光浴の効果】
①新陳代謝を高める
②皮膚や粘膜を強くして病気に強い身体をつくる
③睡眠がよくとれる
④体内時計が整う
⑤ビタミンDが生成される

【外気浴の効果】
①新陳代謝を高める
②皮膚や粘膜を強くして病気に強い身体をつくる
③精神の安定につながる
④睡眠がよくとれる

紫外線の浴びすぎは赤ちゃんにとって危険が及ぶ可能性がある

日光浴から外気浴が推奨されるようになった大きな理由に紫外線の影響があります。

紫外線は適度な量ならいいですが、浴びすぎてしまうと悪影響を及ぼしかねません。赤ちゃんの場合は皮膚が大人の2分の1程度の厚さしかないため、紫外線を浴びすぎてしまう傾向があるのです。

紫外線を浴びすぎてしまうと、保湿機能の低下や大人になってからシミ・そばかすができやすくなるだけではなく、皮膚がんの発症率を高めることに繋がります。

特に日差しの強い夏や紫外線の強い海、ゲレンデなどでは注意が必要です。なるべく皮膚が隠れるものを着用したり、日焼け止めを塗るなどの対応が求められます。

関連記事:赤ちゃんの日焼け止めのおすすめは?赤ちゃんでも使える日焼け止めを紹介!

環境問題や栄養摂取の変化も外気浴推奨のきっかけに

日光浴から外気浴が推奨されるようになった要因のひとつは紫外線です。
昔に比べ、オゾン層が破壊されていることにより、紫外線の皮膚への到達率が高まるようになりました。このことにより、ヨーロッパやオーストラリアでは皮膚がんの発生率が増加。世界的な流れもあり、紫外線から健康をまもろうと日本でも赤ちゃんに対して日光浴から外気浴を推奨をするようになったのです。

ビタミンDの摂取も困らない現代

日光を浴びることで得ることができる重要な要素に、ビタミンDの生成・活性化があります。
ビタミンDは紫外線にあたることで生成を助け、活性型のビタミンDへと変化します。ビタミンDは骨の成長にはかかせない栄養素ですが、活性型のビタミンDに変化しなければあまり効果がありません。

昔は栄養の摂取のバランスが悪く、ビタミンDは摂取しづらい栄養素でもありました。少ない栄養で効率よく体内で働かせるため、日光を浴びることはとても重要なことだったのです。
しかし近年、幅広い食事から充分な栄養を摂ることができ、粉ミルクなどにおいても非常に栄養バランスのよい製品が増えました。ビタミンDの摂取にも困らなくなったことで、日光を長時間浴びる必要がなくなってきたのです。

日光にまったく浴びないというのも問題がある

赤ちゃんにとって、日光浴よりも外気浴を推奨される時代になりました。紫外線による危険は潜むものの、まったく日光を浴びないというのは逆によくありません。

赤ちゃんは日光を浴びることでよく昼寝をしてくれたり、心身が丈夫になります。
また、外でいろいろなものを見せることで刺激を得ることも、子どもの成長には大切なことです。

外にでるのは子どものためだけではなく、子育てをする保護者にとっても気分転換になる側面があります。外出する時間に制限を設けたり、紫外線対策などをきちんとおこなえば過度に心配することはありません。

たまには子どもと保護者が揃って、外気浴では受けられない刺激を受けに外に出るのもよいのではないでしょうか。

女性に関するお役立ち情報

ピックアップ特集