赤ちゃんの頭にこぶ??変形?頭の病気? 新生児特有の「産瘤」と「頭血腫」の症状と対処法を知ろう!

生まれて間もない赤ちゃんは、日々体が変化していきます。そのしくみがわかっていないと、ちょっとした変化でも親は心配してしまうもの。今回は新生児にみられる「産瘤」と「頭血腫」について解説します。とくに治療はいらないものですが、ほかの病気との違いを知るためにも正しい知識を身につけてください。

はじめに

かわいい赤ちゃんの体に少しでも気になることがあると、ママは心配で仕方がないですよね。

生後1か月までの赤ちゃんには、新生児特有の色々な特徴があります。

今回は新生児ならではの「産瘤(さんりゅう)」と頭血腫(とうけっしゅ)を紹介します。

産瘤(さんりゅう)と頭血腫(とうけっしゅ)とは?

産瘤も頭血腫も、分娩時の圧迫で頭がむくんだり、こぶができる状態をいいます。

image by

photo-ac

赤ちゃんは狭い産道を通るとき、一番大きい頭を先に通過させるため、自分の頭蓋骨を重ね合わせたり、ゆがめたりするため頭が圧迫されます。

赤ちゃんは通常、頭を下にした姿勢で、頭→肩→体→足という順番で産道から外に出てきます。

頭から先に出た際に、外に出ている頭部は圧迫されないため、そこに体液がたまっていきます。

分娩に時間がかかるとむくみが大きくなり、こぶのようなものができることがあります。

症状と治療は?

<産瘤>

産瘤は一時的なむくみによる「こぶ」で、中身はリンパ液などの体液です。

触ると柔らかくブヨブヨした感触があります。

頭から生まれてきた赤ちゃんのほとんどにみられます。

さか子の赤ちゃんの場合は、足から出てくるため、足やお尻にできることもあります。

分娩直後がもっとも大きく、分娩後24時間から36時間で消失します。

病的なものではなく治療の必要はありません。ご安心くださいね。

<頭血腫>

産瘤はむくみであるのに対し、頭血腫は頭蓋骨と骨膜の間の内出血です。

頭血腫も産瘤と同様に、分娩時に頭が産道で圧迫されて頭にできますが、血液が溜まってできるものです。

触るとゴムまりのような感触で、痛みやかゆみはなく、内出血が脳の他部分に広がる事はありません。

頭血腫は頭がデコボコになるため心配しますが、治療の必要はありません。

産瘤と違い、消えるまで生後2~3か月かかることはありますが、血液は吸収され自然に治っていきます。こちらもご安心ください。

頭血腫が大きい場合は、赤血球が壊れるため黄疸が強くなることがあります。

新生児は特有の黄疸がありますが、黄疸が強い場合は、ビリルビン(血液中の赤血球が壊れた時に出る黄色い色素)の検査を行うことがあります。

注意点は?

通常は特別な治療はせず様子を見ます。

針や注射器などを刺して吸引などをすることは、感染症を引き起こす場合があるため原則として行いません。

自己判断で手を施すことはやめましょう。

また頭血腫は消失まで時間がかかることがあります。

コブの回りは感染を防ぐため清潔にしましょう。

image by

photo-ac

おわりに

生後1か月までの新生児には、新生児特有の色々な症状があります。

産まれたばかりの赤ちゃんは、色々な面で心配がつきものですね。

ただし病気として治療が必要なもの、そうでないものなど、少しでも知識として持っておくといいですね。

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA