妊娠検査薬は手軽に自宅で妊娠の有無が判定できるすぐれものです。

ほとんどの製品が99%以上の高い判定精度を示しますが、陽性反応が出ても妊娠していない場合もあるのをご存知でしょうか。

今回は妊娠検査薬のしくみと、陽性反応が出ても妊娠していないケースについて詳しく解説します。

妊娠検査薬が妊娠を判定するメカニズム

妊娠検査薬は検査薬に尿をかけるだけで妊娠してるかどうかがわかる検査キットです。

受精卵が着床して妊娠が成立すると女性の体の中ではさまざまな変化が起こり始めます。そのひとつがhCG(human chorionic gonadotropin:ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の分泌です。

hCGは胎盤のもとになる絨毛から分泌されるホルモンです。妊娠を維持したり、胎盤・胎児の成長を促進する働きがあり、受精卵の着床により初めて体内で作られ、妊娠中分泌を続けます。

hCGは受精卵が着床して2~3日後から分泌され始め、血液に溶け込んで全身に運ばれます。その後生理予定日を過ぎたことから尿となり排出されます。

妊娠検査薬は尿中のhCG量に反応して妊娠の可能性を知らせます。

【hCGのおおよその基準値】

妊娠していない時 0mIU/ml
妊娠4週 50~200mIU/ml
妊娠5週 ~1000mIU/ml
妊娠6週 ~6400mIU/ml
妊娠7週 ~12800mIU/ml

妊娠検査薬のhCG感度について

市販されている一般的な妊娠検査薬は、尿中のhCG数値が50mIU/ml以上になると反応し、判定結果が「陽性」となります。

この数値は、早ければ妊娠4週(生理予定日)に検出されることがありますが、生理周期の乱れなどを考慮に入れて、より正確に妊娠の可能性を調べるために、妊娠検査薬の使用は「生理予定日の約1週間後から」になっています。

決められた方法で検査しないと間違った判定が出ることがあります。検査のタイミングや判定時間など、必ず守ってください。

妊娠検査薬で陽性でも妊娠していないことがある

hCGは妊娠をきっかけに分泌され始めるホルモンですが、まれに正常な妊娠以外にも分泌されることがあります。その場合、妊娠していなくても検査薬では陽性反応が出てしまいます。

とくに生理の予定日すぐの検査では正しい結果が出ないことがあるので注意してください。

妊娠していなくても陽性反応が出るケース

・不妊治療でhCG注射(性腺刺激ホルモン)などを投与している
・子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠
・化学流産、流産、もしくは中絶直後
・閉経期でhCG疑似物質が分泌されている
・卵巣がん、子宮頸がん、胃がん、肺がんなどhCG産生腫瘍
・高度の糖尿、蛋白尿、血尿

いずれも体内でhCGが分泌されている状態なので、妊娠検査薬の反応が間違っているわけではありません。

また、判定が陽性でも正常な妊娠かどうかまではわからないので、妊娠を疑ったらできるだけ早く医師の診断を受けるようにしましょう。

化学流産と陽性反応

化学流産とは、受精卵が着床を続けることができずに排出されてしまうものです。医学的には「流産」にカウントされず、生理の一部として捉えられています。

受精卵がいったん着床するとhCGは分泌されはじめるので、妊娠検査薬では陽性反応が出ます。しかし、超音波で妊娠が確認できる前の極初期に排出されてしまうため、結果的に「妊娠していなかった」となるのです。

妊娠検査薬で反応を調べなければ気づかないことも多く、かつては月経が遅れたと思って過ごす方も多かったようです。

化学流産は、市販の妊娠検査薬がhCGに対して感度が上がったことで新たに生まれた概念でもあります。

妊娠検査薬で陽性反応が出たらまずは病院へ

妊娠検査薬での陽性反応はあくまでも「妊娠の可能性がある」というもので、妊娠が確定したわけではありません。

陽性反応が出たあとで病院で検査を受けたら妊娠していなかったというケースもあります。妊娠検査薬で陽性反応が出たらできるだけ早く病院へ行き医師の診断を受けましょう。