妊娠検査薬で陰性でも生理がこない!妊娠の可能性はある?

妊娠検査薬で陰性だったのに、生理予定日を過ぎても生理がこないと不安になるものです。考えられる原因と理由を詳しく解説します。

妊娠検査薬で陰性だったのに生理予定日を過ぎても生理がこない!

「99%以上の正確さ」と言われている妊娠検査薬で陰性が出たのに、何日も生理が遅れると不安になってしまうものです。

この記事では妊娠検査薬で陰性判定が出ても生理がこない理由、妊娠の可能性を詳しく解説します。

妊娠検査薬の感度

妊娠検査薬は尿に含まれたhCGの数値が50mIU/ml以上になると反応し、陽性になります。つまり、hCGの数値が50mIU/ml以下なら「陰性」というわけです。

通常の妊娠検査薬の使用は「次の生理予定日の1週間後から」と定められており、hCGの数値からより信頼できる結果がえられるようになっています。

決められた方法で正しく妊娠検査薬を使用した場合、判定結果は99%以上の正確さといわれています。

妊娠検査薬で陰性なのに生理がこない理由

検査結果が陰性でも、次のような場合は予定していた生理がこないことがあります。

・妊娠初期で尿中のhCG量が十分でなかった場合
・使用者の思い違いにより生理予定日の日数計算を間違っていた場合
・生理の周期が不規則な場合
・尿の濃度が薄かった場合
・妊娠の経過により尿中のhCG量が多くなりすぎた場合
・異常妊娠(子宮外妊娠など)の場合
・胎児異常(胎児死亡など)の場合

尿中のhCGの量が少な過ぎても、多過ぎても、陰性となる可能性があるのです。

妊娠検査薬で陰性でも生理がこないときの対処法

1回目の検査で陰性となっても3~4日生理がこなかったら、再度検査をするか、病院で診てもらいましょう。

妊娠している場合、hCGの量は日ごとに多くなるので、再度検査すると1回目と異なる結果が出る可能性があります。もともと生理周期が乱れやすい方は検査の正しいタイミングがわかりにくいので、より慎重に検査をしてください。

そのほか婦人科系の疾患など、妊娠以外に生理がこない原因が隠れている場合もあります。不安を抱えたまま放置せず、心配な方は早めに産婦人科を受診してください。

陰性でも妊娠している可能性がある!

妊娠検査薬で陰性なのに、その後妊娠していることがわかった場合は、検査のタイミングが早すぎたことが考えられます。検査薬が間違ってたわけではありません。

「フライング検査」といわれることもありますが、検査薬で定められている時期よりも早く検査をしてしまったり、生理周期がずれているのに気づかずに検査をしたために、検出するのに十分なhCGが尿中に出ておらず、正確な結果が得られなかったものです。

生理周期や排卵日は、ストレスやちょっとした体調の変化で乱れやすいものです。日頃から生理周期が安定しない方は特に注意してください。

妊娠が進んでいる・双子でも陰性になる

妊娠検査薬は、hCGの量がさほど多くない妊娠5週目前後を想定して作られています。このため想定よりもhCGの量が多過ぎると、検査薬が正しく反応する上限を超えてしまい、陰性反応となる場合があります。

生理が遅れていても妊娠に気づかずに過ごしていたり、双子などの場合、hCGが多くなり過ぎて陰性となる可能性があります。

日頃から基礎体温を計る習慣を

妊娠検査薬は妊娠の可能性を自分で手軽に調べられるので、とても便利なものです。しかし、正しい生理周期がわかならければ正確な結果がえられにくいことも理解しておきましょう。

陰性の結果が出てもすぐに鵜呑みにするのではなく、体調に変化がないか、しばらく観察しましょう。また妊娠する・しないにかかわらず、日頃から自分の体の状態を把握しておくためにも基礎体温を計る習慣を身につけましょう。

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA