小児の結膜炎は特に注意!「細菌性・ウイルス性・アレルギー性」結膜炎の原因別症状と対処法、治療法

結膜炎は、大人から子どもまで年齢問わずに発症しやすい病気ですが、特に赤ちゃんは重症化しやすいので注意しましょう。ここでは症状や対処法について解説します。

はじめに

目の病気の中でも「結膜炎(けつまくえん)」は大人から子供までとても患者数の多い病気です。

一般に軽い病気と思われがちですが、特に赤ちゃんは重症化しやすいため、家族みんなで注意が必要です。

タイプも色々あるため、それぞれの原因別の症状と対処法を知っておきましょう。

結膜炎とは?

「結膜」とは、まぶたの裏面と白目の表面を覆っている薄い膜のことで、眼球とまぶたを連結する役割と、眼球を保護する役割をしています。

結膜炎は、結膜にウイルスや細菌が感染し炎症を起こしたものです。

結膜炎は「感染性」と「非感染性」に分かれ、原因によって「細菌性」 「ウイルス性」 「アレルギー性」に分けられます。

初期の症状は、目やに、充血、涙目などの症状が現れます。

赤ちゃんはまだ涙の通り道である「鼻涙管」の働きが未熟なため、涙がたまりやすく細菌が感染しやすい場合があり、「涙嚢炎(るいのうえん)」から発展して結膜炎になる場合もあります。

結膜炎は原因は違っても初期症状はよく似ているため診断が難しく、症状が出た際は、早期の受診が大切です。

以下それぞれの原因別症状と治療法を紹介します。

細菌性結膜炎

原因

クラミジア、淋菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌、ブドウ球菌などの細菌感染によりおこります。

乳幼児は風邪をひいたときに起きる場合があります。

生後6か月まではママの免疫で防御されるためかかりにくく、6か月~2歳までは感染しやすくなります。

特に抵抗力の弱い新生児にはよく見られ、人からうつるのではなく、自分の菌が原因となります。

症状

目の充血と、膿がまじった黄色っぽい目やにが大量に出ます。

両目に感染することがありますが、症状は比較的軽く、短期間で治ります。

ただしひどくなると細菌性角膜潰瘍ができて、激しい眼痛や視力低下を起こすこともあります。

治療法

原因となる細菌を特定する検査をし、抗生物質の入った点眼液で治療します。

ほぼ1週間以内にはよくなります。

長引くときや再発する場合は、「逆さまつ毛(睫毛内反 しょうもうないはん)」の可能性があります。

ウイルス性結膜炎

原因

アデノウイルスが原因の「咽頭結膜熱」や「流行性角結膜炎(はやり目)」、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスが原因の「急性出血性結膜炎(アポロ病)」などがあります。

いずれも感染力が非常に強いウイルスです。

症状

共通する主な症状は、目の異物感、腫れ、流涙、目やに、充血などです。

「咽頭結膜熱」は、結膜炎に高熱・咽頭炎の症状を伴います。

「流行性結膜炎」は、目の充血もひどく、目が開けられないほどの目やにやまぶたが腫れあがるほど激しい症状が出ます。

「急性出血性結膜炎」は、 白目に出血があるのが特徴で、強い充血と目やにが出てきます。

治療法

ウイルス性の場合、有効な治療薬はありません。

抗生物質は効かないため、炎症を抑え、細菌による二次感染を防止するための点眼液を使用します。

発熱やその他の症状にはそれに対する処方がなされます。

完治には数週間ほどかかる場合があります。

ウイルス性結膜炎は学校伝染病に指定されており、医師が周囲への感染力がなくなったと判断するまで登園は禁止されています。

アレルギー性結膜炎

原因

アレルゲン(原因物質)は様々です。

アレルギー体質の子に多く、最近では子供でも花粉が原因と思われるものも増えていますが、家の中にいるダニやほこり、カビ、ペットの毛など、ハウスダストが原因となります。

個人の体質が原因のため、人にうつることはありません。

赤ちゃんの時期にはほとんど見られず、3~4歳になってから多くみられます。

症状

目やには少なめで、目のかゆみと涙が主な症状です。

目にゴロゴロとした異物感や、鼻水が出ることもあります。

悪化するとまぶたが腫れ、結膜にゼリー状の目やにがでてきます。

治療法

かゆみ止めや抗アレルギー作用をもつ点眼液を使用します。

結膜という部分は直接外界に接しているため、非常にアレルギーの症状の出やすい場所です。

赤ちゃんの目の病気は、視力の発達に大きく影響があるため、早期の診断、治療が大切です。

基本はアレルギーのもとになる原因の除去が大切です。

丹念な掃除により、屋内のハウスダストの除去が重要です。

また普段から目に触れるものは清潔にしてあげましょう。

おわりに

結膜炎にはこのように様々なタイプや原因があります。

結膜炎は初期症状では判断しにくいため、症状が出たときは、眼科や小児科を受診して原因を探りましょう。

乳幼児は抵抗力が弱いため眼に炎症を起こしやすく、目の病気は視力などにも影響があるため早期の対処が大切です。

女性に関するお役立ち情報

ピックアップ特集