小児のネフローゼ症候群は原因不明とおわれており、発症すると治療に大変時間がかかる難病の一種です。

ネフローゼ症候群は、腎臓に起こるおしっこに特徴が出やすい病気です。普段から子どものおしっこには気を配ることが、早期発見につながります。

この記事では、ネフローゼ症候群の症状や治療法について解説します。

ネフローゼ症候群とはどんな病気?

ネフローゼ症候群とは、腎臓から大量のタンパク質が尿に漏れ、血液中のタンパク質が少なくなり、全身にむくみがみられる病気です。

腎臓には血液をろ過してきれいにする働きがあり、体内の老廃物は尿と一緒に出ます。

ろ過が行われるのは腎臓の中の「糸球体(しきゅうたい)」という毛細血管のかたまりですが、ネフローゼ症候群は糸球体に障害が起こり、尿に大量のタンパクが出てしまい、血液中のタンパクが足りなくなります。

その結果血液が薄くなり、余分な水分が体にたまってむくみなどが起こります。

小児から高齢者までみられますが、年齢によって原因が異なります。

大人の場合は腎炎などの疾患からも発症します。

小児に多いのは約90%が原因不明の「特発性」のネフローゼ症候群で、男の子が多い傾向にあります。

2歳~6歳によくみられ、1年間に小児約1300人が新規発症として報告され、10万人に5人が発症しています。

ネフローゼ症候群の症状は?

◇尿の量が減る

◇まぶたがはれぼったくなる

◇手足がむくみ、靴がきつくなる

◇顔全体がむくむ

◇男の子は陰嚢に水がたまって膨れることもある

◇おなかや胸に水がたまることもある

◇むくみのため体重が増える

◇顔色が悪くだるい、食欲不振

など、時間が経つにつれて全身にむくみが生じます。

ネフローゼ症候群の治療法は?

入院してステロイド薬の投与や塩分制限などの食事療法を行います。

ステロイド薬は量を調節しながら6か月は継続して行います。

ステロイド薬は投与をやめると再発することから、何年も飲み続けなければならない場合もあります。

ただし副作用として、肥満、高血圧、糖尿病、成長障害、白内障、骨粗鬆症などの副作用がある場合は、免疫抑制剤を投与することが必要になってきます。

入院治療は2か月程すると自宅療養になり、普通に生活できるまでにはなりますが、退院後も医師の指導を守って生活することが大切です。

退院後の注意

小児のネフローゼ症候群は、再発が多いのも特徴です。

むくみがひどい場合は安静にし、食事は塩分を抑えたバランスが取れたものにします。

ステロイド剤の使用は、副作用をおこさないようになるべく控えながら経過を見守ります。

再発することもありますが、多くの場合は思春期、高校生の頃には治っています。

各種予防接種などについては、主治医とよく相談しましょう。

おわりに

小児のネフローゼ症候群は、完治にかなりの時間がかかる場合があります。

腎臓は体の老廃物を外に出すこと以外にも、血圧や体液の調整など大切な働きをしています。

まずはおしっこの出方、子供の顔や手足など、身近なことで変化を感じたら早めに受診することが大切です。