性器がかゆかったり、熱を持っている感じがする、おしっこのときにピリピリ痛い…その症状は「外陰炎」かもしれません。

デリケートな場所のため、人に相談しづらく、診察をためらう人も多くいますが、細菌感染している可能性もあるため注意が必要です。

この記事では、外陰炎の症状や原因、対処法について解説します。

外陰炎の主な症状

女性の外陰部に次のような症状が起こります。

外陰部には、陰核(クリトリス)、大陰唇、小陰唇、膣口などが含まれます。

・赤くなる

・熱を感じる

・強いかゆみ

・かぶれる

・排尿時にしみる

おりものが多い、血が混じる、膣内にかゆみがある、性交時に痛むといった場合は、膣炎を併発している可能性があります。

外陰炎の原因

外陰炎の原因には摩擦や生理用品に含まれる化学的な刺激で起きるケースと炎症が起きやすい状態のところに病原菌が感染して起こるケースがあります。

化学的刺激

・下着や生理用品の摩擦や蒸れ

・生理用品や洗浄剤での化学的刺激

・セックスやマスターベーションでの刺激による傷

・外陰部の洗い過ぎ

・月経血の刺激

病原菌による感染

・細菌やウイルス、カビなどの病原体による感染

・膣炎によるおりものの刺激

膣炎の原因菌には、カンジタ・トリコモナス・大腸菌・ブドウ球菌・淋菌などがあります。

どちらの場合も免疫力が下がっていると炎症が起きやすくなります。特に細菌やウイルスに感染していると治りにくくなるので要注意です。

他にも皮膚が弱い方、アトピー性皮膚炎、糖尿病の方は外陰炎にかかりやすいと言われています。

外陰炎が長引くようなら病院へ

かぶれや軽いかゆみ程度なら、放っておいても数日で自然に治ります。

2~3日しても治らないようなら、婦人科を受診しましょう。

男性医師だと抵抗があると言う人は女性医師がいる病院を選べば安心です。

診察は主に問診と内診、患部の視診、おりものの検査で感染症について調べます。

治療は患部には抗ヒスタミン剤やステロイドホルモンのクリームや軟膏、感染症の場合は抗生物質や膣炎の薬との併用など症状に合わせて処方されます。

自己判断で中止すると再発する可能性があるため、薬を処方されている期間は医師の指示に従い薬を使用しましょう。

外陰炎になった場合のホームケアは?

デリケートゾーンは普段以上に優しく手入れを

お風呂で洗うときはぬるま湯でやさしく洗いましょう。

熱いお湯やボディーソープや石鹸などの洗浄剤で洗い過ぎるとバリア機能が剥がれて逆に炎症を悪化させてしまいます。

洗浄剤に含まれる界面活性剤の洗浄力はとても強いので洗浄剤を使うのは控えるか、よく泡立ててやさしく洗いましょう。

性行為は控えましょう

外陰炎になっている時は皮膚のバリアがもろくなってます。

強い摩擦は症状を悪化させるほか他の性感染症にかかりやすくなりますのでセックスは控えましょう。

外陰炎の予防について

外陰部を清潔に保ち、刺激を与えたり傷をつくらないようにすることが大切です。

下着や生理用品が合わないようなら使用を中止して自分に合うものを探しましょう。

下着は刺激の少ない綿100%のものを着るようにして、タイツやスキニーパンツなどの締め付けの強い服もなるべく避けるようにしてください。

また、抵抗力が弱まっていると発症のリスクが高くなるため注意が必要です。

摩擦による外的要因が原因でも、ウイルスや菌の感染が原因でも、それに負けてしまうくらい体自体が弱っているのかもしれません。

ちゃんと栄養としっかりした休養、ストレスの発散なども予防のうちです。体の中と外から予防していきましょう。

おわりに

外陰炎で病院を受診すると、他の感染症が見つかることもあります。

なかなか治らないなど異変を感じたら、早めに病院で適切な治療を受けて下さい。