乳幼児期は成長と共に足の形も変化していき、「O脚・X脚」は成長過程の生理的な変形としては一般的です。

ただし、中には病気による変形が隠れていることがあり、将来、歩行に影響が出ることもあります。

子どもの「O脚・X脚」の症状や原因、治療法について解説します。

O脚・X脚とは?

O脚・X脚の判断には、両足をそろえて立った時の足の様子を見ます。

O脚(おーきゃく)

両ひざの間にすき間ができる状態がO脚で、内反膝とも呼ばれます。

両方のかかとをつけてもひざが付かず、目安として両ひざの間が大人の指で2本以上空いている状態です。

生理的に、赤ちゃんの多くはO脚で、2歳頃まではO脚であるのは普通といえます。

X脚(えっくすきゃく)

左右のひざがくっついて当たってしまう状態がX脚で、外反膝とも呼ばれます。

ひざは付いていて、目安として左右のくるぶしが大人の指で3本以上空いている状態です。

歩行開始後から徐々にひざが内側を向いていき、3歳から4歳にかけてはにX脚気味になります。

通常6~7歳までは骨が大きく成長していき、まっすぐになってきます。

病気が原因のO脚・X脚は治療が必要

子どものO脚・X脚は基本的に生理的なもので、成長過程で自然と治っていきます。

しかしながら、次のような病気が原因の場合も考えられます。

基本的に生理的な変形の場合、状態は左右対称ですが、病気が原因の場合、左右非対称のことが多くなっています。

ブラウント病(ブラント病)

片足もしくは両足に発症し、O脚状態が治らずにそのまま変形を起こす病気です。

ブラウント病はO脚と混同されがちな病気ですが、膝の内側の骨の成長が阻害され、外側の骨格だけが成長して膝が内側に曲がる状態です。

赤ちゃんを無理に歩かせることが原因と言われています。

2歳を過ぎても「大人の握りこぶし以上の空間」があったり「自分の足に引っかかって転ぶ」などの症状がある場合は機能障害の恐れがあります。

くる病

ビタミンD、カルシウム、リンの栄養不足により、骨格の変形や歯のエナメル質の形成不全がみられる病気です。

足が曲がって成長し、重度のO脚やX脚、低身長、虫歯になりやすいなどの症状があります。

原因として、日光浴の不足や食事の偏りなどがあげられます。

くる病は食糧事情が悪い国での発症が多く、日本では戦後の一時期に見られ過去の病気と思われていましたが、近年になって増えてきているといわれます。

ビタミンDを含む食品を摂取することで予防できます。

その他の原因

ほかに、先天的な骨系統の疾患や、膝の外傷が原因である場合があります。

O脚・X脚の治療について

生理的なO脚・X脚は通常痛みもなく、歩行などにも特に問題はありません。

また、自然に改善するために、治療の必要もありません。

ただし、病気による場合や、転びやすいなど歩行に影響が出る場合などは、治療が必要となります。

診断はいずれもレントゲンを取って検査します。

治療法としては、装具療法や手術による矯正があり、栄養管理なども必要になります。

極端なO脚・X脚の場合には、手術という方法もとられます。

子どものO脚・X脚が気になった場合は、治療が必要なものか、そうでないものか、まずは医師に相談しましょう。

まとめ

個人差はありますが、ひとつの目安として、生まれたときはO脚、3~4歳頃にいったんX脚気味になり、6~7歳位にはまっすぐな脚になります。

極端な変形や左右非対称な場合など、子どものO脚・X脚の状態が気になる場合は、整形外科を受診しましょう。