赤ちゃんは病院に行く機会が多いものです。

急な感染症や、ママからの免疫が切れたころに起こる色々な病気など、病院は避けては通れないかもしれません。

そんな時、スムーズに受診し、正しい診断を受けるためには、ママが持っている情報は大切な手掛かりになります。

普段から、病院に持っていくものや、受診の時に伝える注意点などをまとめました。

参考にしてみてください。

急な受診時に慌てないために

急な受診が必要な時、慌てないために、上手な受診のコツを知っておくこと良いでしょう。

受診の際に持って行くもの

  • 健康保険証
  • 母子健康手帳
  • お薬手帳
  • 他の病院でもらっている薬
  • 便や吐いたもの
  • 症状についてのメモ(写真や画像があれば尚良い)
  • タオル、オムツ、着替え
  • お金
  • 音の出ないおもちゃや絵本

その他、「乳幼児医療証(乳幼児医療費助成制度・マル乳医療証)」

「乳幼児の医療費助成制度」というものがあり、医療費の自己負担分の一部または全額を自治体がサポートしてくれる制度です。

病院の窓口で健康保険証と乳幼児医療証を提示するとその場で助成されます。

受けられる年齢や内容は各都道府県によって異なります。お住いの自治体に確認しましょう。

受診時に必要な情報はメモを取っておきましょう

赤ちゃんや子どもは自分の状態を言葉でうまく説明できません。

以下のことは正しい診断の手掛かりになるので受診前に確認しておくと安心です。

  • 一番気になる症状
  • 何月、何日、何時ごろから始まったか
  • どんな時に症状が強くなるか
  • 他の症状の有無
  • 機嫌、食欲、尿、うんちの状態
  • 家ではどんなケアをしたのか
  • 他にかかっている病気や服用中の薬はあるか
  • 薬や食べ物のアレルギー、家族や本人の既往症
  • 薬は粉など飲ませにくい形などはあるか

このような受診時に必要な情報は、あらかじめメモなどを取り、落ち着いて明確に伝えましょう。

診察が済んだら聞いておくこと

●家ではどのようにケアすればいいか

●注意しなければいけない症状は何か

●万一容体が悪くなった時の対処法

●次はいつ受診すればいいか

再受診の際に伝えること

●症状は変化したか、どのように変化したか

●処方された薬は指示通りに使用したか

受診から診断、その後の再受診まで、子どもや赤ちゃんの状態を一番よく知っているのはママです。

また、今後の対応のためにも、医師に正しい情報を提供しましょう。

日頃から備えておくこと

■元気な時の子どもの様子を知っておく

平熱、顔色、機嫌、食欲、尿、便の様子など、日頃からメモするなどして覚えておきましょう。

■緊急時の受診先を調べておく

急を要するほど具合が悪い時の為に、24時間態勢の医療機関を調べておきましょう。

年末年始や夜間、休日など通常の診療時間外には「休日当番医」の情報が自治体から出ている筈です。

■「小児救急電話相談(♯8000)」の利用

小児救急電話相談(♯8000)は、救急車を呼ぶかどうか迷ったり、判断に迷った時に、小児科医師、看護師への電話による相談ができるものです。

全国同一の短縮番号#8000をプッシュすると、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送されます。

詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。

厚生労働省 小児救急電話相談

このような「上手な受診のコツ」を知っておくとよいですね。