肺炎はウイルスや細菌が肺や肺胞という深い部分にまで炎症が起きた状態です、

風邪をこじらせることで喉の炎症から始まり、それが気管支の炎症、さらに肺に炎症を及ぼしていきます。

高齢者の肺炎による死亡率は非常に高いと言われていますが、乳幼児にとっても大変危険な病気です。

肺炎の種類は病原体によっていくつかあります。

特に乳幼児がかかりやすい肺炎は、ウイルス性細菌性マイコプラズマ(ウイルスと細菌の間)肺炎があります。

ウイルス性肺炎

原因ウイルスは

・RSウイルス

・インフルエンザウイルス

・アデノウイルス

・麻疹ウイルス

・水痘ウイルス

などで起こります。

ウイルス性肺炎の症状は、大人は風邪で済んでも、抵抗力が弱い子どもは肺炎を起こしやすいと考えられます。

ウイルス性肺炎の症状

  • 37~39度の発熱・咳・鼻水など風邪症状から始まる
  • 熱が下がっても、たんが絡んだ咳が長引く
  • 倦怠感、頭痛、嘔吐と伴うこともある
  • 初期は比較的元気で食欲もある場合がある
  • 激しい咳がでるのは病気の後半が多い
  • はしかなどからの合併症は重症化しやすい

ウイルス性肺炎の治療法

インフルエンザウイルスの場合はインフルエンザ治療薬を使いますが、他の多くのウイルスは効果がみられる抗ウイルス薬はありません。

二次感染として細菌感染を予防するために、抗生物質が投与される場合がありますが、基本的な治療法は対症療法です。

細菌性肺炎

原因菌は、インフルエンザ菌b型、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などで起こります。

肺炎の中でも最も症状が重く、1歳以下の赤ちゃんは重症化しやすくなります。

細菌性肺炎の症状

  • いきなり40度前後の高熱と激しい咳が続く
  • 食欲不振、脱水症状
  • 血痰を吐くことがある
  • 陥没呼吸(呼吸のたびに胸がへこむ)
  • チアノーゼや呼吸困難
  • 意識障害が起こることもある

細菌性肺炎の治療法

ほとんどが入院して、原因となっている細菌に有効な抗生物質で治療します。

症状によっては、酸素吸入や点滴による水分や栄養補給を行います。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ・ニューモニアという細菌より小さく、ウイルスより大きい病原体が気管支と肺胞に感染します。

赤ちゃんには少なく、1歳~9歳の小児が全体の7〜8割を占めていますが、大人の感染も増えています。

免疫が出来ないため、何度もかかります。

咽頭炎や急性中耳炎、まれに髄膜炎の原因となることもあります。

マイコプラズマ肺炎の症状

  • 熱は出るが微熱で治まるケースが多い
  • のどの痛みや鼻水などはあまりない
  • 夜中や明け方に激しく咳き込む
  • しつこい咳が長引き3~4週間程度続く

マイコプラズマ肺炎の治療法

抗菌薬による治療と、発熱や咳の症状を抑えるための対症療法を行います。

発熱などで脱水が見られる場合には点滴で水分補給を行います。

風邪とインフルエンザと肺炎の見分け方を知ろう

肺炎の初期は、ウイルスによる風邪と間違いやすいことが多いのですが、原因となるウイルスの寿命がそれぞれ異なります。

■一般的な風邪:通常3日程度

■インフルエンザウイルス:5日程度

■肺炎の疑い:5日以上咳や痰、発熱が続く

肺炎の診断は胸部X線で検査します。

原因特定のための細菌検査なども行います。

生後2か月からワクチン接種を!

単なる風邪だと思って受診したら、肺炎だったというケースは数多くあるようです。

咳や痰、発熱だけでは、かぜ、気管支炎、肺炎のいずれであるかは区別できませんが、肺炎まで悪化させないことが大切です。

そのためには、生後2か月から「肺炎球菌ワクチン」と「HIBワクチン」接種をしておきましょう。

肺炎球菌は、肺炎以外にも、中耳炎や細菌性髄膜炎なども引き起こし、重い後遺症を残す怖い細菌です。

乳幼児の場合、必要なワクチン接種が多数ありますが、いずれも重症化や死亡などを防ぐために大切です。

ワクチン接種については、各自治体で予防接種のスケジュールを確認しましょう。