冬の乾燥が原因であせもになることも

“あせも”は夏に多い皮膚トラブルと思いがちですが、冬でも汗を大量にかいて放置すれば勿論あせもになってしまいます。

さらに冬は肌が乾燥しやすい時期です。肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下して、あせも等の炎症を起こしやすくなります。

冬のあせもを防ぐためには毎日の乾燥ケアが重要となります。

乾燥ケアは赤ちゃんも大人も大事!

あせも予防のために、皮膚上の余分な水分を拭き取ることは重要ですが、反対に乾燥状態にあると肌のバリア機能が低下し、炎症を起こしやすくなってしまいます。お風呂やシャワーからあがったら、ローションやクリームで肌を保湿するようにしましょう。

また、赤ちゃんの場合は生後2〜3ヶ月は乾燥しやすい時期となります。さらに赤ちゃんのうちから保湿をしておくことによって、アトピー予防にもなりますので、特に冬場は毎日保湿をしてあげてください。

成分が気になる方は赤ちゃん用のローションやクリームを使用しましょう。

ミルふわ ベビーミルキーローション ポンプタイプ 300ml

赤ちゃんの冬のあせも対策

生まれた時から大人と同じ数の汗腺がありますが、体表面積が小さいため、面積あたりの発汗量が多くなります。さらに、赤ちゃんは新陳代謝が活発で体温が高いため、大人の2~3倍の汗をかくと言われています。

赤ちゃんの冬のあせもは厚着が原因?

近年は暖房器具が充実している上に、気密性の高い住宅も増えているため室温は常に高めです。そんな中、寒いだろうと赤ちゃんに厚着をさせ、室内でも靴下をはかせているケースが多く見られます。

赤ちゃんは自分で暑いとは言えないため、気づいたら汗が溜まって冬でもあせもになることがあります。

冬であっても、赤ちゃんの顔が真っ赤になっていないか、肌着が汗でビショビショになっていないか、こまめにチェックしましょう。

特に赤ちゃんは以下の部位にあせもができやすいです。注意しましょう。

  • 頭、あでこ、鼻
  • 首のまわり
  • わきの下、胸
  • 背中
  • 手足のくびれ
  • オムツの当たるところ

肌着は通気性の良いものを

汗を沢山かく赤ちゃんの肌着は、吸収性や通気性の良い木綿や麻の素材がおすすめです。

DWSIOOW 5重ガーゼ汗取りパッド ベビー 赤ちゃん 背中 インナー あせも対策 ガーゼ パイル かわいい 無添加素材 プレゼント 自分用 出産お祝い 6枚セット (Fセット)

タオル素材などは確かに保湿性が高いため暖かいですが、汗が外に放出されにくいため、あせもの原因となってしまいます。また、かいた汗に気付かず放置をしてしまうと、汗が引くときに体温が一気に下がり、風邪をひく原因になる危険性もあります。

保湿性を優先して肌着の素材を選ぶのであれば、よりこまめに赤ちゃんの肌の状態をチェックするようにしてください。

あせもの予防・対策方法に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。ご覧ください。

大人の冬のあせも対策

“あせも”というと、小さいお子さんや赤ちゃんがなるイメージが強いですが、大人も汗を大量にかけばあせもになる危険性があります。大人も赤ちゃんと同様に、かいた汗を放置しないことが重要です。

汗拭きシートでこまめに汗を拭く

冬のあせもの場合、屋外で汗をかくというよりは、暖房の効いた室内で汗をかいたり、運動をして大量の汗をかくことが原因になる場合が多いです。

すぐにシャワーを浴びて汗を拭きとれない状況の時は、汗拭きシートで素早く汗を拭き取るようにしましょう。

ユースキン 薬用スキンケアシート あせもシート 10枚 (汗あれ 全身用シート 制汗)

通気性の良い服を着る

大人のあせもは、衣服や肌着が密着して汗が溜まりやすい脇や胸の下、おしり、背中にできることが多いです。肌着の通気性が悪いとあせもができやすくなってしまうため、綿や麻などの吸水性・通気性の良い素材がおすすめです。

キュライン Uネック 脇汗Tシャツ わき汗パッド付き メンズ消臭 インナー 抗菌防臭 (L, ブラック(黒))

また、女性の場合はブラジャーのワイヤー部分に汗がたまり、あせもができてしまうケースが多いです。胸周りのあせもに悩んでいる女性は、ノンワイヤーのスポーツブラジャーがおすすめです。

スポーツブラ スポーツブラジャー フィットネスブラ レディース ランニング 揺れない 速乾 運動用 ヨガ スポブラ Yバックスタイル

もし今着用しているブラジャーをそのまま使用したい場合は、ブラジャーのワイヤー部分に汗取りパッドを装着しても良いでしょう。

ワイヤー部分のクッションにも! Ag+汗とりブラパットMB(モカベージュ)7P

アルコールの多量摂取は避ける

アルコールの中にはアセトアルデヒドという有害物質が含まれているため、お酒を大量に摂取すると汗をかいて有害物質を体外へ排出しようとします。お酒を大量に飲んだ日に寝汗をかきやすいのはそのためです。

適量であれば問題ありませんが、大量にアルコールを摂取すると寝汗を沢山かいてあせもの原因となりますので避けましょう。

冬のあせもも薬で治す

冬にあせもができてしまった場合、夏と同様に基本的には薬で治療をします。症状がある程度軽症であれば、あせもは市販薬での対処が可能です。

あせもの市販薬については以下の記事で詳しく解説しています。ご覧ください。

膿が出ている場合は病院へ

あせもから膿が出ている場合は、症状が進行して“とびひ”に悪化している危険性があります。

症状によって適切な薬を選択する必要があるため、膿が出るほど悪化している場合は、病院で医師の診察を受けましょう。

あせもの処方薬に関しては以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。