赤ちゃんや子どもの難聴は、気が付かずにいると、言葉の発達に大きな影響を与えてしまいます。

相手の声が聞き取れないと言葉を習得できず、また自分が発する声が聞き取れないため発音が不明瞭になります。

聞こえないまま3歳位になると、言葉の習得が困難になります。

そのため、難聴で最も大切なのは、早期に発見して、早期に治療を開始することです。

難聴についての原因、チェック方法、治療法を知っておきましょう。

難聴には3つのタイプがあります

伝音声難聴(でんおんせいなんちょう)

音を伝える器官に障害がある難聴です。

外耳や内耳の機能に何らかのトラブルが生じて起こります。

原因は、鼓膜の傷や中耳に水が溜まって起きる「滲出性中耳炎」などの場合が多く、通常一時的なものがほとんどです。

症状としては、多くは音のボリュームを大きくすれば聞こえます。

原因である耳の病気を治療することでほとんど治ります。

感音性難聴(かんおんせいなんちょう)

聴覚神経に障害がある難聴です。

内耳に伝わった音を大脳へ伝える経路に障害があることで生じます。

​新生児の難聴の多くは感音性難聴で、出生時の頭部の外傷、妊娠中のウイルス感染(風疹やヘルペス・トキマプラズマなどの感染症)、遺伝的な要因などがあげられます。

また生後に「髄膜炎や麻疹、水痘、おたふくかぜなどの後遺症」が原因の場合もあります。

症状としては、音のボリュームを大きくしてもちゃんと聞こえません。

重度の場合は完全に治すことは難しく、一生続くことがあります。

混合性難聴(こんごうせいなんちょう)

「伝音性」と「感音性」二つの種類の症状が同時に出る難聴です。

感音性難聴がある場合、中耳炎などある時には伝音性難聴も起こります。

器官に障害がある伝音性難聴の治療が遅れることで、聴覚神経に障害が出る感音性難聴に発展することがあります。

こちらも注意が必要です。

難聴の発見方法

難聴の検査について

赤ちゃんの場合、聞こえているかいないかを伝えられないため、見極めが難しく、見過ごしてしまいがちです。

そこで、気になる場合は、かかりつけ医や専門機関で検査を受けてください。

また各月齢の「乳幼児健診」では聴力検査が行われていて、早期発見の機会が整っています。

赤ちゃんの場合、検査方法として、聴性脳幹反応検査(ABR)がよく行われます。

ヘッドホンから音の刺激を与え、脳波の変化によって聴こえているかどうかを判定するものです。

この方法は、低月齢の赤ちゃんでも耳の聞こえを調べることができます。

難聴の兆しは?

◇大きな音がしても反応しない

◇名前を呼んでも振り向かない

◇言葉が遅い

◇何度も聞き返す

◇テレビのボリュームを大きくしたり異常にテレビに近づく

などがあげられます。

片方だけの難聴と両方が難聴の場合があり、片方だけの場合は気が付きにくく、健診などで発見されることが多くあります。

普段の生活でチェックする方法は?

次のような反応が簡単な目安となります。普段からチェックしてみましょう。

◼︎3か月頃…大きな音に驚く、音がするほうを向く、あやすと笑う。

◼︎6か月頃…おもちゃの音に喜ぶ、ママやパパなど良く知っている人の声が分かる、声を出して笑う。

◼︎9か月頃…名前を呼ぶと振り向く、おもちゃやテレビなどに向かって声を出す、「ダメ」などの声に手を引っ込めたりする。

◼︎12か月頃…意味のある単語ではないが盛んにおしゃべりをする、「おいで」「ちょうだい」などの言葉を理解する、「バイバイ」などに反応する。

◼︎1歳6か月頃…意味のある単語をいくつか言える、絵本を読んでもらいたがる、簡単な言いつけが分かる。

難聴の治療法は?

伝音性難聴の場合

中耳炎など原因となる病気を、薬などの処置で治療します。

感音性難聴の場合

薬による治療、補聴器や人工内耳を装着する方法で聴覚をサポートします。

治療は遅くとも2歳までには治療と訓練を開始することで、言語を習得することが可能になります。

おわりに

赤ちゃんや子どもが難聴かどうかは、普段の様子を観察することが大切ですが、なかなか気が付きにくいことが多くあります。

定期的に乳幼児健診を受けたり、気になったらすぐにかかりつけ医に相談するなどして、早期に発見することが最も重要です。