生理痛が起こった時にどのように対処していますか?

痛みの原因となる物質にプロスタグランジンがあります。

多くの鎮痛薬はプロスタグランジン生成にかかわる酵素をブロックして、痛みを抑える作用があります。

プロスタグランジンは体が冷えたり、血行不良になると骨盤内で滞ってしまうため痛みが強くでます。そのため、生理痛を緩和するには血行を整えることが大切になってきます。

生理痛のメカニズムと原因を知ろう!

子宮の内部には子宮内膜があり、妊娠しなかった場合、それがはがされて血液と一緒に体の外に排出されます。

これが生理と呼ばれており、おおよそ28日周期で繰り返されます。

生理中にに感じる下腹部や腰などの痛みを「生理痛」といいます。生理痛がでる原因にはいくつかが考えられます。

プロスタグランジンの過剰分泌

生理の際に、不要になった粘膜を排出するために、子宮内膜からプロスタグランジンという物質が分泌されます。

プロスタグランジンの分泌量が多いと、子宮が収縮しすぎて、下腹部の痛み、腰の痛みなどの生理痛の要因となります。

子宮口が狭い

若い女性や出産経験がない人は子宮口が狭いため、血液をスムーズに排出することができません。そのため、子宮を収縮させて血液を排出しようとするため生理痛が起こります。

子宮が成熟したり、出産を経験すれば生理痛が軽減していきます。

血行不良

体が冷えると、血液の循環が悪くなり、痛みを起こすプロスタグランジンが骨盤内に滞り痛みが強くなります。

生理中は体温が低くなり、プロスタグランジンによって血管の収縮が起こり、血行が悪くなります。

下腹部を冷やさないように、ブランケットをかけたり、カイロを使って温めるようにすると痛みは軽減されます。

精神的・身体的ストレス

ストレスによってホルモンや自律神経のバランスが崩れ、血液の循環が悪くなって、骨盤にプロスタグランジンが滞ることによって、血管の収縮を強め痛み起こします。

また体温調節の機能なども低下させるので、冷えが起こりやすくなります。

生理中は、過度なストレスがかからないように、できるだけゆったり過ごすとよいでしょう。

病気による痛み

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気のために生理痛が起きているおそれもあります。

子宮に関する病気は、自覚症状がないまま発症し症状が進行していくため、いつもより生理痛がひどいようでしたら、病気の可能性も考えられます。

体のサインをキャッチして、ご心配なようでしたら婦人科に相談してください。

生理痛を解消する方法

生理痛の予防もまた血流を滞らせないために体を冷やさないことが大切です。

血行不良になるとプロスタグランジンが骨盤内に滞り、生理痛を悪化させてしまいます。

特に生理予定日の1週間くらい前から集中的に体をあたためるようにすると生理痛の緩和に効果的です。

腹巻を巻いたり、冷たい飲み物や食べ物やカフェインを控える、散歩やストレッチをして血の巡りを良くするなど。

そして、生理中は無理せずに体を休めるように心がけてください。

新セデス錠はどんなお薬?

痛みが治まらないなら無理をしないで鎮痛薬を使いましょう。

新セデス錠はエテンザミドとアセトアミノフェン、これに無水カフェインをプラス配合しています。

この処方をACE処方と呼び、新セデス錠をはじめ多くの市販薬でも使われる処方です。

即効性が高くそれぞれの成分の相乗効果で高い効き目が期待できます。

エテンザミドとアセトアミノフェンが痛みの原因とされているプロスタグランジンの生成を抑えて痛みを緩和してくれます。

そして無水カフェインとリルイソプロピルアセチル尿素が痛みに伴う不安や緊張を鎮めて痛みが緩和する手助けをします。

無水カフェインには脳血管を収縮する作用があるので血管が拡張して痛みを伴う片頭痛にも効果があります。

エテンザミドにはアスピリンと似たような性質がありますが、

このACE処方はアスピリンより胃腸への負担が少なくなっています。

新セデス錠の特徴

・AEC処方の鎮痛薬
・胃腸に負担が少ない
・7歳の小児から使える

新セデス錠の効果効能

・頭痛、歯痛、月経痛、神経痛、腰痛、外傷痛、抜歯後の疼痛、咽頭痛、耳痛、関節痛、筋肉痛、肩こり痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛の鎮痛、おかん、発熱時の解熱

用法・用量

次の量をなるべく空腹時を避けて、水またはぬるま湯で服用してください。

また服用間隔は4時間以上空けてください。

≪用法・用量≫

成人(15才以上):1回2錠/3回を限度とする。
小児(7才~15才):1回1錠/3回を限度とする。
7才未満:服用しないこと

新セデス錠の副作用

・皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
・消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
・精神神経系:めまい
・その他:過度の体温低下

まれに起こる重篤な症状について

アナフィラキシーショック:服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる。

スティーブンス・ジョンソン症候群:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がないなどが持続したり急激に悪化する。

肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。

腎障害:発熱、かゆみ、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛、下痢等があらわれる。

間質性肺炎:階段を上がったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱などがみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。

ぜんそく:息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しい等があらわれる。

おわりに

違和感や副作用を感じたら直ちに服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。

症状の悪化がみられたら医師の診療を受けてくださいね。

生理痛は血流と合わせて自律神経系も大きく影響します。

不規則な生活が続いている人は生活習慣をあらためるなど、お薬を飲む以外にもできることはあります。

もし、強い生理痛が続くようならすぐに医師の診療を受けてくださいね。