はじめに

理想のライフスタイルを描く上でも、「避妊」は男女問わず現代社会ではとても身近なテーマの一つですね。

特に避妊薬としてメジャーな「低用量ピル」は正しい使い方をすればほぼ100%避妊することができ、妊娠したくなったら服用をやめれば妊娠できるようになり、月経のサイクルなどを安定化することもでき、現在社会のライフスタイルにもよく合った避妊方法ということで人気です。

低用量ピルは使用を開始したらある程度の期間、毎日使うことになりますので、安全に毎日使い続けるためにも定期的な検査などをしっかりと行っていきましょう。

低用量ピルを使用開始したら気をつけるべきこと

低用量ピルを使用開始したら、次のようなカラダのメンテナンスを行っていきましょう。

・定期的な健診を受けましょう。

・特に18歳以上またはパートナーのいる方は定期的に乳がん・子宮頸ガン検診を受けましょう。

・健診は最低1年に1回以上は行いましょう。健診は婦人科・レディースクリニックで相談すると良いでしょう。

・病院によっては、上記以外に、必要に応じて内診、乳房検診、検尿、血液検査、肝機能検査、性感染症検査などを行うところもあります。

・ピルでは性病予防はできません。性感染症予防にはコンドームを使用しましょう。

・ピルは正しく服用すればほぼ100%避妊できますが効果は目に見えず実感もできません。効果に不安を感じる人や不安な日はコンドームなどを併用すると良いでしょう。

低用量ピルの正しい使い方について

ピルは正しい使い方をすれば、ほぼ100%避妊できます。

低用量ピルの正しい使い方については、以下の関連記事で詳しく解説していますので、ごらんください。

おわりに

低用量ピルは現代のライフスタイルにあった薬です。

ただし、使用開始後は体のメンテナンスが必要ですので、婦人科やレディースクリニックも活用し、安心した毎日を過ごしてくださいね。