低用量ピルを飲む際には、色々と気を付けるべきことがあります。例えば、28日周期のピルの場合、21日間毎日決まった時間に飲み続け、さらに7日間休むという飲み方をしなくてはなりません。

この一定のルールを守って飲む必要がある中で、どうしても都合があって守れないこともあるでしょう。例えば、飲み忘れです。

しかし、飲み忘れてしまうと、避妊効果が維持できなくなってしまうので、十分な注意が必要です。とはいえ、その飲み忘れに気付いたタイミングによっては、避妊効果を維持できることもあります。

そこで、この記事ではピルの飲み忘れの対処法をご紹介します。

低用量ピルの飲み忘れは24時間以内ならセーフ

「ピルを飲み忘れてしまった!」と気付いたら、その気付いた瞬間、時間を確認しましょう。

もしピルをいつも飲んでいる定時から、24時間以内であれば、その気付いた時点でできる限り早めに飲み忘れた1錠分を飲みます。

もしちょうど24時間後に飲み忘れに気付いたのであれば、2錠分飲めば大丈夫です。

「一日に2錠も飲んで大丈夫?」と思われるかもしれませんが、重大な副作用が起きたという報告はないといわれています。

また、24時間遅れてしまったとしても、避妊効果は維持できるといわれています。

しかし、万が一のことがあるので、確かめたい場合には、婦人科を受診しましょう。

低用量ピルを飲み忘れて24時間を超えてしまった時の対応方法

もし飲み忘れに気付いたのが24時間を超えてしまった場合はどうすればいいのでしょうか? この場合、ピルを何のために飲んでいるかによって対応が変わってきます。

日本産科婦人科学会による「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」では、2日以上連続して飲み忘れた場合、飲んでいたシートにピルが残っていたとしても捨て、次の月経から新しいシートで飲み始めるように定められています。

もちろん、新しいシートを飲み始めるまでは、コンドームなどピル以外の避妊は必要です。

しかし、シートのうち、何週目に飲み忘れたかによって、対処方法が変わってきます。

例えば、シートの1週目に飲み忘れてしまい、他の避妊を行わずに性交があった場合は、緊急避妊法を行うべきとされています。

また、シートの3週目に飲み忘れた場合、実薬は最後まで飲み終えるように定められています。

それ以外の場合には、できるだけ早く1錠を飲んで、通常通り今のシートで服薬を続けていけばいいとされています。

おわりに

飲み忘れたときには、自己判断せず、必ず医師の指導の下で再開するようにしましょう。また、飲み忘れたことに気づいたら、万が一のことを考えて、コンドームなどピル以外の避妊方法を併用することをおすすめします。