産後の体力低下の原因や薬など悩みをセルフチェック

2018年08月18日

産後の体力低下の原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

産後の体力低下の原因

産後は体の中で様々な変化が起こり、外部から受ける影響も加わって、とても疲れやすく、体力の低下を感じます。

ホルモンバランスの乱れ

出産後は、これまで赤ちゃんを保護するために体内で分泌されていたホルモンが急激に減少します。

ホルモンバランスが急に変化したことで、自律神経が乱れ、体の様々なところに不調が現れます。そのため、常に疲れやすい状況が続いてしまうのです。

授乳などによる鉄分不足

母乳は血液から作られるため、産後は鉄分が不足します。

また、出産時の出血や産後に血液や分泌物が排出される悪露(おろ)などもあり、貧血症状が出やすくなります。

睡眠不足

夜間の授乳などにより慢性的な睡眠不足が続くため、体力が低下につながります。

産後の体力低下の対処法

産後の体力を回復させるためには、睡眠をしっかりとることが重要です。しかし、産後は赤ちゃんのリズムに合わせた生活になるため、ゆっくりと睡眠時間を確保することが難しくなります。細切れで良いので、昼間でも疲れたら横になるようにしましょう。

ほかには栄養価の高いものや鉄分を意識的に摂取しましょう。

薬を使用する

産後で用いられる漢方薬は、冷えやストレスを緩和させるものを選び、血の巡りを良くすることが大切です。

芎帰調血飲は、産後の神経症、体力低下、月経不順などの治療に用いられます。血行を促し体を温め、元気を取り戻すのを助けます。ホルモンバランスも整える効果も期待されています。

鉄分の不足による貧血の場合には鉄剤を使用することがあります。

産後の体力低下に使われるお薬の総合情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

産後の体力低下に使われるお薬をブランド名から探す