生理痛は個人差が大きいため、ほとんど痛みを感じない方もいる一方で、ひどい腹痛、頭痛、吐き気など重い症状に悩む方も多くいます。

生理痛は生理が終わるまでの我慢、と考えがちになってしまうかもしれませんが、日常生活に支障をきたすほどの生理痛の場合、生理以外の病気が痛み原因のおそれもあります。

この記事ではひどい生理痛の原因や、生理痛に潜む病気を解説します。

ひどい生理痛はどの程度?

生理痛には個人差がありますが、生活環境の変化やストレスなど、そのときのホルモンの状態によって痛みや症状の程度は変わってきます。月によって生理痛に違いがあることもあります。

常に鎮痛剤が必要であったり、学校や仕事など外出できないなど日常生活に支障をきたす状態は月経困難症であると判断され、一般的に生理痛がひどい状態といえる目安となります。

生理痛が起こるメカニズム

月に一度、子宮の中では受精卵が着床するのに備えて子宮内膜が増殖します。しかし、受精卵が着床せずに終わると、子宮内膜が不要になるためはがれ落ち、血液と一緒に体外に排出されます。これが生理です。

不要な子宮内膜を血液と一緒に体外へ排出するため、子宮は大きくなったり小さくなったりする動きを交互に繰り返します。この収縮をおこしているのがプロスタグランジンという物質です。

プロスタグランジンがおこす子宮の収縮が生理痛の原因となります。

ひどい生理痛の原因

ひどい生理痛である月経困難症には、子宮が原因ではない「機能性月経困難症」と、子宮の病気が原因となる「器質性月経困難症」があります。

機能性月経困難症は子宮を収縮させ痛みを生み出すプロスタグランジンの分泌量が多いことが原因のひとつとなります。子宮の病気はないけれど生理痛がひどい状態です。生理中に下腹部の痛み、腰痛や頭痛、肩こり、むくみ、吐き気、眠気、イライラ、憂鬱感など、体だけではなく心にも症状がみられます。

子宮の病気が生理痛に影響していない機能性月経困難症では、市販の薬で痛みをおさえることも対処法のひとつとなります。

救急車を呼ぶか迷ったら「#7119」

生理痛のひどい症状では、歩くのも困難であったり起き上がれない場合や、自力で病院に行くことも困難な場合があります。

かといって、救急車を呼ぶほどの症状なのかを自分で判断することもできないという場合に、的確なアドバイスをくれる機関として24時間365日対応の「救急相談センター」があります。

「#7119」に電話をかけ自身の症状を説明すると、救急相談センターに繋がり、緊急性や受診の必要性に関して現役の看護師からアドバイスをしてもらえます。すぐに医療機関を受診するべきだと判断された場合は、救急車の手配や医療機関の紹介などをサポートしてくれます。

対応地域以外は消防本部に

2017年4月の時点で、救急相談センターのサービスは東京都・大阪府・福岡県・奈良県・神奈川県横浜市・北海道札幌市(周辺も一部含む)・和歌山県田辺市(周辺も一部含む)のみで実施されています。

それ以外の地域では、各地域の消防本部に電話することで救急相談センターと同じようなアドバイスをもらうことができます。

24時間対応ではない地域も多いため注意してください。

婦人科・産婦人科での検査

月経困難症は早期の発見、治療がとても重要になります。そのため月経困難症の症状に該当するようなひどい生理痛の場合、婦人科や専門の病院を受診することをおすすめします。

診察は一般的に問診・触診・内診の流れです。診察の結果により検査が行われます。

問診

生理周期、生理の日数、最終の生理日、初経の年齢、性体験の有無など、生理にまつわるさまざまな質問をされます。

中には答えにくい質問もあるかもしれませんが、この問診が診断には重要になります。自分の状況をある程度まとめて把握しておくと、問診もスムーズに進みやすいです。

触診と内診

まずは触診として医師が腹部を触ってしこりがないか確かめます。

内診は医師が手袋をつけて膣内に指を入れて診察します。圧迫による痛みがないか、子宮や卵巣の様子をなどを確認します。

内診台にのって診察をしますが、ゆったりしたスカートなら着替えをすることなくそのまま内診台にあがることも可能です。病院により違いがあるので、気になる方は事前に問い合わせてみましょう。

検査

診察の結果や症状によって検査をおこないます。尿検査や血液検査、超音波検査など、いくつかの検査を組み合わせて総合的に調べることにより、生理痛に隠された病気を探ります。

原因になっている病気によって治療方法は異なります。入院や手術が必要なものもあれば、薬による治療の場合もあります。

生理痛で疑われる子宮の病気

2種類ある生理痛の種類のうち、子宮の病気が原因となる生理痛や頭痛を「器質性月経困難症(きしつせいげっけいこんなんしょう)」といいます。

生理痛がひどい場合は次のような病気が疑われるため、早めに婦人科・産婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、本来子宮の内側をおおっている内膜が、卵巣や骨盤など子宮以外の臓器に発生して増殖する病気です。

症状の特徴としてはひどい生理痛を筆頭に、生理期間以外の下腹部痛、腰痛、排便痛、性交痛、疲労感や消耗間などさまざまな不調症状が現れます。

生理を繰り返すことで進行する子宮内膜症は、回数を重ねるほど症状も重くなるため、20代後半から40代前半に多くみられます。

しかし最近では10代を含め若い女性でも発症する人が増えてきています。放っておくと不妊症や卵巣がんなどの病気になる可能性があるので、気になる症状がある場合は早めに婦人科・産婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症に少しでも早く気付くためのセルフチェックについては関連記事をごらんください。

子宮腺筋症

子宮腺筋症は子宮内膜症によって引き起こされます。子宮の筋層に子宮内膜組織が入り込んで発症する病気です。もともとは子宮内膜症の一種とされていました。

子宮内膜症と同じように重い生理痛や月経血の異常な多さ、吐き気や貧血などの症状を起こします。子宮筋腫と合併して起こることも多いとされています。

子宮腺筋症について詳しくは関連記事をごらんください。

子宮筋腫

子宮筋腫とは子宮に良性のコブ状の腫瘍ができる病気です。30~40歳代の発症が多くみられます。筋腫が小さい初期のうちの自覚症状はほとんどありません。

しかし、放置して腫瘍が大きくなると生理痛や月経血の増加が起こるため、貧血やめまいなどを引き起こします。重い生理痛や急な月経血増加、レバー状の塊が頻繁に出てくるような場合は注意しましょう。また、周囲の臓器にも影響を与えるので、便秘や頻尿、排便痛、腰痛を起こすことにもなります。

良性の腫瘍なのですぐに治療しなければ命に関わるという病気ではありませんが、大きなものになると手術が必要になります。筋腫が小さいうちならば薬で治療することも可能なので早期治療が大切です。

骨盤内感染症

骨盤内感染症は、主に性行為などによって細菌やウイルスが膣から進入し、子宮や卵管、卵巣などの組織に感染症を起こす病気です。下腹部の激しい痛みに発熱や吐き気、下痢などををともなう症状が多くみられます。

生理中ではないのに下腹部に激しく痛みを感じたり、今までの生理痛は大きな痛みでなかったのに、急にひどくなったという場合は注意してください。この病気になったら入院治療を必要とすることが多いので早期発見が重要です。体に異変を感じたらすぐ婦人科・産婦人科を受診するようにしましょう。

生理痛の治療法

生理痛は、原因によって治療法が異なります。まずは婦人科・産婦人科を受診し、生理痛の原因を調べることから始める必要があります。

器質性月経困難症の場合

子宮の病気が原因である器質性月経困難症の場合は、原因である病気を治療することでしか痛みをおさえることができません。

また、子宮の病気は完治させることが難しかったり再発のおそれがあったりと、一度発症すると長く付き合っていかなければいけない場合がほとんどです。

軽度であればピルなどの薬を使用しますが、重症化している場合は入院・手術が必要になります。

機能性月経困難症の場合

◼︎適度な運動

生理の前は骨盤の血流が悪くなるため、適度な運動をすることで生理痛を緩和することができます。

生理予定日の約1週間前からジョギングやエアロビクスなどの運動をすると良いでしょう。全身のストレッチなども効果的です。

◼︎痛み止めの服用

薬局やドラッグストアなどでも購入できる痛み止めで生理痛を緩和します。婦人科・産婦人科などで処方してもらうこともできます。

生理痛におすすめの市販薬については関連記事をごらんください。

◼︎ホルモン剤の服用

生理痛を緩和させる代表的なホルモン剤はピルです。排卵をおさえることにより生理痛やPMS(月経前症候群)を軽くすることができます。

その他にも、擬似的に閉経のようなホルモンの状態を作り出すことで生理痛を緩和させるスプレキュアー・リュープリンや、子宮内膜症にも使用されるディナゲストなどのホルモン剤が処方される場合もあります。

◼︎点滴

あまりにも痛みがひどく、吐き気などで薬を服用できない場合は点滴で痛みを緩和させることがあります。

主にアセトアミノフェンが主成分のパラセタモールや、スルピリンが主成分のメチロンなどの鎮痛剤が使用されます。

おわりに

ひどい生理痛の原因が子宮の病気だった場合でも、早期に病気を発見できれば軽い薬を使用したり、経過観察で様子をみることもあります。

治療を困難にさせないためには、早めに婦人科・産婦人科などの病院を受診することが大切です。日常に支障をきたすような生理痛の場合、ただの生理痛だと我慢をせず適切な対処を心がけましょう。

子宮の病気の治療は早期発見が重要です。