生理痛で吐き気・腹痛が起きたらどうすればいい?理由と対策を解説

生理痛や吐き気・腹痛などの症状が起こる原因を解説。吐き気や腹痛を和らげる対策を紹介します。

生理中の主な症状には、子宮の痛みである下腹部痛や頭痛などがありますが、吐き気を訴える方も少なくありません。

この記事では、生理中の吐き気が起こる原因と緩和させる方法を紹介します。

生理中の吐き気の原因はプロスタグランジン

生理痛のおもな原因は、プロスタグランジンという体内のさまざまな器官や組織に存在する物質の過剰分泌です。

プロスタグランジンには生理中に子宮を収縮させ、体外へ経血を押し出す働きがああります。ただしプロスタグランジンの分泌量が多すぎると、子宮や周りの血管が過剰に収縮し、下腹部痛、腰痛などが起こります。

また、プロスタグランジンは子宮だけでなく胃腸にも影響を与えるため、吐き気や下痢などの症状も引き起こします。

プロスタグランジンには痛みを強める作用もあるため、頭痛や腹痛の原因にもなります。

生理痛や吐き気を緩和する方法

市販薬以外の生理痛や吐き気を緩和する方法を紹介します。

生理中に吐き気を感じたら、まずはリラックスしましょう。体に負担のかかることはなるべく避けるようにして、以下の方法を実践してみてください。

体を温める

胃腸に不調がある場合、お腹周りを中心に、肩周りや足首、お尻まわりや鼠径(そけい)部は冷えやすいので、温めるようにして体を休めてください。冷えや血行不良はプロスタグランジンの分泌を増加させると考えられています。

吐き気をおさえる飲み物を飲む

ペパーミントやカモミールなどのお茶は、高ぶった精神を沈めリラックス効果があるのでおすすめです。しょうが紅茶も同様に吐き気をおさえてくれます。

空腹状態にしない

プロスタグランジンの分泌により、胃腸は活発に働くので、胃酸の分泌が盛んになります。胃がからっぽの状態は吐き気を感じやすくなるので、こまめに水分を補給したりして空腹状態にならないようにしましょう。

お灸やツボも効果的

吐き気や胃の不調に効果のあるツボを紹介します。ゆっくりと押したり、お灸を使って刺激してみてください。

■合谷(ごうこく)
手の人差し指と親指が交差するあたり、押すと鈍い痛みがあるところにあるツボです。万能のツボなので、生理痛がひどいときにもおすすめです。

■労宮(ろうきゅう)
労宮は手のひらの真ん中にあるくぼみの部分にあるツボです。吐き気や食欲に関するトラブルに効きます。

■内関(ないかん)

手首の内側で、手首を曲げたときにできるシワから指3本分、肘側にあります。縦2本のすじの間がツボです。胸から胃にかけての不快感に効果があります。

生理痛と吐き気をおさえる市販薬

生理痛や吐き気をおさえるには、プロスタグランジンを過剰分泌させないことが大切です。

市販の生理痛の薬には、プロスタグランジンの生成をおさえる成分が配合されています。

ただし、中には胃腸の働きを低下させたり、胃粘膜の状態を悪化させる副作用のあるものがあり、吐き気の症状が強くなることがあります。そのため、薬を選ぶ際は注意が必要です。

関連記事では胃にやさしい成分を配合した薬や、胃を保護する成分を配合した薬など、吐き気の症状があるときにおすすめの薬を紹介しています。

おわりに

吐き気は生理中によくみられる症状です。ストレスを溜めると吐き気が強くなるので、生理中はなるべくリラックスできる環境をつくるよう心がけましょう。

生理痛・月経痛のお役立ち情報

生理痛・月経痛に関連するQA