なぜヨーグルトが便秘におすすめなの?

ヨーグルトが便秘におすすめの理由は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌といった「善玉菌」がおなかの調子を整えるためです。

善玉菌は腸の中にある細菌で、人体にとって有益な働きをします。

その有益な働きの一つが、悪玉菌の繁殖をおさえ腸の動きをスムーズにすることです。

悪玉菌は、腸の動きを鈍くしたり、病原菌が増える原因となったり、場合によっては発がんのリスクを高めたりするおそれもある腸内細菌です。

便秘になると、便が大腸に溜まります。そして大腸に溜まった便は、体にとって有害なガスを放出します。

この有害なガスが悪玉菌のエサとなり、腸内の悪玉菌が増えることになります。

ヨーグルトには善玉菌が入っている

腸内の悪玉菌の繁殖をおさえる成分の一つが、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌です。

善玉菌には、腸内環境を改善し便秘を改善するだけでなく、免疫力を高め、がんを予防する働きもあります。

そしてヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が含まれています。

さらにヨーグルトには、善玉菌の中でも、腸にまで届き効果を最大限発揮する「プロバイオティクス」というものが含まれています。

腸にまで届いたプロバイオティクスは腸内環境を整え、便秘を改善します。

便秘におすすめのヨーグルト

便秘におすすめのヨーグルトを紹介する前に、ヨーグルトを選ぶ時のポイントを解説します。

特定保健用食品を選ぼう

ヨーグルトは製品ごとに味や値段などの違いがあるため、自分の好みで選んで問題はありません。

ただし、前提として、食品の有効性や安全性が国から承認されている「特定保健用食品(トクホ)」を選びましょう。

ヨーグルトは食品のなかでも「健康食品」に含まれます。

健康食品は大きく、「国が特定の機能の表示などを許可したもの(保健機能食品)」と「そうでないもの」に2つに分けられます。

保健機能食品はさらに2つに分けられ、「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」に分けられます。

このうちのトクホは、国(消費者庁)によって製品ごとの有効性や安全性が審査された健康食品です。

トクホのヨーグルトがおすすめな理由

トクホのヨーグルトをおすすめする理由は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌の量について、「有益な効果が期待できる基準値を超えていること」が科学的に証明されているためです。

ただ単に「乳酸菌やビフィズス菌が含まれている」というだけでは、便秘の改善が期待できる量が含まれているのかということまでは分からず、便秘の改善に効果があるのかは定かではありません。

トクホのヨーグルトの場合、消費者庁によってその製品ごとの乳酸菌やビフィズス菌の量が厳しく審査されています。

その審査を通りトクホとして認められたヨーグルトには、「便秘の改善が期待できる量」の乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。

おすすめ!トクホのヨーグルト

明治 ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン【クール便】(400g×6コ) 特定保健用食品

ヨーグルトに含まれる乳酸菌にもさまざまな種類があり、その中で「明治ブルガリアヨーグルト」は「ブルガリア菌」という乳酸菌をもとに作られています。

明治独自に開発した「LB81」という乳酸菌が、おなかの調子を良好に保ちます。

小岩井 生乳100%ヨーグルト400g 6個セット

「小岩井 生乳100%ヨーグルト」に使用されている「ビフィズス菌」が、おなかの調子を整えます。

生乳を100%使用しているため、酸味がおさえられているヨーグルトです。

メグミルク ナチュレ恵megumi 400g 8個

「ナチュレ恵」には「ビフィズス菌」が入っており、腸内環境の改善に役立ちます。

また、内臓脂肪を減らすのを助ける「ガセリ菌」を組み合わせています。

ヨーグルトを食べる時のポイント

習慣にしやすい時間帯・量を選ぼう

ヨーグルトは医薬品ではないため、ヨーグルトを食べる時間帯や量に関する決まりはありません。

ただし、一般的に乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は胃酸に弱いため、ヨーグルトを食べるのは胃酸の影響を受けにくい「食後」が良いとされています。

また、ヨーグルトの量の目安は1日あたり100g程度ですが、お好みで量を調節して問題ありません。

他の食品と組み合わせて食べるのもおすすめ

ヨーグルトと他の食品との食べ合わせについても、特に決まりはありません。

ただ、ヨーグルトに含まれる善玉菌と相性の良い食べ物もあります。

たとえばバナナやはちみつには「オリゴ糖」という成分が含まれており、オリゴ糖にはビフィズス菌の働きを助ける効果があります。

ヨーグルトをそのまま食べても便秘に効果はありますが、バナナやはちみつなどの食品と一緒に食べるのもおすすめです。

毎日食べ続けることが最も大事

ヨーグルトは医薬品ではないため、食べ方に決まりはありません。好きな時間に好きな量を食べて問題ありません。

ただ、最も大事なことは「毎日食べ続けること」です。

ヨーグルトを一度食べただけでは便秘の改善につながりにくく、「効かない」と感じるかも知れません。

毎日ヨーグルトを食べることで、腸内の悪玉菌が増えにくい状態をつくりだし、便秘の改善へとつながります。

おわりに

ヨーグルトが便秘にいいメカニズムや、便秘におすすめのヨーグルトを紹介しました。

便秘になると腸内で増える悪玉菌の繁殖をおさえるために、乳酸菌を毎日とることが重要です。

比較的手軽に手に入るヨーグルトを毎日の習慣にして、便秘を改善していきましょう。