冷え性を改善するには?対策と予防法をあわせて紹介!

冷え性の予防や改善に効果のある方法について解説します。また、改善方法だけでなく、どんなときに病院を受診した方がよいのかの目安も紹介します。

多くの女性が頭を悩ます、手足の冷えをはじめとする冷え性。できることなら解消したいですよね。

冷え性の悩みを解決するため、この記事では冷え性の改善法と予防法について解説します。

冷え性の原因については関連記事をごらんください。

冷え性を改善するには?

冷え性を改善する方法としては次のような対策があげられます。

入浴をする

シャワーだけでなく、しっかりと湯船につかりましょう。目安としては38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度入ることをおすすめします。

入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。

適度な運動をする

血液の流れを良くするためには新陳代謝を促進することが大切です。運動は新陳代謝を促進するのに効果があります。

ハードなスポーツに限らず、軽いウォーキングでも効果があります。また、仕事や家事の合間、寝る前にストレッチをするだけでも十分な効果が見込めます。

特に、寝る前にストレッチをすれば、血行が良くなって体温が上がり、ぐっすりと眠ることができるのでおすすめです。

そのほか、足指など血流が悪いところを重点的にマッサージするのもよいでしょう。

温度差を調整しやすい衣類を選ぶ

スカートやストッキングなどの女性の衣類は、保温性が低く薄着のものが多いので、冷えやすいのが特徴です。

皮膚に触れる下着などは、吸湿性が高くて乾燥しやすい素材のものを使うと体が温まりやすいのでおすすめです。

なお、厚着は体を圧迫して血流が悪くなる場合もあるので、あまり厚着をし過ぎないようにしましょう。

食事・食べ物に気を遣う

食事は栄養バランスの良い食事を取るとともに、規則正しい食事を心がけましょう。

食べ物に関しては、体を温める食べ物を積極的に摂取しましょう。

冷え性を改善する食べ物については関連記事をごらんください。

市販薬を使用する

家庭でできることを試してもなかなか改善されない場合は、市販薬を使用するのも一つの手です。

冷え性に効く市販薬については関連記事をごらんください。

冷え性を予防する方法は?

冷え性の予防法としては以下のような対策があげられます。

・冷暖房は控えめにする
・シャワーではなく、お風呂に入る
・定期的に運動する
・オフィスなど冷房が強いところでは膝掛けなどで防寒する
・締めつける下着は着ない
・靴下や腰巻きなどで腰から下を冷やさない
・薄着をせず、重ね着をする
・冷たい食べ物や飲み物を控える
・栄養バランスのよい食事をとる
・規則正しい食事をする

冷え性で病院に行く目安は?

次のような症状がみられる場合は、ほかの病気が隠れているおそれがあるため、医療機関に相談しましょう。

・手足だけではなく、全身がむくんでいるとき
・はっきりした原因が特定できないのに、冷えがひどく、極端に冷えているとき
・空調が効いている、効いていないにかかわらず冷えがひどく、全身のだるさが回復しないとき
・氷や冷たい水などに触れた後、冷えが治らず、血の気がなくなってきたとき

そのほか、改善方法を試しているのにも関わらず長期間症状が続いたり、強い痛みをともなったりする場合は一度医療機関を受診することをおすすめします。

おわりに

冷え性は、程度が軽いものであれば生活習慣を見直すことで予防・改善できる症状です。

日常的にバランスの良い食生活や規則正しい生活を心がけ、冷え性を予防・改善しましょう。

ほかに気になる症状などがあるようであれば、ためらわず医療機関を受診しましょう。

冷え症のお役立ち情報

dメニュー