水虫の治療の種類は?病院と市販薬どちらが効果的?

水虫は病院に行くべきか市販薬で治せるのか、水虫の治療の種類を解説。水虫はさまざまな症状があり、自己判断することが難しい皮膚の病気です。水虫薬の効果的な塗り方や日常でできる予防法も紹介します。

水虫の症状を見極める

水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビで感染する皮膚病です。

水虫は白癬菌が皮膚に付着してすぐに感染して水虫になるわけではなく、何度も白癬菌がくっつく積み重ねと、足が長い時間高温多湿の状態になることで水虫になりやすい状態になります。

水虫かな?と思う症状が足にでたら、初期の段階では市販薬を使い自宅にて治療が可能です。足にできる水虫は、じゅくじゅくする湿り気、かさかさした乾燥、ごわごわした角層の厚みなど多様な症状がありますが、大きくわけて4つに分類できます。

  発症部位 症状
趾間(しかん)型 足の指の間 湿潤型:皮膚が湿りじゅくじゅくした状態 赤みが強く足全体がはれる場合もある
乾燥型:皮が薄くむけ赤みがある、皮膚に亀裂が入る
小水疱型 指の付け根・足の裏・土踏まず ・小さな水膨れができる
・次第にかゆみが発症し、赤く腫れる場合もある
・水膨れが破れると液が出たのち、乾いて皮がむける
角質増殖型
(角化型)
かかと ・かゆみや水膨れなどの目立った症状はない
・足の裏全体、特にかかとが厚く硬くなり、粉をふいたようなカサカサした状態
爪白癬(爪水虫) ・水虫の原因菌が爪に侵食した場合
・痛み、かゆみといった症状は現れにくい
・悪化すると爪の原型がなくなり、痛みを感じることもある

水虫の自己診断は難しく、顕微鏡で見るなどの検査をして白癬菌を確認するまでは、専門の医師でも確定診断することができません。

水虫と間違えやすい皮膚の病気は数多くあります。自己判断して漫然と市販薬を使用し続けたり、放置しないように注意しましょう。水虫の市販薬を使っても症状に改善がみられないときは、皮膚科を受診することをお勧めします。

接触性皮膚炎 床や靴下の繊維や染料などによる炎症。赤くなり小さな水疱ができてただれる
汗疱性湿疹 汗により皮膚に小さな水疱が出来たり、皮がむけてかゆみをともなう。足の裏に汗をかきやすい人に多い
皮ふカンジダ症 同じくカビの一種であるカンジタ菌の感染。足指の間が白くふやける
糖尿病や老化 代謝異常をともなう病気で皮膚がむけることがある
他の細菌感染 皮膚の常在菌などが増殖し、かゆみやただれ、悪臭を放つ

水虫を病院で治療する

水虫が初めて疑われた場合は、まずは皮膚科を受診しましょう。皮膚科の検査で患部から白癬菌がみつかれば、水虫の確定診断ができます。

原因を明らかにすることで、早期治療につなげることができます。また、自分の症状に適した薬の成分もわかります。

過去に水虫と診断されたことがあり症状が再発の時は、処方薬と同じ成分を使用した市販薬を治療に使うことが可能です。

病院で処方される水虫薬

水虫と診断された場合は抗真菌薬が処方されます。抗真菌薬とは、真菌=カビが原因の疾患へ処方される薬です。水虫の部分に塗る薬と、飲み薬が処方されます。

■外用薬:水虫の部分に塗るジェルかクリームの抗真菌薬が処方される。

■内服薬:一般的には抗真菌薬の「ラミシール」か「イトリゾール」のどちらかが処方されます。

・ラミシールは一定期間毎日服用。副作用や内臓への負担を確認するために定期的(1ヶ月に1回)に血液検査をおこなう。

・イトリゾールは「パルス療法」と呼ばれる服用法をおこなう。1週間連続服用した後に3週間休止し、これを1セットとしてこのサイクルを3回繰り返す。血液検査は最初のみ。毎日服用するより、体への負担は少なく持続効果もある。

水虫を市販薬で治療する

足にできた水虫で、症状が軽い初期の段階では市販薬での治療が可能な場合が多くあります。現在、水虫の市販薬はさまざまな種類が販売されているため、自分の症状に合わせて製品を選ぶことが可能です。

病院で処方される水虫薬と同じ成分を使用した市販薬も販売されており、高い効果も期待できます。自分の症状に合わせた薬の選び方を確認しましょう。

製品の違いと症状に合わせた選び方は関連記事をごらんください。

水虫薬のタイプ

水虫の市販薬には、主に軟膏・クリーム・液体・スプレーなどの種類があります。自分の症状に合わせて薬を選択することが大切です。

  特徴 使用に適した症状
軟膏 ・保湿性があり、皮膚の保護力が高い
・刺激がすくない
化膿をともなうひどい水虫にも使えるなど、どのタイプの水虫にも適応
クリーム 皮膚の保護と使用感のバランスが良い 角質増殖型・乾燥型向き
液体 ・浸透性が高い
・乾燥が早い
小水疱型向き(趾間型には向かない)
スプレー ・直接患部に触れない
・乾燥が早い
趾間型・小水疱型向き

水虫薬の効果的な塗り方

水虫の市販薬は、それぞれの薬の添付文書に書いてある用法用量を守ってお使いください。用法用量を守った上で、薬の効果を最大限に引き出すための効果的な塗り方を紹介します。

風呂上がりに塗ろう!

白癬菌は、皮膚の奥深くに住み着いています。白癬菌を撃退するためには、水虫薬の殺菌成分を皮膚内部まで浸透させなければなりません。

そのためには風呂上がりに薬を塗ること。風呂上がりには皮膚が柔らかくなり、血行もよくなっています。

足の指の間まで乾燥したタオルでよく水気を拭いた後、丁寧に薬を塗布しましょう。

広範囲に塗ろう!

白癬菌は、実際に症状がでている箇所より広い範囲に寄生しています。そのため、症状の出ているところにだけ薬を塗ってもなかなか完治しません。

足の裏全体やすべての指の間まで、薄く伸ばすように、広い範囲に薬を塗るようにしましょう。寄生しているすべての白癬菌に殺菌成分を送り込むことが大切です。

症状が落ち着いてもしばらく塗り続けよう!

かゆみなどの症状が治まっても、油断は禁物。症状が完治したように思えたとしても、しぶとい白癬菌はあなたの皮膚内部にまだ潜伏しています。

症状が収まってからも、1〜2ヶ月間程度は薬の塗布を続けるようにしましょう。生命力の強い白癬菌にトドメを刺すことができます。

日頃から水虫の予防を

薬による水虫の治療と並行して、水虫感染の予防策をおこなうことも重要です。周囲にうつさない、そして再びうつらないように足回りに気を配りましょう。

■帰宅したらすぐに足を洗う
■お風呂では指と指の間も優しくていねいに洗う
■足ふきマットをこまめに洗濯してしっかり乾燥させる
■毎日同じ靴を履かず、靴の中を乾燥させる
■吸湿性の高い靴下を履く
■指の間の通気性をよくするため、素足で足の指を閉じたり開いたりする運動

水虫を早く治す!水虫の症状・原因・治し方

水虫(みずむし)のお役立ち情報

水虫(みずむし)に関連するQA

ピックアップ特集