その足の臭いは点状角質融解症が原因かもしれません

靴を脱いだ瞬間にムワッと広がるニオイに、恥ずかしい思いをしている人は多いはずです。
でも、足をしっかりと洗っても、靴を毎日交換してみても、どうしてもニオイが消えない!足の皮がむけて悪臭がする!という人は「点状角質融解症」という感染症かもしれません。


 

点状角質融解症の症状と原因は?

  • 足裏に汗をかきやすい
  • 長時間靴を履いていることが多い
  • 足の指や裏側が汗でふやけて、小さなクレーター状(虫食い状)のへこみがある
  • 硫黄臭のような悪臭がする
  • 足を洗ってもすぐに臭う

このようなことが思い当たったら点状角質融解症の可能性があります。
点状角質融解症とはコルネバクテリアなどの細菌による感染症で、足裏が長時間蒸れた状態にあると菌が繁殖し、この菌から分泌される酵素によって皮膚が解けてしまうのです。
その際、硫黄のような悪臭を放ち、放っておくと足裏全体に虫食い状のへこみも広がっていきます。

 

点状角質融解症の対策と治療法

まずは皮膚科を受診し、感染症の原因となっている菌を確定します。
真菌検査を受けて水虫でないことが確認できたら、抗菌作用のある薬(塗り薬)で治療を行います。

日常生活では、足を清潔に保つよう心がけましょう。
「汗」「角質・垢」「体温」という条件がそろうと、菌はどんどん増殖します。

足裏や指の間、爪周りは入浴の際に専用のやすりやブラシでこまめにケアを。
五本指の靴下や、靴のインソールも活用するといいでしょう。
靴は毎日同じものを履かずに、汗をかいたらしっかりと乾燥させることを心がけてください。


 

おわりに

皮膚の感染症は放っておくとどんどん悪化し、治るまでに時間がかかるようになります。
臭うからと恥ずかしがらずに、できるだけ早く皮膚科を受診することをおすすめします。

(image by photo-ac )
(image by photo-ac )