「足の裏やかかとが硬い…でもかゆくない」は慢性の水虫かも?!正しい治療と予防法でつるりん肌を取り戻しましょう

「足の裏が硬くなる」「かゆくない」角質増殖型水虫

「水虫」といえば、足の指の間がジュクジュクしてかゆい!というイメージですよね。
でも、なかには足の裏がガサガサと角質化し、かゆくないタイプの水虫もあるんです。

それが「角質増殖型水虫(かくしつぞうしょくがたみずむし)」

年のせい・・・
乾燥肌が原因・・・

そんな間違った認識で、知らずに放っておくと、家族中に感染が広がってしまうかもしれないやっかいな水虫です。

今回は「角質増殖型水虫」の原因から治療方法、感染拡大を防ぐためのポイントまで、詳しくご紹介!
根気強いケアでつるりん肌を取り戻しましょう。


 

足の裏が硬くなる「角質増殖型水虫」は白癬菌が原因

足の裏が硬くなる角質増殖型水虫の原因は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種。白癬菌が角質に入り込み、ケラチンというタンパク質を餌にして、足の裏全体に感染が広がっていきます。
白癬菌は角質増殖型に限らず、痒くてジュクジュクタイプの水虫の原因でもあります。
 

あなたは大丈夫?角質増殖型水虫の症状をセルフチェック!

次の症状に当てはまる数が多いほど、角質増殖型水虫の可能性が高くなります。

  • これまで足の指の間がジュクジュクした、もしくは水泡が出来たことがある
  • 爪が白っぽく濁っている
  • 足の裏のシワが深くなった
  • かかと部分の皮膚が厚く、ガサガサごわごわしている
  • 一年中足の裏が乾燥して白っぽい、粉をふいたような状態になっている
  • 足の裏の皮がポロポロと剥けてきた
  • 一年中足の裏がひび割れやすい、保湿クリームが効かない

角質増殖型水虫はかゆみがないことも特徴のひとつ。
広く知られた水虫のイメージ(ジュグジュグしてかゆい)に全く当てはまらない水虫なのです。
 

角質増殖型水虫は、かゆくてジュクジュクタイプの悪化系!

水虫の「かゆみ」や「ジュクジュク」といった典型的な症状は、体の免疫システムと菌が闘っている証です。

しかし闘いが長引くにつれて反応は鈍くなり、かゆみやジュクジュク感が減少。
しかし菌は住み続け、知らないうちにどんどん増殖・・・。

つまり角質増殖型水虫は、水虫が慢性化した状態なのです。

水虫の典型的な症状がなくなったことで「治った」と勘違いさせるのもやっかいなところ。
角質増殖型水虫に気づかず放置していると爪白癬(爪の水虫)を併発したり、手にも感染が拡大することがあります。
 

水虫 or 肌の乾燥?!「検査」を受ければわかります!

水虫は治りにくいといわれますが、根気よく治療を続ければ治るものです。
そのためにも早期発見・早期治療で完治を目指しましょう。

足裏やかかとの角質化が、加齢や皮膚の乾燥などによるものか、角質増殖型水虫かどうかを見分けるには、皮膚科で検査を受けてください。
 

検査方法

水虫と思われる部分の角質の一部を取り、顕微鏡で白癬菌がいるかどうかを確認します。ただし、白癬菌の顕微鏡検査はすべての皮膚科でおこなっているわけではありません。
受診する前に検査をおこなっているか、ひと言質問することを忘れずに。
 

角質増殖型水虫の治療は内服薬も併用で

角質増殖型水虫は、足の裏やかかとの皮膚が分厚く肥大するため、塗り薬の吸収が悪いことも治りを遅くしているようです。完治を目指すなら内服薬の併用を。
ただし、妊婦は使えないなど注意事項がありますので、服用は医師の指示に従ってください。

<外用抗菌剤>

  • アリルアリン系:塩酸テルビナフィン
  • イミダゾール系:塩酸ネチコナゾールなど

入浴後は角質がやわらかくなるので、絶好のケアタイム!
ぬり方のポイントは「足全体にぬる」ということです。症状がない部分にも白癬菌がはびこっていますので、塗り残しがないよう足裏・側面・指・指の股と全体にぬることが重要です。

<内服用抗菌剤>

  • テルビナフィン:一日一回の服用を約6ヶ月続ける
  • イトラコナゾール:1クール(一日二回、4カプセルを一週間服用→三週間休む)を3クール繰り返す

副作用の有無を確認するため、定期的な血液検査が必要です。
薬によって禁忌事項などにも違いがありますので、医師と相談のうえ、指示に従って服用してください。
 

水虫予防のキーワードは「涼しく」「乾燥」「清潔に」

白癬菌は蒸し暑い場所が大好き!
長時間履き続けた靴と蒸れた足は、白癬菌にとって天国のような場所です。

角質増殖型水虫の場合は、白癬菌にまみれた角質がポロポロとはがれ、家じゅうに散らばることも忘れないでくださいね。

予防のポイントは

  • 靴は時々陰干しし、湿気を取り除く
  • 何足か交互に履いて靴を乾燥させる
  • 入浴で足を丁寧洗ったあとは、しっかり拭いて乾燥させる


もし家族内に角質増殖型など水虫の人がいる場合は、さらに

  • バスマットやスリッパは共用しない
  • 家族にうつさないよう、家の中でも通気性のよい靴下やスリッパを使用
  • 床掃除はこまめにおこなう

薬での治療と予防の二本柱を根気よく続け、水虫完治を目指しましょう!

「保湿クリームが効かない」と思ったら、一度受診を

角質増殖型水虫は気づかないうちに発症していることが多い、やっかいな水虫です。
家族など周囲の人にうつさないためにも、おかしいな?と思ったら一度皮膚科を受診してみましょう。


(image by photo-ac)
(image by photo-ac )

水虫を早く治す!水虫の症状・原因・治し方

水虫(みずむし)のお役立ち情報

水虫(みずむし)に関連するQA

ピックアップ特集