水虫が原因で足が臭くなる?

水虫は「白癬菌(はくせんきん)」というカビの一種に感染することで起こる病気です。

水虫は、足が高温多湿な状態になると感染しやすくなります。しかし、白癬菌自体はにおいを発生させる菌ではないため、水虫が直接においの原因にはなることはありません。

水虫と足のにおいの関係

足のにおいの直接的な原因は、水虫の原因菌である白癬菌ではなく、においの原因となるさまざまな雑菌によって起こります。

白癬菌とにおいの原因菌は、どちらも高温多湿な環境で繁殖しやすいため、水虫と同時に足のにおいも発生しやすいのです。また、水虫がふやけたり水泡が潰れてじゅくじゅくしている箇所に雑菌が入り込み、繁殖することもあります。

このように、水虫と足のにおいは全くの無関係であるとは言えません。

蒸れやすいブーツや1日中履きっぱなしの革靴など、水虫になりやすい高温多湿な環境を作らないように注意しましょう。

雑菌による足のにおいについて、詳しくは関連記事をごらんください。

水虫になるとどんなにおいがする?

水虫が原因で靴の中が高温多湿になると、主に「イソ吉草酸」という雑菌が繁殖しやすくなります。

このイソ吉草酸は「納豆のようなにおい」や「酸っぱいにおい」などと例えられる悪臭を放ち、環境省では悪臭物質として認定されている成分でもあります。

ただし、水虫になってもにおいの原因菌が繁殖しないケースもあるため、におわないこともあります。反対に、足のにおいが気になっても水虫ではないこともあります。

水虫治療が足のにおい対策にもつながる

水虫にかかっているということは、雑菌の繁殖しやすい環境であるといえるため、水虫を治療することが足のにおいをおさえることにもつながります。

特にふやけたり水泡が潰れてじゅくじゅくするような水虫は多湿を招くため、しっかりとした治療が必要です。

水虫かどうかの自己判断が難しい場合はなるべく早く皮膚科を受診しましょう。

患部の角質を顕微鏡検査にかけて水虫の原因となる白癬菌の有無を確かめ、水虫と判断された場合は症状に合わせて薬を処方してもらいます。

症状が軽度の場合や過去に水虫の診断を受けたことがある場合、また症状にあった薬の成分がわかっている場合は、市販薬を有効に活用することができます。

市販の水虫薬の選び方について、詳しくは関連記事をごらんください。

足のにおいを緩和させる市販薬

市販薬を使用して、「イソ吉草酸」などの足のにおいの原因となる菌を殺菌し、足のにおいを緩和することもできます。

水虫の原因となる白癬菌を殺菌する成分が含まれていないものもありますが、足を清潔に保つことで、においの緩和とともに水虫の予防にも効果を期待できます。

殺菌成分配合の石けん

足のにおいは雑菌の繁殖が原因であるため、殺菌成分を配合した石鹸が効果的です。

選び方としては、パッケージなどに「医薬部外品」または「薬用」と記載されたもので、なおかつ「殺菌」や「消臭」と記載があるものがおすすめです。

殺菌成分としては「イソプロピルメチルフェノール」が配合されたものが良いでしょう。中には足の菌の殺菌が目的の石鹸もあるため、試してみるのもおすすめです。

第一三共ヘルスケア ピロエース石鹸 70g 【医薬部外品】

※水虫に有効な成分は配合されていません

フットメジ薬用足用角質クリアハーブ石けん爽快ミント60g

※水虫に有効な成分は配合されていません

足のにおいの原因菌を殺菌するスプレー

殺菌成分の配合されたスプレーはトイレなどでも手軽に使うことができ、においの原因菌が増殖するのをおさえることができます。

中には香りのついたものもあり、におい対策としてじゃ速効性が期待できますが、香り自体には殺菌作用などはないため、殺菌成分が配合されたスプレーを選びましょう。

エージーデオ24 フットスプレー 無香料 142g (医薬部外品)

殺菌成分の「イソプロピルメチルフェノール」の他にも、汗をおさえる「ミョウバン」が配合されています。

サラサラな使い心地で、においが苦手な方でも使いやすい無香料です。

シンプリティ さらさらフットスプレー (医薬部外品)135g

殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」と汗をおさえる成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されています。

ひんやりした使い心地で、使用後は肌がさらさらになります。さわやかなグレープフルーツの香りです。

足の汗をおさえる制汗グッズ

ミョウバンなどが配合されたクリームなどは、汗をおさえて足が蒸れ、雑菌が増殖しやすい環境になるのを防ぎます。

パッケージなどに「薬用」や「医薬部外品」と記載されたものがおすすめです。

デオナチュレ 足指さらさらクリーム 30g

出かける前の清潔な乾いた足に使用することで、汗をかいたり、においが発生するのをおさえるクリームです。

塗りすぎるとベタつきの原因となるため、薄く塗るのがポイントです。

汗をおさえる成分の「焼ミョウバン」の他にも、雑菌を殺菌する「イソプロピルメチルフェノール」を配合しています。

水虫と足のにおいを予防するには

水虫の原因となる白癬菌と足のにおいを発生させる雑菌は似たような環境を好むため、足の環境を整えることで水虫もにおいも予防することができます。

水虫になりにくく、雑菌が繁殖しにくい環境をつくり、足のにおいを対策しましょう。

除菌・消毒シートでこまめに足を拭く

雑菌を増やさないために、市販の除菌シート、または消毒シートで足の裏をこまめに拭くのもおすすめです。

足が洗えない場面でも、トイレなどで使用が可能で、仕事先や出先で便利です。

ただし、人によってはアルコールで肌が荒れることがあるため、肌が荒れたり、異常が出た場合は使用を中止してください。

靴は日替わりで履く

白癬菌や雑菌は高温多湿を好みます。靴は毎日同じものを履くのではなく、何足かの靴を日替わりで履きましょう。

1日履いた靴は次の日に中までしっかり乾燥させることで、水虫やにおいの原因となる菌の増殖をおさえることができます。

足が蒸れやすい靴を避ける

ブーツや革靴など、風通しが悪く汗をかいて蒸れやすい靴は、雑菌が繁殖しやすく、においが発生しやすくなります。

足のにおいが気になる方は、通気性の良いスニーカーやサンダルなどがおすすめです。

靴を定期的に洗う

スニーカーなどの洗える靴は、1か月に1回程度は洗うようにしましょう。

靴の中は高温多湿になりやすく、雑菌が繁殖しやすい状態です。

ブーツや革靴などの水洗いしにくい靴は、靴用の除菌・消臭スプレーを使うのも効果的です。

予備の靴下を用意する

雨の日や夏の暑いシーズンは、予備の靴下を持ち歩きましょう。

足が蒸れてきたと思ったときにすぐ履き替えるようにすることで、においの原因である雑菌の増殖をおさえることができます。

また、通勤用の靴と仕事場の靴を分け、1日のうちに靴を何回か履き替えるのも有効です。

女性はストッキングに要注意

ストッキングは一見通気性がよさそうに見えますが、足は密閉されやすく、蒸れの原因になります。対策としては、こまめに履き替えるか、通気性の良いタイプの靴下などに変えましょう。

皮膚科を受診する

いろいろ試してもダメだった、足に汗をかきやすいという方は、皮膚科や体臭専門のクリニックを受診しましょう。

多汗症やストレスなどが原因で、汗をかきやすくなっており、足が蒸れやすい状態になっていることもあります。

足のにおいを解決するためには、水虫や雑菌の状態を詳しく調べ、自分の足に合った治療を行うことが何より大切です。

おわりに

水虫を自覚していない状態でも、足がにおいはじめたり、足が汗をかきやすくなったと思ったら、水虫に感染しやすい状態といえます。

足のにおいが気になりだしたら、足をよく洗う・毎日同じ靴を履かないなど普段から足を清潔に保ち、水虫やにおいを予防しましょう。